07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

G-01格納庫

ガンプラ等のプラモやフィギュアのレビューと戯言のブログ

772.HG モンテーロ(クリム・ニック専用機) 

ドロシーとレオナ、一緒に風呂入ってる・・・だと!?


購入物
PC064742.jpg
SDBFウイニングガンダム

ガンプラバトル選手権でフミナが使用するガンプラがついに発売!これでチーム トライ・ファイターズの機体が正式に全部そろいました
SDガンダムということでSDBFという新カテゴリになってますが、通し番号はHGBFシリーズと共通になっています。

基本的に最近のBB戦士と同じような作りなので組み立ては簡単ですぐに完成します。とりあえずビームライフルの肉抜きが気になるのでプラ板とかで埋めている最中ですが・・・接着剤出しすぎて大惨事・・・w

また、目部分のパーツは表情変更できるようにパーツを注文しておきました。





製作物

PC064743.jpg
HG G-アルケイン

塗装が大体終わったのであとは仕上げです。





――――
今回は、HGRGモンテーロ(クリム・ニック専用機)の紹介です


PC064741.jpg




hgrg_montero (1)
MSAM-YM03 モンテーロ


アメリア軍が、単独長距離侵攻を可能とするため大気圏内での高い運動性能と安定性を追求して開発した機体。両肩のシールド(翼)と高出力スラスターにより、エフラグに頼らず長距離を航行することが出来る。両肩内側に取り付けられたビーム・ジャベリンはビーム・サーベルとしてもビーム・ワイヤー射出機としても使用することができ、高い戦闘力を持っている。
ほぼワンオフ機に近い位置づけであり、エースパイロットであるクリム・ニック専用機としてゴンドワンとの大陸間戦争や対キャピタル・アーミィ戦で十分な戦果を上げた。
パイロットは、クリムトン・ニッキーニ



「ガンダム Gのレコンギスタ」より、海賊部隊に所属するエースパイロットで自称天才のクリム・ニックが使用するMSがキット化。両肩の巨大な翼と、細身でスタイリッシュな体型が特徴的な機体です。クセの強いデザインが多いGレコのMSですが、こいつは00やAGEあたりに出てきてもあまり違和感がなさそうなデザインですね。





頭部
hgrg_montero (2)
円形の後頭部ととがった額・マスクが特徴的。本編で頭部アップのカットが映ったときは目が離れすぎてるなーと思ってましたが、キットは普通にカッコいいですね。


キットの色分けは優秀。肩の白・青、マスクの隈取り・ツインアイはシールで再現になります。隈取部は完全に独立したパーツなので塗装も楽です。設定の配色にこだわるのならウイング裏面の黒を塗り分ける必要があります。

今回も合わせ目等の加工は無しで、塗装はほぼ全塗装です。ツインアイ、後頭部センサーには偏光フィニッシュを貼りました。





可動
hgrg_montero (3)
キットはG-セルフ、グリモアと同じくPC-002を使用しています。機体色に合わせて成形色は黄土色になっています。

肩に使うポリキャップは一般的なものとは異なり上下にスイングするような構造になっており、前後はあまり可動しませんがかなり上にまで跳ね上げることが可能。肘は90°ここはGレコキットではほぼ共通の可動域となっていますね。
手首はいかにもスイングしそうなドラム状のパーツが付いたデザインになっていますが、似たデザインのグリモアとは異なり単純なボールジョイントになっています。




hgrg_montero (4)



hgrg_montero (5)



hgrg_montero (6)
腹部はグリモアと同様の球体パーツが付いています。ただし大きさは全く異なりますが。
胸部は球体の形状に沿って若干前後左右に可動。腰も360°回すことが出来ます。





hgrg_montero (7)
開脚はスカートアーマーで多少制限されるもののかなり優秀。足首は単純なボールジョイントなので可動範囲はそれなり。




hgrg_montero (8)
腿は横ロール可能、膝は二重関節で90°以上曲がります。




hgrg_montero (9)
足首の可動範囲はそれなりですが、つま先が前後に可動。figma等のような付き方をしているので横にひねることもできるので、この可動を組み合わせれば接地性もかなり優秀だと思います。


全体的に、G-セルフやグリモアよりも可動範囲が優秀で、AGPやビルドファイターズ等の新規キットに近い感覚で動かすことが出来ます。








hgrg_montero (10)
武器装備




hgrg_montero (11)
ビーム・ライフル

銃口以外は単純なモナカ割りでギミックも特になし。成形色は肩と同じダークブルーですが、設定では暗いグレーなので気になる場合は塗装の必要があります。





hgrg_montero (12)
左手は穴の開いていない握り手が付属。






hgrg_montero (13)
両肩のウイングは、肩との接続がボールジョイント、基部が上下に可動するので飛行時の水平に広げた状態を再現できます。








hgrg_montero (14)





hgrg_montero (15)
ビーム・ジャベリン

モンテーロの主武装。両肩にマウントする際の収納状態のものと、2本を連結した状態のものが付属。連結状態の物はかなりの長さがあります。






hgrg_montero (16)






hgrg_montero (20)







hgrg_montero (17)







hgrg_montero (18)
「ははははは!私は天才なのだよ!!」








hgrg_montero (19)
「ジャベリンは、こう使う!!」

な~にがジャベリンよ!





hgrg_montero (21)
「ジャベリンはまだある!」


ジャベリンは、分離したり刀身が発光したりと地味にバリエーションが多いので連結したもの以外も欲しかったですね・・・



hgrg_montero (22)
ジャベリンの両端にはビーム・ワイヤーを取り付けることが出来ます。ワイヤーのクリアーパーツは、グリモアのものと同じ。

ただでさえ長いのにワイヤーを両側に付けたらさらにすごいことにw




hgrg_montero (23)
ワイヤーは軟質素材なのである程度曲げて表情付けが可能。






hgrg_montero (24)
サイドスカートに装備されているミサイルは全て別パーツで取り外し出来ます。







hgrg_montero (25)
G-セルフ、グリモアと

それぞれ頭身やバランスが全く違っていますw





hgrg_montero (26)







hgrg_montero (27)
無人のモンテーロを蹴りで方向転換させて敵機に突撃・・・( ̄人 ̄)

ジャハナムの隊長機がクリム専用機と判明して嫌な予感はしていましたが、まさかこんな扱いを受けるとは・・・w








PC064704.jpg
バックパックの接続ジョイントはAGP共通規格になっており、ここ1年くらいのキットと互換性があります。






以上、HGRGモンテーロ(クリム・ニック専用機)でした。9話の時点で機体が大破し今後の活躍があるのか不明ですが、デザインは普通にカッコよく、キットも色分け・可動ともに優秀なものになっています。シリーズは今のところアメリア軍の機体しか発売されていませんが、来年からはキャピタル・アーミィ側の機体も発売されていくようなので今後のキット展開に期待が膨らみますね。











HGRG G-セルフ(大気圏用パック装備型)
HGRG ガンダム G-セルフ(大気圏用パック装備型)

HGRGグリモア
HGRG グリモア


関連記事
スポンサーサイト
2014/12/06 Sat. 20:22 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://g03lgx.blog18.fc2.com/tb.php/1030-ea5cc3dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)