07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

G-01格納庫

ガンプラ等のプラモやフィギュアのレビューと戯言のブログ

847.HG シャア専用ザクⅡ 

二人で一人の仮面ライダー
タイプトライドロンロボカッコいい!


購入物
P6077992.jpg
S.H.フィギュアーツ キュアリズム、ジースタッグ&レッドル、ジャスピオン

5月分のプレバン。今回はフィギュアーツばかりですw
ジャスピオンのパッケージがドライブと同じ仕様になっててコンパクトになってました。今後はこれが定番化されるんですかね?


P6077996.jpg
HGUCクロスボーンガンダムX1改





製作物

P6077999.jpg
FAG轟雷

あとは細かい部分を塗ってデカール貼れば完成かな。
腰のセンサーは100均で買ったUVレジン液を盛ってクリアー化させてみました。紫外線に当てると硬化するというもので、晴れてたので日光が当たる場所に数分放置しただけで硬化しました。ちょっとしたセンサー部分をクリアー化させるのに良さそうですね。





P6078031.jpg P6067962.jpg
HGBFガンダムジエンド

ほぼ完成したので、マント付けてみました。説明書に載ってたような皺の付きやすそうな紙を探していましたが、式典とかの花を作る用の紙が良さげだったのでそれを使ってみました。

RISEカラーのビルドバーニングの組み立ても完了。次はG-セルフですw








――――――――
今回は、HGオリジン シャア専用ザクⅡの紹介です

P6078030.jpg







hgor_charsZAKU2 (1)

MS-06S ザクⅡ


同名漫画の映像化作品「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」より、シャア・アズナブルが搭乗するザクⅡがルウム戦役時の装備でキット化。
映像版の3DCGで表現されたデザインを基に立体化しており、ハイディテールなキットに仕上がっています。また、関節構造にもこだわっておりこれまでキット化された1/144スケールのザクを凌駕するアクション性を秘めたものになっています。




頭部
hgor_charsZAKU2 (2)
モノアイレールにテーパがかかってるのが特徴的で、RGや比較的最近にでた高機動型ザク等とはまた違った雰囲気になっています。
キットではモノアイはシールによる再現ですが、今回はドリルで少し穴を掘ってHアイズを取り付けました。

胸部に装備したバルカン砲がオリジン版の特徴です。





キットの色分けは非常に優秀で、脛のスラスター等の細かい箇所以外はほとんど成形色で色分けされています。メインのピンク色は赤みが強いのがこのキットの特徴。
今回もいつものようにパチ組み+ほぼ全塗装で製作。メインのピンクや赤はMSカラーのシャアピンク及びシャアレッドをベースに色を作っていきました。メタリックで塗装した箇所以外はつや消しでトップコート。
また、キットにはマーキングシールが付属しているので貼っています。一部貼り付け指定のない余剰がでますが、白いライン等明らかに貼る場所決まってるだろというものもあったりします・・・w





可動
hgor_charsZAKU2 (3)hgor_charsZAKU2 (4)
PC-001と関節プラ(KPS)を適材適所使用した関節機構により、幅広い可動を実現しています。

肩は、PC-001の引き出し式ポリパーツで前後スイング、さらに胸部の左右ブロックがビルドバーニングのように可動し、かなり前方まで腕を持ってくることが可能。
肘は最近のキットのようにKPSの2重関節。

肩のシールドとスパイクアーマーは、ボールジョイントや多関節により可動の妨げにならないように動かすことが出来ます。





hgor_charsZAKU2 (5)
首は頭と胴の接続がそれぞれボールジョイント。さらに、中間部分で前後の可動軸があり大きく可動させることが出来ます。







hgor_charsZAKU2 (6)
ザク系の鬼門だった腰の可動も克服!





hgor_charsZAKU2 (7)
前後にもスイングします。










hgor_charsZAKU2 (8)
開脚はこんな感じ。軸関節なので大きく広げられます。また、サイドスカートはボールジョイントと前後のスライドギミックにより干渉しないように逃がしてやることが出来ます。


足首の接地はそこそこ






hgor_charsZAKU2 (10)hgor_charsZAKU2 (9)
股関節はMGのように前後にスイングするようになっています。これにより脚を前に振り上げる動きもバッチリ。フロントスカートは最初から左右独立しています。


膝は2重関節で90°ちょっと。











武器装備
hgor_charsZAKU2 (11)









hgor_charsZAKU2 (12)
MS用バズーカA2型

ルウム戦役でシャアの戦績にも貢献した対艦戦で破壊力を発揮する大型ランチャー

砲身の一部に合わせ目がでます。グリップは可動式で大型ですが、しっかり構えられます。スコープは付属のシールを貼っています。






hgor_charsZAKU2 (13)
フォアグリップも可動し、両手持ちも可能。腕の可動範囲が広いのでポージングもしっかり決まります。
ただ、グリップの形状の都合上一度手首をバラさないといけないのがちょっと面倒・・・w


HGキットとしては珍しく股間下には3mm穴は開いていません。アクションベースを使用する際は、RGのように付属のジョイントパーツを使います。
しかし、リアスカートに3mm穴が開いているためここを使うことで各種台座を使った展示が可能です。









hgor_charsZAKU2 (14)
足裏の肉抜き穴が無いのも高ポイント











hgor_charsZAKU2 (15)
シールドには予備マガジンをマウント可能。バズーカにセットされているものを全く同じで、バスーカのものも取り外しできます。

左手は平手が付属。









hgor_charsZAKU2 (16)
モノアイは頭部下にあるレバーを動かすことで左右に可動します。












hgor_charsZAKU2 (17)
ジョイントパーツを使うことでバックパックにマウント。
















hgor_charsZAKU2 (18)
MS用対艦ライフル ASR-78

MS用に開発されたライフル。主に対艦戦に用いられ、艦の装甲を貫いた後に弾子を撒き散らし、内部から破壊する特殊弾等を高初速で撃ち出す。


ザクには珍しい大型のライフルが付属。









hgor_charsZAKU2 (19)










hgor_charsZAKU2 (20)












hgor_charsZAKU2 (21)














hgor_charsZAKU2 (22)
ヒート・ホーク

おなじみのヒート・ホーク
ブレード部分は赤熱状態をイメージして赤くしてみました。








hgor_charsZAKU2 (23)













hgor_charsZAKU2 (24)
腰にマウント可能。マウント用のものは別に用意されており、ブレード部分が無くグリップも短くなっています。

















hgor_charsZAKU2 (25)
ショルダータックル!








hgor_charsZAKU2 (26)
赤い彗星キック!












hgor_charsZAKU2 (27)
余剰パーツとして、角が付いていない頭部と、バルカンが無い胸部パーツが付属。これらを使うことで好みの形態のザクが作れます。
量産型が待ちきれない人はこれを使って再現してもいいかも。









以上、HGオリジンシャア専用ザクⅡでした。完全新作キットで、可動範囲が非常に広く様々なアクションが可能となっています。ディテールも細かく、HGとRGの中間くらいな印象のキットに仕上がっていました。











関連記事
スポンサーサイト
2015/06/07 Sun. 19:23 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://g03lgx.blog18.fc2.com/tb.php/1128-c89a98eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)