09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

G-01格納庫

ガンプラ等のプラモやフィギュアのレビューと戯言のブログ

795.ROBOT魂 SIDE MS マスターガンダム 

ハピプリ最終回か


購入物
P1255653.jpg
ROBOT魂マスターガンダム、S.H.フィギュアーツ東方不敗

欲しいとは思っていたもののギリギリまで買うかどうか保留にしていましたが、尼でどちらも安くなっていたので購入しました。




P1255701.jpg
MICRO仮面ライダーシリーズ 仮面ライダードライブタイプスピード フレア/シャドー/スパイク

デジタル造形&彩色によるNゲージサイズの極小フィギュアシリーズ。近くのゲーセンのコンビニキャッチャーにあったので取ってみました。(プライズ系はコンビニキャッチャーしか出来ない人です・・・w)
最初のフレアを取るのに4~5回、後の2体は連続で取れました。

尚、全8種で他にタイプスピードの基本フォーム、タイプワイルド3形態、魔進チェイサーがラインナップされているようです。

トッキュウジャーとかあったらミニプラと並べるのに良さそうですw





P1255699.jpg
ガシャポン戦士NEXT24弾

もう次の弾が出ていますが月光蝶以外揃ったので・・・
今弾は∀とGレコ中心のラインナップになっています。同時期に出たコンバージも∀、ターンXが入っていましたねw
また、初のビルドファイターズ系から主人公を差し置いて戦国アストレイがラインナップ。赤にはブルー系のパールがコートされており劇中のイメージに近い色になっているのが良いですね。



P1255700.jpg
ターンXはビームライフルとバズーカが付属し、両方とも背中のキャラバスにマウントできます。戦国アストレイは肩のアームが展開。お馬鹿な馬鹿姫様は飛行形態に変形します。

そして、ホビージャパンでも告知されていましたが今春でこのシリーズは終了とのこと・・・
自分は9弾あたりから本格的に買い始めましたが、毎回マニアックな機体がラインナップされたり、弾を追うごとに顔の造形もカッコよくなりギミックも凝ってきて良かったので残念ですね・・・新シリーズが計画されているとのことなのでそちらに期待です。






製作物
P1255698.jpg
HGBFハイモック

モックにしましたw
また一体買ってきてハイモックとして製作していきます。



P1255702.jpg
HGBFガンダムデュナメスアームアームズ

年末に買って積んでいましたが組み立て。他にも積みキットが増えてきたので作っていきたいと思います。




――――――――
今回は、ROBOT魂マスターガンダムの紹介です。


P1255654.jpg











rs_mastergundam (1)
GF13-001NHⅡ マスターガンダム


ROBOT魂Gガンダムシリーズ第2弾は、ドモンの師匠、東方不敗マスター・アジアが使用するDG細胞を採り入れたMF、マスターガンダム。
ゴッドガンダム同様に非常にアクション性の高いものになっています。
プロポーションもゴッドガンダムに合わせていますが、手足等はよりがっしりとした力強いフォルムに仕上がっています。






頭部
rs_mastergundam (2)
巨大な耳?が非常に特徴的なデザイン。顔つきもカッコよく出来ています。
自分の物はマスクの隈取り部分のスミ入れがちょっと雑になっていますが、肉眼で見る分には特に気にならないです。


カラーリングは、いつものSIDE MSと共通で基本は成形色、一部塗装で再現されています。塗装のはみ出し等特になく綺麗に仕上がっています。
今回のROBOT魂では、紫部分が明るい黒になっておりちょっと印象が違って見えますが、個人的には渋くて良いと思います。




可動
rs_mastergundam (3)
関節構造はゴッドガンダムと共通で非常にアクション性が高いです。


肩は大きく前後にスイング、肘は2重関節




rs_mastergundam (4)
腕は肩アーマーとぶつかって横の可動が制限されますが、肩付け根のボールジョイントと組み合わせれば真横近くまで上がります。




rs_mastergundam (5)
腰は2か所の可動ポイントで前後にスイング。胸部を引き出すことで可動範囲が広がります。





rs_mastergundam (6)
左右の回転はこのくらいですが、人体の可動としては問題ないと思います。





rs_mastergundam (7)
開脚も非常に優秀。足首はつま先が独立して可動することでしっかり接地しているように見えます。






rs_mastergundam (8)
股関節は独立して前後にスイング。膝の2重関節等と合わせて立て膝も問題なく決まります。

また、ゴッドと同様に膝関節は中心部で分割されており捻ることが出来ます。






rs_mastergundam (9)
サイドスカートは、リアスカートからL時のジョイントを介して接続されています。可動の妨げにもならず、はじけ飛ぶこともありません。



以前購入したゴッドは一部の関節が気持ちユルかったのですが、今回のマスターは特に問題なく安心して動かすことが出来ました^^






rs_mastergundam (10)
バックパックのウイングはマントの変形機構はありませんが、可動部が多く大きく跳ね上げたりすることが出来ます。



本体との接続もしっかりしています。









付属品
rs_mastergundam (11)
交換用手首左右×5、マスタークロス


ゴッドのような変形機構がないので付属品は非常にあっさりしています。アクションに欠かせない手首パーツが豊富なのが嬉しいですね。








rs_mastergundam (12)







rs_mastergundam (13)







rs_mastergundam (15)
ゴッドガンダム同様、可動範囲が広いのでアクションさせるのが楽しいです^^


背中に大きなウイングを背負っているのでバランスを取らせるのがちょっと大変。魂ステージなどの台座があると良いですね。








rs_mastergundam (14)
特徴的な構えもバッチリ


一部ハンドパーツは、接続部上部に切れ込みがあり、大きく曲げることが出来ます。








rs_mastergundam (16)
股間下のジョイントで台座に対応







rs_mastergundam (17)
・・・何かおかしいと思ったら、両手とも左手のガンダムになっているッ!?




  








rs_mastergundam (18)
マスタークロス

専用の手首に取り付けて使用します。クロスの接続部はボールジョイントになっており根元である程度の表情付けができます。






rs_mastergundam (19)








  



rs_mastergundam (20)
ダークネスフィンガー

ゴッドフィンガー同様にグラデーション塗装により発光状態を再現





rs_mastergundam (21)








rs_mastergundam (22)
ちゃんと両手分付属しているので、石破天驚拳の再現も可能!












rs_mastergundam (23)
腕組みはオプションパーツセットに専用パーツが付属するようですが、一応可動でもそれっぽくは出来ます。




















rs_mastergundam (24)
ゴッドガンダムと


頭部が大きいのでマスターの方がやや大きく見えます。









rs_mastergundam (25)
「流派!東方不敗は!」




rs_mastergundam (26)
「王者の風よ!」






rs_mastergundam (27)
「全新!」「系列!」
      「天破!」「侠乱!」






rs_mastergundam (28)
「見よ!東方は、赤く燃えている!!」











rs_mastergundam (29)







rs_mastergundam (30)








以上、ROBOT魂マスターガンダムでした。オプションや変形ギミックはほとんどありませんが、広い可動範囲によりアクションさせるだけでも非常に楽しいです。ゴッドガンダムではバックパックが外れやすいのが気になりましたが、マスターはそういった部分がなくストレスなく動かせるのも高ポイント。ゴッドガンダムを持っているなら是非一緒に並べたいものになっていると思います。
また、閉じた状態のマントやエフェクト等がセットになったオプションセットがプレバンで受注されているので、よりマスターガンダムで遊びたいならばそちらもチェック。そして、同時発売のS.H.フィギュアーツ東方不敗には、東方不敗顔のマスターガンダムヘッドが付属しています。








ROBOT魂ゴッドガンダム
ゴッドガンダム




関連記事
スポンサーサイト
2015/01/25 Sun. 21:41 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://g03lgx.blog18.fc2.com/tb.php/1061-6cf62204
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)