03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

G-01格納庫

ガンプラ等のプラモやフィギュアのレビューと戯言のブログ

834.HG Hi-νガンダムヴレイブ 

購入物

P5107488.jpg
P5107491.jpg
S.H.フィギュアーツ キュアメロディ
ネクスエッジスタイル ミーティア
HGUCペイルライダー(陸戦重装備仕様)

4月分のプレバン。今回は1万ちょっとに抑えられましたw




P5067485.jpg
ラブライブ!トレーディングマスコットチャーム

GW中にHGUCフルクロス等と一緒に買ったもの。なんとなく500円くらいだろうと軽い気持ちで手に取りましたが、レジ通したら700円で軽く戦慄・・・(よく見たら側面に値段書いてありました)隣においてあったにいてんごにしておけばよかったと思ったり・・・w

スクフェスでの動物衣装での立体化で全9種。ことりが出ました。
何故かレジで店員に「えりちは出ないけど大丈夫ですか?」と謎の念押しされましたw







製作物
P5107487.jpg
HGBFウイングガンダムゼロ炎

ゼロ炎自体はこれで完成。同時製作しているカスタムキットの方もあと少しで完成します。










――――――――
今回は、HGBF Hi-νガンダムヴレイブの紹介です

P2216266_20150510174534a3a.jpg

「アランやガンプラ塾のみんなに刺激を受けて作った、νガンダムヴレイブの発展機!」



hgbf_Hiνgundam_vrave (1)
RX-93-ν2V Hi-νガンダムヴレイブ



ユウキ・タツヤが、ガンプラ塾にいたころに作り上げた機体。幼いタツヤが初めて作ったガンプラがHi-νカラーに塗装したνガンダムであったため、思い入れも強い。塾で学んだ技術を最大限に投下しており、Hi-νガンダムの発展機という世界観の再現に止まらず、ガンプラバトルで勝利するための工夫が随所に盛り込まれている。ガンプラ塾でのバトルでは、あまりの機体スピードに本機の周辺の粒子に圧縮現象が起こり、機体が赤く見える現象が発生。彼が「紅の彗星」と呼ばれる由縁となる。ザクアメイジング完成後も、本機は度々バトルに使用された。
ビルダー・ファイター:ユウキ・タツヤ



外伝作品「ガンダムビルドファイターズA/D」より、νガンダムヴレイブに代わる機体として作り上げた新たなガンプラがキット化。ビルドファイターズの外伝機体としては初のキット化となります。
リファイン版Hi-νガンダムがベースの機体で、大まかなシルエットは原典機を踏襲しているものの部位ごとの形状はかなり変化しています。デザインは、BFトライでEz-SRや百万式、ディナイアルガンダムを担当したNAOKI氏。アレンジの方向性に共通する点が見られます。コンパクトな足や突き出した股間部のデザイン等が個人的にツボ^^

キットは、HGUC Hi-νガンダムの流用キットで、多色成形ランナーや関節部等が共通となっています。余剰パーツが出ますがそれほど多くありません。








頭部
hgbf_Hiνgundam_vrave (2)
ヘルメット部は大きな変更はなく、アンテナが厚く短い形状になり、額の青部分が大型化して少しΞっぽい感じになっています。
ヘルメットはバルカンの位置の変更など細かい部分でオリジナルとの変更部が見られます。尚、マスク部分含め完全新規造形です。



キットの色分けは、頑張ってはいますが細かい配色が多く塗装箇所は多め。目立つ部分では、コクピットブロックの赤や背部スタビライザーの青。一応シールで補うことが出来ます。
肩のエンブレムやウイング、脛のナンバーを再現するためのマーキングシールが付属。


今回も、パチ組み+ほぼ全塗装で製作。青は、成形色ではやや水色っぽい感じですが、設定画では青紫っぽい色で、個人的なイメージとしてもそっちなので、青紫寄りにしています。(写真じゃ伝わりにくいかも知れませんが・・・)
また、関節色は成形色はガンメタリックですが、こちらも今まで作ってきたBF系キットに合わせてグレーにし、一部をメタリック系にしています。
各部のセンサーは付属のシールを貼り付け。股関節のセンサーはシールが付いていないので縁を切り取って貼りました。ツインアイはいつものグリーン~マゼンタの偏光フィニッシュを貼っていますが、Hi-νヴレイブの目は黄色でした・・・w

マーキングシールは脛に貼るものが上手く貼れずに皺になってしまったので剥がしました・・・









可動
hgbf_Hiνgundam_vrave (3)
関節構造は基になったHi-νガンダムと共通だと思うので可動範囲も同じくらいかと


肩は、上下と若干前後にスイング。肘は1軸で90°程






hgbf_Hiνgundam_vrave (4)
腰はボールジョイントですが、可動範囲はあまり広くありません。また、プロポーションの変更のために、ウエスト下部にスペーサーを噛ませておりその影響で抜けやすくなっています。


首は、根本で前後にスイング。頬と襟が干渉するので左右の可動は若干制限されます。











hgbf_Hiνgundam_vrave (5)
開脚。股関節はボールジョイントで可動範囲はこのくらい。脛は基のHi-νと共通ですが、腿は新規パーツで長めになっているようでスマートなプロポーションになっています。


足首の接地は十分といった感じ








hgbf_Hiνgundam_vrave (6)
膝は2重関節
















武器装備
hgbf_Hiνgundam_vrave (7)














hgbf_Hiνgundam_vrave (8)
ビームライフル

Hi-νのものと同型のライフル。キットは、銃口を除きモナカ割りなので合わせ目が出ます。成形色もガンメタ一色なので塗装する必要があります。

銃用の持ち手を使って保持。ピンで固定されるので安定して持たせられます。









hgbf_Hiνgundam_vrave (9)
股間下のジョイントにより各種台座に対応します











hgbf_Hiνgundam_vrave (10)
シールドブースター


ブースター機能を持つシールド。先端にはメガ粒子砲を装備しています。
電撃の機体ということで(?)シールドブースターを装備w裏面とスタビライザーのシルバー部以外は新規パーツで構成されています。







hgbf_Hiνgundam_vrave (11)
ジョイントパーツは側面と後部に軸があり、差し替えることで向きを変更できます。











hgbf_Hiνgundam_vrave (12)










hgbf_Hiνgundam_vrave (13)
スタビライザーを外し、代わりにジョイントパーツを取り付けることで背中に装備可能。













hgbf_Hiνgundam_vrave (14)
ニューハイパーバズーカ


Hi-νと同型のバズーカ。HGUCνガンダムでは、細かく分割され大まかな色分けが再現されていましたが、Hi-νは単純なモナカ割りになっています。設定では、νガンダムのバズーカのような配色になっていますが、面倒なのでガンメタ一色で済ませました・・・w

グリップは可動式











hgbf_Hiνgundam_vrave (15)
足裏には肉抜き穴が開いています
















hgbf_Hiνgundam_vrave (16)
右腕はマシンガンの代わりにクローを装備。なんか既視感のあるパーツです・・・w


前方に展開し、パワーを消費することで電磁ナックルになります。クローの展開は差し替えで行いますが、明らかに可動じゃこのようにはならないですよね・・・










hgbf_Hiνgundam_vrave (17)
ファンネルラック上部が開閉して内部にはビームサーベルを装備しています。












hgbf_Hiνgundam_vrave (18)
ビームサーベル

νガンダムのものに比べ形状はオーソドックスなものになっていますが、同じように両側からビーム刃を発生させられます。
ビームサーベル自体は左右に1本ずつ装備していますが、クリアーブルーのビーム刃は1セット分付属。











hgbf_Hiνgundam_vrave (19)



















hgbf_Hiνgundam_vrave (20)
ブレード

プロペラントタンクに代わって背部に装備された大型の実体剣。武器として使用する場合は、ビームサーベルが柄になります。









hgbf_Hiνgundam_vrave (21)










hgbf_Hiνgundam_vrave (22)
ビーム刃を取り付けることも可能
















hgbf_Hiνgundam_vrave (23)
フィンファンネル


νガンダムヴレイブは作り忘れたのと相性が良くないということからオミットされていましたが、Hi-νヴレイブではジュリアン先輩との特訓を経て制式装備に。

基のHi-νと同様、6枚のファンネルの内外側の2枚以外はダミーで、変形するのは2つのみです。







「翔べよ!!!ファンネル!!!」
hgbf_Hiνgundam_vrave (24)


















そして

hgbf_Hiνgundam_vrave (25)
ヴレイブ本体から各パーツを取り外し








hgbf_Hiνgundam_vrave (26)
外したパーツと新規パーツを組み合わせることで支援機ヴレイブブースターが完成!


鳥形の支援機ということで、後のトランザムブースターに通じるものがありますね。Hi-νベースなことと、形状的に孔明νガンダムの
爆鳳扇を連想させます・・・w


尻尾になるブレードを装備するには、一旦シールドブースター側面の突起パーツを外し、バーニアを外してそのかわりに取り付けるようになっておりちょっと煩わしいです。外したバーニアは余剰パーツに。












hgbf_Hiνgundam_vrave (27)
腹部に3㎜ジョイントがあるので台座で浮かせることが出来ます。また、口が開閉。









hgbf_Hiνgundam_vrave (28)
ビーム刃の取り付けも可能です。
















「輝け!!ヴレイブブースター!!!」
hgbf_Hiνgundam_vrave (29)














hgbf_Hiνgundam_vrave (30)
余剰パーツとなるバーニアですが、ブレードの代わりにバックパックに取り付けておくことが出来ます。







hgbf_Hiνgundam_vrave (31)
また、Hi-νヴレイブ時に余剰パーツとなるヴレイブブースターのパーツは、シールドのジョイントパーツとしても使用可能。この状態なら余剰パーツを出すことなくブースターに分離させられます。












hgbf_Hiνgundam_vrave (32)
以前に作ったνガンダムヴレイブと










以上、HGBF Hi-νガンダムヴレイブでした。アニメに登場しない外伝からのキット化ということで、ビルドファイターズシリーズの人気が伺えますね。キットは、Hi-νガンダムの流用キットですが、新規パーツが多く大きくイメージが変わっています。機体各部が分離して支援機が完成するなどBFらしいギミックも搭載されているのも良いですね。
同じ外伝機体で、デザインも起こされているコマンドアストレイも欲しいな~と思ったり・・・w








νガンダムヴレイブ
HGUC νガンダムヴレイブ(マーキュリーレヴD)

HGBFガンダムアメイジングエクシア
HGBF ガンダムアメイジングエクシア


関連記事
スポンサーサイト
2015/05/10 Sun. 20:52 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://g03lgx.blog18.fc2.com/tb.php/1113-9a81ba1f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)