07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

G-01格納庫

ガンプラ等のプラモやフィギュアのレビューと戯言のブログ

758.ミクロマンアーツ MA1102 東條希 

ミクロマンアーツ東條希の紹介です


PA173847_20141116183201006.jpg



micromanarts_nozomi (1)
東條希

タカラトミーアーツの新ブランド「NEXTA」より、ミクロマンの新シリーズ、「ミクロマンアーツ」が登場。ミクロマンらしさは残しつつも、新規開発の素体によりキャラクター物に特化したシリーズになっています。
現在、「GO!GO!575」「艦これ」「ラブライブ!」の3作品が展開されていますが、ためしに、ラブライブ!から希を購入してみました。ラブライブ!シリーズは、現在3年生の3人が発売中です。


最初、画像が公開されたときはちょっと微妙に感じましたが、実際手に取ってみると案外悪くないといった印象。どうしてもfigmaやフィギュアーツと比較してしまいがちですが、それらと比べてサイズはかなり小さいのでこのサイズならこんなものかといった感じです。何気にネジ的なもので固定している部分があり、「あー、ミクロマンだなー」といったところw






micromanarts_nozomi (2)
商品画像では微妙に見えた顔ですが、実際手にしてみると全然良い感じに見えます。さすがにfigmaとかと比べるとクオリティが下がりますが何分小さいのでこんなもんでしょ





可動
micromanarts_nozomi (3)
肩はボールジョイント、肘は一軸で90°程度。手首も回転と前後可動があります。



micromanarts_nozomi (4)

micromanarts_nozomi (5)
腰はボールジョイントで回転とスイング

何気に首は根本で前後スイングします。頭はボールジョイント



micromanarts_nozomi (6)
開脚

スカートは若干固めの素材で可動に多少影響します。



micromanarts_nozomi (7)


ミクロマンアーツ素体の最大の特徴ともいえるシームレス構造により、前から見た際に関節の継ぎ目が見えないようになっています。軟質素材で可動に支障が出ないようになっていますが、それでも多少は影響を受けて曲がるのはこのくらい。
ちなみに、右腿のガーターリングは取り外し可能。



総じてそこまでよく動くわけではありませんが、保持力等は良好です。





付属品
micromanarts_nozomi (8)
手首左×1、右×2、マイク、台座と非常にシンプル

手首は組み立て式で、開封時はランナーに繋がっています。手首ジョイントは1ランナーに4つ付いており一つ余ります。
また、グローブの口部分も開封時は別パーツとして袋に梱包されています。






micromanarts_nozomi (9)
台座の支柱は基部がボールジョイントと3か所の可動ポイントがあり結構柔軟に対応します。関節部の保持力はそこまで高くないですが、このサイズなので、普通に立たせる分には十分です。





micromanarts_nozomi (16)
丸型のシンプルな台座に乗せるとお立ち台風にw

付属品のマイクですが、ラブライブのキャラってマイク持って歌ってる印象はないですね・・・専用の持ち手があるわけではないので保持はちょっと微妙。

また、手首は左1右2な上、汎用性も微妙・・・普通の握り手か平手があると嬉しかったのですが。








micromanarts_nozomi (10)
とりあえずアクション~



micromanarts_nozomi (11)




micromanarts_nozomi (12)





micromanarts_nozomi (13)





micromanarts_nozomi (14)






micromanarts_nozomi (15)
立て膝はちょっとキツイですね・・・

足裏に穴が開いていたので、台座のジョイントが刺せるかと思いましたが、径が合いませんでした・・・w









micromanarts_nozomi (17)
適当なfigmaと比較

ここまでサイズ差があります。







ここからは遊びだ!




micromanarts_nozomi (18)
ガンダムを踏み台にした!?

背中の台座用のジョイントは3㎜穴なのでfigma台座等も使えました。




micromanarts_nozomi (19)
限界なーんてーなーい 絶対なーんてーなーい♪

悪気はないんです!好きですよ希さん





micromanarts_nozomi (20)
ミクロマンなのでロボットマン(マグネパワーズ)に乗せられないか試してみましたw


結果は、当時のマグネパワーズと比べると一回り大きくなっているので無理やり乗せることはできてもハッチは閉じられませんでした。



micromanarts_nozomi (21)
ロボットマンディーン、エンデバーは今でも最高のロボ玩具の一つだと思ってます。デザイン、ギミック、可動どれも良く出来てます。

エンデバーは放送当時に買って遊び倒しましたwディーンは専門学校当時に中古を購入。
どっちも部屋の棚に出しっぱなしなので埃と日焼けで残念なことに・・・






micromanarts_nozomi (22)
スピリチュアルやね








PB154237.jpg
ちなみに、商品は円柱状のプラケースに封入されており、台座やミクロマンを収納することができます。付属品も少なくて小さいので全てこの中に入れて保管が可能。この辺もミクロマンらしいですね。
保管やコレクションもしやすいと思います。






以上、ミクロマンアーツ東條希でした。商品画像を見たときはちょっと不安でしたが、実際の商品は中々いい感じだと思いました。サイズ差もあるので同列に評価するのもアレなのですが、クオリティはfigma等と比べると劣るのと付属品の少なさが気になるものの、数を揃えてコレクションするには非常にいいと思います。また、その辺を分かっているのかフットワークの軽さも魅力で、ラブライブの場合μ'sの9人は来年1月には全員揃い、艦これもかなりの数が商品化&発売されています。艦これに関してはfigmaとかでは出るのが難しそうなキャラも続々と登場しそうでその辺も期待のシリーズになりそうです。
(一応3000円切ってますが、もうちょい安いと手を出しやすいのですが・・・w)







関連記事
スポンサーサイト
2014/11/16 Sun. 19:56 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://g03lgx.blog18.fc2.com/tb.php/1014-ec7611e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)