09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

G-01格納庫

ガンプラ等のプラモやフィギュアのレビューと戯言のブログ

793.HG ガンダムアメイジングレッドウォーリア 

名乗りの爆発でダメージを受けるヒーロー、それがトッキュウジャー!
P1245649.jpg
烈車戦隊トッキュウジャーVS獣電戦隊キョウリュウジャーTHE MOVIE観に行ってきました。

Vシネとか見てないんでキョウリュウジャーの面々を見るのは久しぶり。(ノッさんはテレ玉の某バラエティ番組で見ますが)キングが髪短くなっててちょっとアバレンの凌駕さんっぽくみえましたw

忍者がわりと序盤に出てきたり(アイサツ大事)、ロボ戦が中盤でラスボス戦はロボが出てこなかったりと意外な構成でした。
ノア夫人が生きているのと、トッキュウレインボーが登場しているということで、大体35~38駅あたりの話になるんですかね?





購入物
P1215581.jpg
レジェンドBB武者飛駆鳥


P1245648.jpg
HGBFハイモック
HGBCモックアーミーセット





P1245650.jpg
仮面ライダーキット3 ライドマッハ―、ライドチェイサー

第1弾のトライドロンに続いて、マッハとチェイサーのバイクがラインナップされていたので購入。ちゃんと合体してライドクロッサーになります。トライドロンは塗装しましたが、今回は塗りません・・・w




――――――――
 
今回は、HGBFガンダムアメイジングレッドウォーリアの紹介です。

P1245646.jpg




アメイジングレッドウォーリア・・・客観的に見ても良い機体だ。自画自賛に値する」



hgbf_amazing_redwarrior (1)
PF-78-3A ガンダムアメイジングレッドウォーリア


三代目メイジン・カワグチが「プラモ狂四郎」に登場した機体に、独自解釈を加えて完成させたガンプラ。機体重量を増やすことなく、推力のみを大幅に強化したことで、圧倒的な速さによる戦闘を可能としている。特に肩アーマー上部のバーニアユニットはフレキシブルに噴射向きを変えることが出来る。武装もバトルの内容によって選択することで余分な重量を増やさないように配慮されている。メイジンがこの機体を製作した理由は、彼が尊敬するイオリ・タケシが使用していたパーフェクトガンダムの3号機にあたるためである。
ビルダー・ファイター:メイジン・カワグチ(ユウキ・タツヤ)



「ガンダムビルドファイターズトライ」より、新たにメイジン・カワグチが使用するガンプラが登場。まさかのレッドウォーリアHGキット化です!BF仕様にアレンジが加えられているものの、主に今風にブラッシュアップしたような感じで、オリジナルのレッドウォーリアを尊重したようなデザインとなっています。
レッドウォーリアの大元はRX-78ガンダムですが、キットは完全新規となり、これまでのAGP・BF系キットに準じた作りです。




頭部
hgbf_amazing_redwarrior (2)
ヘルメットはRX-78ガンダムですが、ガンダムの特徴であるVアンテナとマスクが変わっているのと真紅のカラーリングにより印象は全く異なります。特にマスクは、への字スリットも顎も無く数あるガンダムのバリエーションの中でも一際異彩を放っています(プラモですがw)



キットの色分けは、非常に優秀で、目立つ部分としては肩バーニアのグレーくらいです。その他褌のグレーなどもありますが、細かい部分ばかりなのでパチ組みでも見栄えはバッチリだと思います。合わせ目は、頭、前腕、脚の後ろ側、及び各種武装に出ます。

今回もいつものようにアンテナを削った以外はパチ組み+ほぼ全塗装で製作。








可動
hgbf_amazing_redwarrior (3)
キットはPC-002を使用した最近のキットに準じた構造。



肩は、上部にバーニアを取り付ける都合上いつものボールジョイント受けのポリパーツの向きが異なり、前後の引き出し構造はありません。そのため、肩の可動は若干狭くなっています。
肘は、マルイチモールドを取り付ける関係からか、AGP以降の3パーツ構成ではなく。左右サンドする構成に。可動範囲は同じくらいでしっかりと曲げられます。


ハンドパーツがガンダムタイプでは珍しく丸指になっているのが特徴的。




hgbf_amazing_redwarrior (4)



hgbf_amazing_redwarrior (5)
腰はいつもの構造で前後に若干スイング。腰の回転は、ちょっと引き出してやれば360°回せます。






hgbf_amazing_redwarrior (6)
開脚は優秀。足首の接地も十分広くとられていると思います。





hgbf_amazing_redwarrior (7)
膝は2重関節で90°以上曲がります。






hgbf_amazing_redwarrior (8)
肩のバーニアは基部で90°可動し後方に向けられます。バーニアユニットも上下に可動。











武装
hgbf_amazing_redwarrior (9)
ランドセル右側に装備されるレッドウォーリアの基本装備。
弾の交換で実弾からビームに変更できる。


バックパックのアームユニットに接続され、ヴェスバーのように脇の下を通って展開。グリップを逆手に持つのが特徴的です。砲身はスライドして伸縮。

アームユニットは、バックパックのと接続部がボールジョイント(ビルドバーニングの肩に使っていたポリキャップを使用)、アーム同士の接続部、武装との接続部は3㎜ジョイントになっておりそれぞれ可動します。

手首は武器保持用の物を使用。






hgbf_amazing_redwarrior (10)







hgbf_amazing_redwarrior (11)
股間下のジョイントにより各種台座に対応。







hgbf_amazing_redwarrior (12)
ハンドガン

小型で取り回しがしやすい銃







hgbf_amazing_redwarrior (13)







hgbf_amazing_redwarrior (14)
砲身下部には長短2種のブレードどちらかを選択して取り付けられます。





hgbf_amazing_redwarrior (15)
ガンブレイド(ショート)

ランドセル左側に装着される使い回しが良い銃剣。
バズーカとこれが基本の装備となるようです。







hgbf_amazing_redwarrior (16)
ガンブレイド(ロング)

取り回しは難しいが切断能力は高い。
ハンドガンのグリップは可動するので、普通の剣のような持たせ方も可能です。
ちなみにこのブレイドの形状ですが、マーキュリーレヴの大型ブレードと似ていますね。この機体が多種多様の武装バリエーションを用意しているのもマーキュリーレヴを意識しているのかも。






hgbf_amazing_redwarrior (17)










hgbf_amazing_redwarrior (18)
ビームライフル乙

ガンブレイドと選択式でバックパック左側に装備される武装。







hgbf_amazing_redwarrior (19)









hgbf_amazing_redwarrior (20)
ビームライフル乙と各種オプションパーツ







hgbf_amazing_redwarrior (21)
グリップを中心に各種パーツを組み合わせることで、ビームライフル甲、ビームガトリングどちらかが完成。





hgbf_amazing_redwarrior (22)
さらに、ビームライフル乙と連結が可能となっています。








hgbf_amazing_redwarrior (23)
ビームライフル甲

ビームライフル乙よりもセンサー機能を強化した銃。
グリップに、バレルとセンサーカメラを取り付けて完成します。







hgbf_amazing_redwarrior (24)
ビームガトリング

精密射撃には向かないが命中率が高く、集中砲火すれば破壊力が高まる。
グリップにガトリングのバレルとE-PACを取り付けて完成。







hgbf_amazing_redwarrior (25)
ビームライフル乙と合体。

合体させることでバックパックにマウント可能となり、ヴェスバー風に展開することも出来ます。
バズーカ同様逆手持ちが基本のようですが、グリップは左右にスイングするのである程度自由な持たせ方ができます。






hgbf_amazing_redwarrior (26)
ビームライフル甲と乙を合体させることでロングライフルに

さっきのガトリングと同様にバックパックにマウントしての使用が基本のようですが、普通に手に持たせることもできます。
フォアグリップ(甲のグリップ)が左右にスイングするため両手持ちも可能。








hgbf_amazing_redwarrior (27)
ビームサーベル

右腕の発生器にクリアーイエローのビーム刃を取り付けて再現。ビーム刃パーツはAGE-1等に付いてきたものと同様の平型タイプで、短いダガー状のものも付属しています。







hgbf_amazing_redwarrior (28)










hgbf_amazing_redwarrior (30)
胸とフロントアーマーのミサイルポッドが展開





hgbf_amazing_redwarrior (29)
ミサイルの展開は、胸は装甲を外し、黄色のパーツを前後入れ替え。フロントスカートは取り付け位置を変えることで可能となっています。








hgbf_amazing_redwarrior (31)






hgbf_amazing_redwarrior (32)







hgbf_amazing_redwarrior (33)









hgbf_amazing_redwarrior (34)
「あれは・・・伝説の・・・」

「ガンプラ・・・」


「パーフェクトガンダムⅢ、レッドウォーリア・・・!」



枯れた花をも蘇らせるメイジンの降臨
平手も付いて来ると嬉しかったですね・・・w







hgbf_amazing_redwarrior (35)

「避けた!?あれが僕のライトニング!?」


「これほどの機体を作っておきながら・・・歯がゆいぞ!コウサカくん!!」






hgbf_amazing_redwarrior (36)
ユウマの駆るレッドウォーリアVSメイジンの操るライトニング







hgbf_amazing_redwarrior (38)
ガンダム(RG)、ビルドバーニングと

本来ならG30thあたりと比較するのがいいんでしょうが・・・w大元がRX-78ベースのアメイジングレッドウォーリアですが、最近のキットらしく小顔ですらっとしたプロポーションです。








ちなみに
hgbf_amazing_redwarrior (37)
今回使用しませんでしたが、胸や膝アーマーに貼る「SK」マークのシールが付属しています。狂四郎リスペクトのファンサービス的なものですが、「サンダイメ・カワグチ」や「スイセイ・クレナイ」等とも読めたりしますw(某B社の方のツイートから)






以上、HGBFガンダムアメイジングレッドウォーリアでした。レッドウォーリアのキットはこれまでBB戦士でした出ていませんでしたが(赤龍頑駄無の軽装タイプ)、BF効果でまさかのHGキット化w本体はシンプルですが、武装の組み換えパターンが豊富で思った以上に遊べるキットに仕上がっていました。
BFキットは、つい先日3月発売のキットがポータント、S×D×Gガンダムと発表されましたが、続いて4月にはトランジェントガンダムの発売が決定!今後もできるだけ多くの機体がキット化されると嬉しいですね。











νガンダムヴレイブ
HGUC νガンダムヴレイブ(マーキュリーレヴD)

HGザクアメイジング
HGBFザクアメイジング

HGBFケンプファーアメイジング
HGBF ケンプファーアメイジング

HGBFガンダムエクシアダークマター
HGBF ガンダムエクシアダークマター

HGBFガンダムアメイジングエクシア
HGBF ガンダムアメイジングエクシア






関連記事
スポンサーサイト
2015/01/24 Sat. 22:03 | trackback: 0 | comment: 2edit

コメント

ミサイル展開ギミックをきちんと写真で説明していただいてありがとうございます!
購入の参考になりましたので、
取り急ぎお礼までors

chive #- | URL | 2015/08/23 22:59 * edit *

Re: タイトルなし

chiveさん、コメントありがとうございます。

自分の記事が少しでも参考になったのでしたら幸いです。

g01lx #- | URL | 2015/08/30 21:31 * edit *

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://g03lgx.blog18.fc2.com/tb.php/1059-447f0fb8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)