07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

G-01格納庫

ガンプラ等のプラモやフィギュアのレビューと戯言のブログ

874.HGUC クロスボーン・ガンダムX2改 

あと2日仕事頑張ればお盆休み・・・


――――――――
HGUCクロスボーン・ガンダムX2改の紹介です。

P7118606_201508092039127b0.jpg





hguc_crossbonegundamX2c (1)

XM-X2ex クロスボーン・ガンダムX2改


新生クロスボーン・バンガードの主力機として活躍していたクロスボーン・ガンダムX2が、専任パイロットのザビーネ・シャルの裏切りに伴って木星帝国所属機となり、その際に改修を受けた機体。型式番号のexは便宜上のもの。
同じく木星帝国に捕えられたトビア・アロナクスが、ジュピトリス9から脱出する際に本機のコア・ファイターを奪ってしまったため、コクピットブロックとメインスラスターは木星帝国製となっている。しかし、サナリィと木星帝国の技術格差のため、コア・ブロック・システムが再現できなかったのみならず、脱出機能そのものがオミットされ、メインスラスターも、オリジナルと同等の推力を得るためサブバーニアが増設された他、形状も異なっている。ただし、顔の戦闘データなどを基に、本機の中枢ユニットであるコア・ブロックを欠いた状態からオリジナルに匹敵する戦闘能力を復元させたことは事実であり、木星帝国の潜在的な開発能力を侮ることはできない。
パイロットは、ザビーネ・シャル



「機動戦士クロスボーン・ガンダム」より、ザビーネが駆るクロスボーン・ガンダム2号機の改修型がHGUCでキット化。X1改同様にプレミアムバンダイ限定商品で、2015年6月に発送されました。
キットは、発売中のHGUCクロスボーン・ガンダムX1から、一部パーツを変更・追加したものになります。X1改では共通の説明書が入っていましたが、今回は若干簡易的になっているもののカラーの説明書が新規で封入されています。

ちなみに、クロスボーン・ガンダムX2改としては初のキット化です!








頭部
hguc_crossbonegundamX2c (2)
X1との変更点は羽のような形状のアンテナと側頭部(耳)のディテール。原作では、マスクの形状もΖ顔のようになっていますが、今回はMGと同じくX1と同じスリット有りの普通のガンダム顔です。
F91時代に搭乗していたベルガ・ギロスと同じく黒や紫で塗装されたブラック・バンガードカラーになっているので、形状の大半はX1と同じですが印象は大きく異なっていますね。


キットの色分けは基本的にX1と同程度で主に細かい黄色部分の色が足りません。また、新規となるX字スラスターはそれぞれ1パーツ成形になっているため、先端の紫やバーニアは塗装する必要があります。(紫と黄色はシールで補完可能)

今回は、スラスターのバーニアが1パーツ構成で抜きの関係上形が崩れてしまっているとのことなので、切り取って市販パーツに置き換えました。その他はパチ組みでほぼ全塗装で製作。

肩のビームサーベルはX1のノリで白く塗ってましたが、X2は黒で良いみたいですね・・・w






可動
hguc_crossbonegundamX2c (3)
関節構造、可動範囲はX1と同じ。

股間下のジョイントにより各種台座に対応します。









武器
hguc_crossbonegundamX2c (4)
X2改の特徴的な武装である木星帝国が調達したバスターランチャーが新規で付属。








hguc_crossbonegundamX2c (5)
ROBOT魂フルアクションVer.では側面の球体状のグリップを掴むような方式でしたが、HGでは普通のグリップが側面に付いておりそれを持たせるような構造になっています。(おそらく原作準拠なのはROBOT魂かと)

グリップ基部はボールジョイント。本体よりも大型の武器ですが、パーツ数は少ないので保持は余裕です。







hguc_crossbonegundamX2c (6)
フォアグリップが可動して両手持ちさせることが可能。









hguc_crossbonegundamX2c (7)










hguc_crossbonegundamX2c (8)














hguc_crossbonegundamX2c (9)
ビーム・ザンバー&バスターガン

X1の武装もそのまま付属します。




hguc_crossbonegundamX2c (10)
ザンバーとバスターガンは、塗装見本では、本体と同じ黒と黄色になっていますが、黄色部分は金色で塗装。
X1ではスターブライトゴールドを使いましたが、今回はスターブライトブラスを使用しました。





hguc_crossbonegundamX2c (11)   
ザンバスター








hguc_crossbonegundamX2c (12)
ビーム・サーベル

今回、クリアーピンクのエフェクトパーツには蛍光ピンクを塗っています。










hguc_crossbonegundamX2c (13)
ビーム・シールド、ブランド・マーカー








hguc_crossbonegundamX2c (14)
ヒート・ダガー





hguc_crossbonegundamX2c (15)













hguc_crossbonegundamX2c (16) 
また、X1改で付属していたシザー・アンカーも付いてきます。







hguc_crossbonegundamX2c (17)
根本は左右で繋がっていますが、フロントスカート同様左右で分割することで片側のみ展開した状態にすることが出来ます。


ちなみに、X1のスラスターも余剰パーツとして付いているので通常のX2をして製作することも可能。ショットランサーは付いていませんが・・・
また、コア・ファイターパーツは除外されているので付いてきません。設定通り!・・・w









hguc_crossbonegundamX2c (18)
フェイス部分を交換することでフェイスオープンを再現












hguc_crossbonegundamX2c (19)
X1と









hguc_crossbonegundamX2c (20)
「だめじゃないか!死んだ奴が出てきちゃ!死んでなきゃぁぁぁ!!」






hguc_crossbonegundamX2c (21)








以上、HGUCクロスボーン・ガンダムX2改でした。基本的にX1のリデコなので、豊富な武装が付属しているのが良いですね。ただ、ランナーの都合でX2が作れちゃうので、もうちょっと値段が上がっても良いのでショットランサーも付けてコンパチ仕様になっていたら文句なしだったかも。X3もプレバンで構わないので早めに出てくれると嬉しいです。





HGUCクロスボーン・ガンダムX1改
HGUC クロスボーン・ガンダムX1改

HGBFクロスボーンガンダム魔王
HGBF クロスボーンガンダム魔王


関連記事
スポンサーサイト
2015/08/09 Sun. 22:20 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://g03lgx.blog18.fc2.com/tb.php/1159-66d28be4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)