07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

G-01格納庫

ガンプラ等のプラモやフィギュアのレビューと戯言のブログ

895.HG カテドラルガンダム 

仮面ライダーゴースト&ガンダム鉄血のオルフェンズ放送開始!!


購入物
PA049833.jpg
figma馬(白)、ねんどろいど桜ミク

延期していたグッスマ国産商品の2つが届きました。
馬はなんとなく白馬の方にしましたが、やっぱ普通の方が色々合いそうで良かったかも。






PA049832.jpg
ねんどろいど大和

AGPに続いてねんどろいどの大和も届きました。艤装のボリュームがハンパないので箱の奥行きがすごいです。
昨日見てきたアルペジオの方のヤマト(?)も大活躍でしたw





PA049831.jpg
ROBOT魂ドラグナー1カスタム

再版D-1カスタムも確保。プレバンのファルゲンも注文したので2体絡ませたいです。






PA049834.jpg
ガンダムコンバージ20

タイミングが良かったのか1BOXすべて残っている状態のものに遭遇。ハイザック以外(えー)購入しました。V2バスターはアサルトを持っていないのでちょっと悩みましたが・・・

今回は、シリーズ初のビルドファイターズがラインナップ!ビルドバーニングが一番の目当てだったのですが・・・見事にエラー品でした。左脚のメタリックブルーが塗られてない&右腿の塗膜が厚すぎてモールドが潰れてる( ノД`)ちなみに、青部分は襟のみクリアーパーツになってるっぽいです。背中には3㎜穴が開いておりHG等のバーニングエフェクトの取り付けが可能。

ベアッガイFはプチッガイの着脱が可能!チェアーストライカーも外せます。プチッガイとママッガイは手足が可動とかなり気合入った作り。

グリモアは少し小柄に作られていて可愛いですw

アドヴァンスドヘイズルは、前弾のヘイズル改(ティターンズカラー)と組み合わせることでティターンズカラーのアドヴァンスドヘイズルが作れます。

V2バスターも前弾のV2アサルトとの組み合わせが可能。V2アサルトバスターが作れます!(フル装備ではなく劇中仕様)







――――――――

今回は、HGBFカテドラルガンダムの紹介です

PA049835.jpg






「オレはお前だけには負けられねェ!!!」

hgbf_cathedralgundam (1)
NK-13 カテドラルガンダム


二代目メイジンのガンプラ。病魔に冒されたメイジンが、自身が持つ技能のすべてを後世に残すために製作した。装備はライフルとシールドというシンプルなものだが、ファイターに技能を極限まで引き出すように製作されており、扱うファイターのスタイルに合わせて変幻自在の性能を発揮する。後に本機は、イノセ・ジュンヤの手に渡りディナイアルガンダムとして生まれ変わる。本機が格闘戦用の機体として高い性能を発揮できたのも、元来有していたこの仕様のおかげである。尚、カテドラルは「大聖堂」の意
ビルダー:二代目メイジン・カワグチ、ファイター:二代目メイジン・カワグチ、ソメヤ・ショウキ



「ガンダムビルドファイターズA」より、「トライ」でジュンヤが使用したディナイアルガンダムの原型機でる、二代目メイジンが製作したガンプラがキット化!ディナイアルとは肩や膝等一部の形状が異なり、カラーリングも白と金を基調とした神々しいイメージの機体になっています。
キットはHGBFディナイアルガンダムの流用で、形状の異なる箇所や専用装備が新規パーツで封入されています。説明書、付属シールも新規。説明書は、一般商品とほぼ同一フォーマットで、フルカラーな上機体や武器解説も載っています。
プレミアムバンダイ限定商品で2015年8月に発送されました。




頭部
hgbf_cathedralgundam (2)
カラーリングの変更により大きく印象が変わっていますが、形状自体は全く同じ。後頭部のエフェクト取り付け部分は新規パーツで蓋がされ、その分トサカが延長しています。

尚、本体でディナイアルと異なっているのは、肩アーマー、肘アーマー、スカート、膝アーマーです。




hgbf_cathedralgundam (28)
キットの色分けは、中々優秀。大体はディナイアルと同じなので、足りない箇所もほとんど同じです。肩のグレー&白、前腕白、脹脛、足のグレーはシールで補うことが可能です。特徴的な金色の成形色は写真のような感じ。メタリックなので、ウェルドラインはどうしても入ってしまいますが、良い感じの成形色になっていると思います。
ちなみに、ディナイアルのパーツはクリアーパーツ以外全て付属しているので、色違いのディナイアルがほぼ組むことが出来ます。


今回は、限定キットですが、いつものようなパチ組み+塗装で製作しています。
金色は黒下地に、スターブライトブラス。その上からクリアーイエローとクリアーオレンジを塗装しました。






可動
hgbf_cathedralgundam (3)
可動範囲はディナイアルとほぼ共通。

肩アーマーは形状が大きく異なっていますが、構造は同じようになっています。一見腕がよこに上がらなそうなデザインをしていますが、側面のアーマーが大きく可動し、付け根部分でも若干上に上がるので、写真くらいは可動します。





hgbf_cathedralgundam (4)
ディナイアルでは、1枚の前垂れだったフロントスカートはオーソドックスなタイプに。左右切り離すことで独立可動します。サイドスカートは太もものジョイントに接続。リアスカートも可動します。










hgbf_cathedralgundam (5)
hgbf_cathedralgundam (6)
フル装備

ディナイアルにはなかった大型のバックパックと、ライフル&シールドの一般的な兵装により同一機体とは思えないほど印象が変わりました。







hgbf_cathedralgundam (7)
ビームバスターライフル

メイン武装。命中精度が高く威力は任意に調節可能。


大型のライフルで、両側面に付いているのが特徴的。持たせる際は一度グリップを外して行うと持たせやすいです。(説明書にもいったん外す指示になっています)




hgbf_cathedralgundam (8)
銃口には偏光フィニッシュを貼ってレンズっぽくしました。






hgbf_cathedralgundam (9)
フォアグリップを使って両手持ちも可能。グリップは、3か所任意の位置に取り付けられます。







hgbf_cathedralgundam (10)
カテドラルの持ち主であるショウキについては、3巻以降読んでいないので分かりませんが、元ダンサーだったらしく、バトルでもダンスを活かした戦い方をしているような印象でした。(ガンダムA9月号)









hgbf_cathedralgundam (11)
シールド

粒子貯蔵タンクとしての機能を持ち、内部の粒子を開放することでエネルギー系の攻撃を表面で拡散する。

サイズはだいぶ小ぶりです。







hgbf_cathedralgundam (12)
シールドの接続は、ディナイアルのビームソードと同じく、袖のスリットに差し込みます。







hgbf_cathedralgundam (13)
ライフルはバックパック、シールドはリアスカートにマウント可能。

レビューではほぼ使っていませんが、Gポータントやトランジェントガンダムに付属したランナーレスのスタンドが付いてきます。色は本体と合わせたクリアーイエロー










hgbf_cathedralgundam (14)
ビームロングダガー

要は普通のビームサーベルポジションの武器。AGE系のような長短2本ずつ入ったビーム刃が付属しています。デフォルトは短い方のダガーらしいですが、気づかず長い方ばかり使っていました・・・w





hgbf_cathedralgundam (15)
柄は普段どこに収納しているのかは分かりません。









hgbf_cathedralgundam (16)
















hgbf_cathedralgundam (17)
カテドラルブースター


新規のバックパックと武装は合体して支援機に。台座穴は開いていませんが、底面に来るライフルのグリップが3㎜ジョイントになっているのでそれを外せば一応台座が使えます。






hgbf_cathedralgundam (18)














hgbf_cathedralgundam (19)
クレッセントムーンボウ


各装備を合体させた武器。名前は弓(ボウ)だが、うち出されるのは高密度に圧縮された粒子であり、絶大な威力を持つ。


ブースターから、ライフルのストックを引き出し、シールドとフォアグリップの取り付け位置を変更。ウイング先端を可動させ、ライフルのストックにビームダガーを取り付けることで変形完了。巨大な弓状の武装になります。





hgbf_cathedralgundam (20)
巨大な武器なので見栄えが良いです







hgbf_cathedralgundam (21)













hgbf_cathedralgundam (22)














hgbf_cathedralgundam (23)
激闘を繰り広げたHi-νガンダムヴレイブと

カテドラルは胸がコンパクトでスマートな体型、Hi-νブレイブは重装備なので、ボリューム差を感じますが、頭頂高は同じくらい。







hgbf_cathedralgundam (24)
「何を笑ってやがる!何がおかしい!」

「おかしくはない 楽しいのさ!!これ程の敵とバトルできていることが!!」






hgbf_cathedralgundam (25)
「コイツで全部吹き飛ばしてやる!ユウキ・タツヤァァ!!」

「大技の撃ち合いか・・・・・・面白い!受けてたとう!!」




アメイジングヴレイブブースターの組み方が分からない・・・w








hgbf_cathedralgundam (26)
ディナイアルガンダムと

共通部は多いもののカラーリングの違いでかなり印象が違います。また、バックパックと武器の有無によってボリューム感にも大きな差が。









hgbf_cathedralgundam (27)
二代目のカテドラル、三代目のザクアメイジングで

カテドラル単体を弄っているときは特に気にならなかったのですが、通常MSサイズのザクと並べるとかなり身長差がありあらためて大型機ということを認識しますw





以上、HGBFカテドラルガンダムでした。ディナイアルの流用キットですが、新規パーツが多く色も全然違うのでかなり印象の違う機体になります。ビルドバーニング譲りの可動範囲の広さに加え、支援機や組み換えギミックなど非常にビルドファイターズらしいキットに仕上がっていました。





HGBFディナイアルガンダム
HGBF ディナイアルガンダム

HGBF Hi-νガンダムヴレイブ
HGBF Hi-νガンダムヴレイブ

HGザクアメイジング
HGBF ザクアメイジング



関連記事
スポンサーサイト
2015/10/04 Sun. 20:56 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://g03lgx.blog18.fc2.com/tb.php/1185-9ec7c509
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)