07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

G-01格納庫

ガンプラ等のプラモやフィギュアのレビューと戯言のブログ

99.1/72 VF-25Fメサイアバルキリー アルト機(1) 

これまでガンプラ等々載せてきましたが、次回でそれが100体目になります。


その100体目はこいつを予定―
DSC06175.jpg
奥のやつね。






――


そして99体目の今回は

DSC06180.jpg
VF-25Fメサイアバルキリー アルト機です。
VF-25F メサイア

DSC06049.jpg
DSC06051.jpg
ファイター形態


スペック

設計・製造 新星インダストリー社
原型機初飛行 2057年6月24日

全長 18.72m
全幅 15.50m(主翼展開時)
全高 4.03m(主脚含まず)
全高(バトロイド形態時)14.53m(レーザー機銃含まず)
空重量 8450kg
機体設計最大荷重 27.5G

エンジン 新星インダストリー/P&W/RR社製FF-3001AステージⅡ熱核タービンエンジン×2
      スラスト・リバーサー、3D機動ノズル装備

高機動スラスター P&W HMM-9

最高速度 M5.0+



2059年現在、新統合軍の主力可変戦闘機VF-171の後継機として開発が進められている新世代可
変戦闘機である。

地球新統合軍にて設計された試作機VF-24の機体データを元にフロンティア船団の民間企業L.A.I社と新星インダストリー社が改良開発。現在、試験運用という目的でS.M.Sに配備されている。
VFの定義である、ファイター、ガウォーク、バトロイドの3形態への変形が可能。外見フォルムはVF-1を踏襲しているが、変形機構は全く異なっており、空力特性を重視し、全体的にスリムになったことでアーマードパックを装着したままの可変も可能。

VF-25は機体と同時にスーパーパック、アーマードパック、偵察パック等を性能拡張モジュールとして開発。モジュール交換により戦闘機、攻撃機、戦闘爆撃機、偵察機、無人戦闘機隊指揮官用機等多目的な展開が可能。S.M.Sではパイロットと任務の特性に合わせ、機体をカスタムメイドしている。

次世代機の大きな特徴としてパイロットのパワードスーツ「EX(エクステンダー)ギア」がコックピットに装着される「EXギア・システム」を採用している。このシステムがパイロットにかかす負荷を軽減し、高性能操縦支援をする事で有人操縦の限界を超える機動性、戦闘能力を可能にした。





『君は誰とキスをする』

 DSC06060.jpg



DSC06058.jpg


DSC06062.jpg


DSC06063.jpg


DSC06065.jpg




可変キットということで、パーツが細かくなかなか作るのが大変でした^^;が、変形機構が組み込まれた各ブロックを組み上げていくのはワクワクしてなかなか良いものでした。
そんな、各パーツが密接に組み合わさって完成したファイター形態。実際はもっと綺麗に密着すると思うのですが、調整が難しくて自分はこれが限界・・・しかし、変形機構があるにもかかわらずカッコよくまとまっているのはさすがですね^^


キットはABSを使用したポリキャップレスモデル。各部に精密なディテールが再現されてます。また、機体のマーキングは、水転写式デカールとマーキングシールで再現(デカールとシールは同一デザインで好きなものを使用します)。これとホイルシールを使用すればほぼ設定通りの色分けになります。・・・が、個人的に塗装がいいなという所は自分で塗っています。また、キャノピーと頭部のカメラ部分はクリアーカラーで塗装しました。

マーキングは本当は水転写デカールを使うつもりでしたが、ことごとく失敗し大半がマーキングシールになっています。また、デカール部分はパーツがこすれて剥がれてしまっている・・・難しい











DSC06054.jpg
キャノピー

クリアーレッド、クリアーブルーを混ぜたものを吹きましたが、色が濃すぎて、内部が見えなくなってしまったので、結局ほとんど落してしまいいました・・・




DSC06055.jpg
コックピットにはフラッグファイター!!・・・早乙女アルトが搭乗。

小さいから塗るのが大変・・・







DSC06056.jpg

DSC06057.jpg
ランディングギア

車輪は設置部分が平らになっています。

ここの塗装は投げた・・・




DSC06086.jpg
ガンポッドを取り付ける接続パーツには、アクションベース1用のジョイントがあるので


DSC06071.jpg
飛行状態で展示ができます。




DSC06068.jpg



DSC06070.jpg
キューンキューン キューンキューン♪








そして、可変戦闘機ということで変形!







『射手座☆午後九時Don't be late』
DSC06078.jpg




DSC06074.jpg


DSC06076.jpg
足を引き出す際は、スネのカバーを開いた時にあるロックパーツを一旦解除させます。








DSC06080.jpg
ガウォーク(腕収納形態)


DSC06079.jpg






とりあえず、長いのでここまで(汗


続く
関連記事
スポンサーサイト
2008/09/23 Tue. 12:51 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://g03lgx.blog18.fc2.com/tb.php/117-30688ab0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)