09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

G-01格納庫

ガンプラ等のプラモやフィギュアのレビューと戯言のブログ

818.HG ガンダムポータント 

HGBF ガンダムポータントの紹介です

P4026920.jpg
華麗なるシア


hgbf_Gportant (1)
GNW-100P G-ポータント

「機動戦士ガンダム00」に登場する太陽炉搭載型MS、通称「ガンダム」をベースにしたオリジナルの機体。キジマ・シアが、全国大会に出場するために完成させたガンプラであり、その完成度は非常に高い。ガンプラ学園の監督であるアランに「パーフェクト」と称された。シアの操縦テクニックが加わることで、他のガンプラにはない戦い方が可能となり、そのスタイルは力で押すのではなく、軽やかに舞うように戦う。ミサイルに触れても起爆させないほどの軽いタッチや、ビームの上を粒子変容フィールドで進むなど、本機とシアの組み合わせ以外では実現不可能。また、バトル中の修理を可能とするギミックを持ち、チーム戦で特に威力を発揮する。
ビルダー、ファイター:キジマ・シア


「ガンダムビルドファイターズトライ」より、ガンプラ学園のチーム「ソレスタルスフィア」のメンバーであるキジマ・シアが使用するガンプラがキット化。太陽炉搭載機「ガンダム」をベースとしたオリジナル機となっていますが、各部の形状から「劇場版機動戦士ガンダム00」のラストに登場する宇宙探査用ワークローダー「サキブレ」がベースになっていると思われます。機体名のポータントも日本語で「先触れ」という意味。

曲面で構成された身体に6枚の大型のウイング、00系の機体らしく機体各部にレンズパーツが配された独特なデザインです。劇中でも言われているように、カッコいいとも可愛いとも違う「綺麗」なガンプラです。

どうでもいいですが、CV藤田咲のキャラに緑色の機体というのは狙ってやったんでしょうか・・・?w




頭部
hgbf_Gportant (2)
サキブレと同様の頭頂部のクリアーパーツ、エクシア風のアンテナ、独特な形状の割にはオーソドックスなへの字スリットが入ったフェイスに嘴のような顎パーツが独特なデザイン。
顎の形状や白と緑のカラーリングから、個人的にムシャジェネレーションの武者ガンダムマークⅣが思い浮かびましたw



キットの色分けはほぼ完璧。本体に関しては細かいグレーと手甲のグリーンを補うくらいです。ただし、GNピアスソードがクリアーグリーン1色&色の境界がはっきりしないため塗装しようとするとちょっと厄介。

今回は、手甲のレンズ部を一旦平らにしてHアイズを貼り付けた以外は素組みで、ほぼ全塗装しました。綺麗な機体をめざして、ギラつかない程度にメタリック調を目指しました。・・・が、特に考えずに塗っていたので結局いつもと大して変わらない感じに・・・w
各部のクリアーパーツの下は反射用のホイルシールが付属していますが、説明書にも紹介されていたようにホログラムテープを貼って粒子感が出るようにしました。売ってたテープはホロが大き目のものしかなかったのがちょっと残念^^;







可動
hgbf_Gportant (3)
キットの関節構造はこれまでのBF系と大体同じ。肘関節はアメイジングレッドウォーリアと同様の構造になっています。



肩はいつもの引き出し式ボールジョイント。引き出しスイング可動は若干狭いですが概ねよく動きます。




hgbf_Gportant (4)
腰のスイング

今回、首は大きく上を向けるようになっており飛行ポーズがよく決まるようになっています。



hgbf_Gportant (5)
開脚、接地はこのくらい


足はかなりコンパクトなデザインなので、接続は関節プラ同士になっています。






hgbf_Gportant (6)
膝はエクシアや00等と同じ2重関節。


全体的な可動範囲は非常に優秀ですが、唯一腰と腿が干渉するのため脚が前にあまり上げられません・・・






hgbf_Gportant (7)
バックパックのウイング基部はビルドバーニングの肩に使われているボール受けにより自由に可動します。









武器装備
hgbf_Gportant (8)








hgbf_Gportant (9)
GNスマッシュライフル

本体の粒子制御能力により命中精度が飛躍的に高められている。
合わせ目が出ますが白とグレーの2色成形でしっかりと色分けされています。センサーにはシールが付属。








hgbf_Gportant (10)
クリアーグリーンの台座が付属。

完全新規のもので、なんとランナーレスですべてのパーツが直接繋がっています(!)非常にエコ?な仕様w
差し替え式で3段階に角度の調整が可能。

以降のキットにもこの台座が付属するようで、今後のスタンダードになるかもしれないですね。










hgbf_Gportant (11)
火力重視の機体ではないですが、ライフルは意外と大型


説明書には特に何も書かれていませんが、側面には3㎜軸が付いているので適当な所にマウントしたりすることも出来そうです。








hgbf_Gportant (12)
GNピアスソード

粒子を刃に纏わせることで切断力を高めた格闘専用武器。剣を振って粒子を飛ばし、遠距離の物体も切断可能。


刃はクリアーグリーンの1パーツで、白部分はシールで補うようになっています。まあ、ここはこのサイズではどうしようもない部分ですね^^;境界部がパキッと分かれているわけではないので塗装が大変でした・・・というか汚くなってしまいました






hgbf_Gportant (13)
左手は平手が付属。

印象的なソードから発生するビームリボンは残念ながら付属せず。








hgbf_Gportant (15)










hgbf_Gportant (23)
ポータントの初陣では、カリマ・ケイ達が使用する大型MS、ヴェイガンギアK相手に単機で出撃。ミサイルを起爆させない繊細な動作や敵のビームの上を粒子変容フィールドを用いてスケートのように滑走するといった華麗な戦いを披露しました。










hgbf_Gportant (16)
腰のサーベルラックはダブルオーのような可動ギミックがついています。
コンテナは劇中では開閉して中から整備マシン「カレル」が発進し実際に機体を修理するというトンデモを披露しましたが、キットは開閉やカレルは再現されていません。

カレル自体はスケールは違いますがMGエクシアに付属しているので、それがあれば雰囲気だけは楽しめるかも?



ちなみに、今回は最近のキットでは珍しく足裏の肉抜き穴がほとんどありません!別パーツでグレーになっているのも個人的に高ポイント










hgbf_Gportant (17)
ビームサーベル




hgbf_Gportant (18)
ビーム刃は平型のものが長短2本ずつ付属。

このタイプのビーム刃でクリアーグリーン成形は珍しいですね






hgbf_Gportant (19)













hgbf_Gportant (20)
アニメには登場しませんでしたが、せっかくなのでポータントフライヤーも塗装しました。と言ってもベースパーツのみで交換用のウイングは塗っていません・・・w









hgbf_Gportant (21)
腰のコンテナ接続部に、ポータントフライヤー付属のジョイントパーツを使って合体!






hgbf_Gportant (22)













hgbf_Gportant (24)
ガンプラバトルも恋?もライバルなフミナのスターウイニングと









hgbf_Gportant (25)









hgbf_Gportant (26)
「なんだか残念・・・もっと、戦っていたいのに・・・」









hgbf_Gportant (27)
「あなた・・・すごい・・・」


「今度は一対一でやろう、ガンプラバトル!」



「うん」











hgbf_Gportant (28)
クリアーパーツは蛍光素材なのでブラックライトに反応します。









hgbf_Gportant (29)




以上、HGBFガンダムポータントでした。ギミック面では特にこれといったものはありませんが、キット自体の作りは非常によく出来ていると思います。ほぼ別物ではありますが貴重なサキブレ系のキットというのもポイントですね。
今後4月、5月とガンプラ学園の2体も発売されるのでソレスタルスフィアの3体を並べるのが楽しみです^^

ビルドファイターズの放送は終了しましたが、キットは7月以降も展開が続くということで、最終話に登場したガンプラのキット化も期待が膨らみます。そして、ビルドファイターズ&トライのOVA化が決定!今後もビルドファイターズシリーズの展開に要注目ですね!








HGBCポータントフライヤー
HGBC ポータントフライヤー

SDBFスターウイニングガンダム
SDBF スターウイニングガンダム

HGBFトライバーニングガンダム
HGBF トライバーニングガンダム

HGBFガンダムアメイジングレッドウォーリア
HGBF ガンダムアメイジングレッドウォーリア


関連記事
スポンサーサイト
2015/04/03 Fri. 00:03 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://g03lgx.blog18.fc2.com/tb.php/1093-0c45a5c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)