07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

G-01格納庫

ガンプラ等のプラモやフィギュアのレビューと戯言のブログ

765.HGUC ゼータプラス(テスト機イメージカラー) 

私も・・・改造してほしいな♡(意味深)



HGUCゼータプラス(テスト機イメージカラー)のレビューです

PB264520.jpg



hguc_Zplus_expo (1)
MSZ-006A1 ゼータプラス


2014年11月21日~24日まで開催された「ガンプラEXPO ワールドツアージャパン2014」会場での限定販売ガンプラの一体。

7月に発売され異例の回収騒ぎで話題となったHGUCゼータプラスのカラーバリエーションとして、テスト機イメージカラーが登場です。価格は2590円(税込)


キットは、HGUCゼータプラス(ユニコーンVer.)から成形色を変更し、白とオレンジの鮮やかなカラーリングに。専用のホイルシールとマーキングシール、組み立て時の変更箇所及び部品交換カードが一緒になったモノクロのシートが1枚新規で付属しています。





hguc_Zplus_expo (2)
Ζとは似ているようで違う頭部は非常にイケメンな仕上がり!ガンプラでは非常に珍しい(というか聞いたことが無い)回収騒ぎとなった頭部やフロントアーマーの不良部は全て修正されています。


キットの色分けですが、テスト機は通常とはカラーリングのパターンが大きく変わっていますが、もとから想定されていたようなパーツ分割になっているので特徴的なカラーリングはパーツ分けでしっかりと再現出来ています。襟の黄色、耳、ウイングバインダーのオレンジはシールで再現。





hguc_Zplus_expo (3)
専用のマーキングシールが付属。

あくまでイメージカラーなのでマーキング類は付かないと思ってました・・・w






hguc_Zplus_expo (4)
ということでマーキングシール貼り付け。

今回はパチ組み+シールで完成させています。







可動
hguc_Zplus_expo (5)
肩は若干前後にスイング、肩側面のアーマーは、2軸で大きく可動。肘は1軸で90°程





hguc_Zplus_expo (6)
腰はボールジョイントで可動しますが、ほぼ固定といってもいいくらい可動範囲は狭いです。





hguc_Zplus_expo (7)
首もあまり左右に触れませんが、上側には結構動きます。




hguc_Zplus_expo (8)
股関節はボールジョイントで横には大きく広げられません。接地はそれなり
膝上あたりで横ロールしそうですが、固定となっています。



hguc_Zplus_expo (9)
膝は2重関節で180°近くまでまがります。変形の恩恵でつま先が可動。HGでは珍しくリアスカートが可動します。


全体的に可動範囲はあまり広くないですね。






武器
hguc_Zplus_expo (10)
ビーム・ライフル

実際のテスト機とは異なり、UC版と同じリゼルやデルタプラス等と同じものが付属。ここがテスト機“イメージ”カラーなのでしょう。





hguc_Zplus_expo (11)
股間下のジョイントにより各種台座に対応





hguc_Zplus_expo (12)








hguc_Zplus_expo (13)
グリップを折りたたむことでバインダーにマウント可能








hguc_Zplus_expo (14)
シールド





hguc_Zplus_expo (15)
ビーム・サーベル

クリアーブルーのビーム刃が2本付属。グリップも2本付いています。ビーム刃は少し反り返った形状になっているようです。






hguc_Zplus_expo (16)







hguc_Zplus_expo (18)
腰にはSガンダムのようにビーム・キャノンを装備。サイドスカート風ですが腿から直付けになっています。前方に向けたり若干左右に可動します。






それでは、この機体の特徴でもあるウェイブライダーへの変形です。




hguc_Zplus_expo (19)
変形はHGUCデルタプラス等のように、変形用のパーツに各部位を取り付けていく方式となっています。





hguc_Zplus_expo (20)
WR時の余剰パーツ

胴体丸ごとと肩アーマーが余ります。





hguc_Zplus_expo (21)
ウェイブライダー形態

MSから取り外した各パーツを変形用のボディに取り付けていくことで完成。ちゃんと“変形”しているのは脚くらいなのでギミック好きとしては物足りなく感じますが、MS,WR両形態でベストプロポーションと高い安定性を誇っているので、複雑な変形機構をもつ機体の場合ならHGはこの方式でも良いかもですね。

ビーム・ライフルは機体下部のバインダーに取り付けます。






hguc_Zplus_expo (22)





hguc_Zplus_expo (23)







hguc_Zplus_expo (24)
Ζのように、スタビライザー基部にライフルをマウントすることもできます。・・・というか最初はこの状態で写真撮ってました・・・w





hguc_Zplus_expo (25)






hguc_Zplus_expo (26)








hguc_Zplus_expo (27)
Ζガンダム(RG)と

HGとRGでグレードが違うことは置いといて、ΖとΖプラスは一見似ていますが各部の形状はかなり違っていますね。





以上、HGUCゼータプラス(テスト機イメージカラー)でした。テスト機カラーはいずれ出るだろうとは思っていましたが、イベント限定での発売となりました。白とオレンジのカラーリングが、ミリタリーチックな通常期とは異なって派手でイメージが大きく変わっていますね。可動範囲が全体的に狭いですが、プロポーションや造形がかなりカッコいいと思います。

EXPO限定商品は会場で売り切れの場合通販が行われますが、どうやらこのキットとRGエクシアは売れ残ったとのことで通販はしないようです・・・RGエクシアちょっと欲しかったので残念・・・^^;もしかしたら、今後開催されるガンプラEXPOジャパンツアー2015で販売があるかも?
また今回はあくまで成形色変更のみの“イメージカラー”なので、ちゃんと武装を新規に付属したテスト機カラーが発売されるかもしれませんね。(RGストライクルージュという前例があるので・・・)










BB戦士νガンダムメタリックVer.
νガンダムメタリックVer.

HGBFギャンギャギャン
HGBF ギャンギャギャン





関連記事
スポンサーサイト
2014/11/28 Fri. 00:03 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://g03lgx.blog18.fc2.com/tb.php/1023-807d4ad1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)