07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

G-01格納庫

ガンプラ等のプラモやフィギュアのレビューと戯言のブログ

785.HG ベアッガイF(ファミリー) 

今期アニメがちょいちょい始まりました。新作のロボット物はファフナー、アルドノア・・・続投組も合わせると今期もロボット物が多めですね~


購入物
P1105332.jpg
HGBFガンダムアメイジングレッドウォーリア
HGBC紅ウェポン

今年初めて発売されたガンプラはメイジンのレッドウォーリア!紅ウェポンはレッドウォーリアのものと全く同じ内容ですが一応購入しました。3連休なのでさくっと完成・・・できるかな?




―――――――


今年初のレビューは、HGBFベアッガイFです。
P1035266.jpg



hgbf_beargguyF (1)
KUMA-F ベアッガイF(ファミリー)

カミキ・セカイの姉であるカミキ・ミライのガンプラ。ファッション誌の読者モデルをつとめる彼女が、ガンプラとファッションの融合を目指して企画されたイベント「東京ガンプラ・コレクション」、通称「ガン・コレ」の目玉企画「プロダクション対抗でのガンプラ・ラリー」に参加するために作った。ベースとなった機体は、ベアッガイⅡ。製作では、コウサカ・ユウマに手伝ってもらっており、初めて作ったガンプラとは思えないほど高い完成度に仕上がっている。本体はママッガイ。背中の機体はプチッガイと名付けられている。
ビルダー:カミキ・ミライ、コウサカ・ユウマ
ファイター:カミキ・ミライ



「ガンダムビルドファイターズトライ」より、セカイの姉ミライが製作したガンプラがキット化。前作に登場したHGBFベアッガイⅢのバリエーションキットで、リボンストライカーに代わりチェアーストライカーとプチッガイがセットされています。






頭部
hgbf_beargguyF (2)
本体となるママッガイは、ベアッガイⅢのカラー変更なのでデザインは同じです。色が白とライトブラウンに変わったことで、ちょっと大人っぽい上品な雰囲気になりました。


キットの色分けは優秀で、ママッガイで足りないのは口の中の赤くらいです。プチッガイも本体部分はほぼ完璧。ただし、チェアーストライカーや新規の腕部はプチッガイのランナーに含まれている都合上色が全然違っており塗装の必要があります。プチッガイのリボンも白なので設定通りにするには塗装の必要あり。

今回は、ABSのフレーム、ママッガイの鼻部分以外のパーツを塗装して製作しました。いつもは関節の一部等をメタリック色で塗っていますが、メカっぽさが全くと言っていいほど無い機体なので今回は使っていません。ママッガイはつや消しでトップコート、プチッガイは半光沢でトップコートしました。








hgbf_beargguyF (3)
本体はベアッガイⅢと同じなので、可動やギミックも共通





hgbf_beargguyF (4)
股間下のジョイントによりアクションベース等の各種台座に対応しています。






hgbf_beargguyF (5)
フェイスパーツの交換やアームパーツの追加により腕の伸縮を再現。口や手の先端にはビームサーベルエフェクトを取り付けることが出来ますが、キットには付属していないので他から流用する必要があります。






hgbf_beargguyF (6)








hgbf_beargguyF (7)
ベアッガイⅢ同様、様々な表情の目シールが付属しています。









hgbf_beargguyF (8)
プチッガイを装着!





hgbf_beargguyF (9)




hgbf_beargguyF (10)







hgbf_beargguyF (11)
チェアーストライカー

椅子の形をしたストライカーパック。成形色は白なので茶色で塗装してやる必要があります。背もたれに付いているジョイントにプチッガイを接続して固定します。









hgbf_beargguyF (12)hgbf_beargguyF (13)
プチッガイ

コウサカ・ユウマがミライにプレゼントした機体。オプション機であり、通常時はこのガンプラを操作することはない。ママッガイの背中で、バトル中の色々なことに反応して勝手にリアクションする。


その名の通り、ベアッガイの子供版といったデザインで非常に可愛らしいです^^アッガイ要素はほぼ無いですがw
色分けは背中のリボンの色以外は完璧で、耳の白もちゃんと別パーツになっています!








hgbf_beargguyF (14)
何気に可動箇所も多く、首、肩、脚、足首がボールジョイントにより可動します。足首以外は球型ポリキャップによる接続になっています。さらに、チェアーストライカーとの接続部にもポリキャップが仕込まれています。
ママッガイ同様に、耳も回転させることが可能






hgbf_beargguyF (15)
自立させること自体は可能ですが、安定性はあまりよくないので、ポーズを取らせたりする場合は、背中のジョイントで台座に取り付けて飾るのが良いと思います。







hgbf_beargguyF (16)
新規の手繋ぎパーツ。手の中央にジョイントが付いておりプチッガイと手を繋ぐことが出来ます。1パーツ構成で、成形色はライトブルー。





hgbf_beargguyF (17)
ママッガイの手を手繋ぎジョイントに交換し、プチッガイの腕の穴に接続することで手を繋げます。

なんか微笑ましいですね~^^






hgbf_beargguyF (18)







hgbf_beargguyF (19)
「ウチの息子(娘?)をいじめたわね!!」








hgbf_beargguyF (20)
チェアーストライカーのコネクタ部は取り外してプチッガイの腕に取り付けることが出来ます。


そうすることで・・・







hgbf_beargguyF (21)
HGBFビルドバーニングのパンチエフェクトを取り付けることが可能!






hgbf_beargguyF (22)
発表当時は謎ギミックだなと思ってましたが、姉も次元覇王流拳法が使えるということで納得w








hgbf_beargguyF (23)
コネクタパーツを外せばビルドバーニング等のAGP共通ジョイントを持つキットに取り付けることが出来ます。
コネクタ装着時は、ストライカーパック対応キット等に装備可能です。









hgbf_beargguyF (24)
甥(姪?)と戯れる図


ママッガイと比べると小さいプチッガイですが、実は結構でかいですw











hgbf_beargguyF (25)
プチッガイの腕ジョイントは3㎜で、背中にもチェアーストライカー接続用の3㎜穴が開いているので意外とカスタムも楽しめますw










hgbf_beargguyF (26)
「次元覇王流!蒼天紅蓮拳!!」


「ロックンロール!!」

会場の男達全員を硬直させた恐怖の技・・・w









hgbf_beargguyF (27)
ベアッガイⅢと

ベアッガイⅢ発売当時はベアッガイⅡという機体がいたのか不明でしたが、今回改めてベアッガイⅡという機体が設定されました。また、ベアッガイFですが、Familyの他に「Four→4」にもかけているのかなと思ったり・・・






以上、HGBFベアッガイFでした。基本的にベアッガイⅢのバリエーションキットですが、本体は成形色が白系になったので、オリジナルカラーに塗装したい人におススメです。また、新規付属となるプチッガイは可愛く色分け、可動ともよく出来ているので、すでにベアッガイⅢを持っていても十分楽しめる内容となっていると思います。






HGBFベアッガイⅢ
HG ベアッガイⅢ(さん)

HGBFビルドバーニングガンダム
HGBF ビルドバーニングガンダム


関連記事
スポンサーサイト
2015/01/10 Sat. 22:33 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://g03lgx.blog18.fc2.com/tb.php/1049-0ac1a8b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)