03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

G-01格納庫

ガンプラ等のプラモやフィギュアのレビューと戯言のブログ

900.HG ガンダムバルバトス 

鉄血OPのバルバトスが第2形態になってる・・・!


昨日今日と近くのゲーセンでマキブONのロケテをやっていたのでチラッと見てきました。やってはない・・・w
魂ネイションはプロトドライブが欲しかったのですが、去年のレバロン程ではないので抽選販売にすることにして今年は行きませんでした。


製作物
PB010013.jpg
HGIBOシュヴァルベグレイズ

ほぼ完成です。




――――――――――

今回は、HG IBOガンダムバルバトスの紹介です。

PA039797_20151101181447de1.jpg







「いくぞ バルバトス」

hgibo_gundambarbatos (1)
ASW-G-08 ガンダムバルバトス


約300年前、文明を衰退させるほどに人類が自らを追い込んだ「厄祭戦」「バルバトス」はその時代に製造された古いMSである。当時の技術をもってしても「エイハブリアクター」を2基搭載し、高出力で並列稼働させるのは非常に困難だったため「ガンダムフレーム」を採用した機体で72機がロールアウトした。その72機すべてに個体名が登録されており、バルバトスはガンダムの名を冠する希少なMSの一機である。
高出力、高機動によるパイロットへの高い負荷は、リアクター内で真空素子が相転移した際に発生する「エイハブ粒子」を用いたイナーシャルコントロールによって軽減を実現。リアクターの前面にコックピットが配置された構造はこのためである。同フレームの機体の中でもバルバトスは汎用性を重視した調整がされており、各種兵装への換装を行うことであらゆる環境に適応できる可能性を秘めている。
尚、バルバトスはソロモン72柱の悪魔の1柱、30の軍団を率いる序列8番目の公爵の名。

パイロットは、三日月・オーガス
阿頼耶識システムの施術を3度受けており、有機デバイスシステムによる交感を必要とする古いMSであるバルバトスとの相性が非常に良い。




ガンダムシリーズ最新作「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」より、主人公 三日月・オーガスが搭乗する主役MS ガンダムバルバトスがHGでキット化!TV放映開始の1日前である10月3日に発売されました。

ガンダム作品では00のスローネ、その他ではファフナー等のメカデザインで有名な鷲尾直広氏デザインということで、トリコロールカラーや頭部構成等ガンダム的な記号を残しつつも独特なデザインになっています。特に一本の軸とシリンダーのみで繋がった非常に細い腰が特徴的。
そんなバルバトスのHGキットですが、やや癖のあるバランスのデザイン画から普通のガンプラ体型へと調整され、立体としてカッコよくまとまっています。量産機のグレイズと同様に各部からフレームが露出しており1/144キットながら情報量が多いのもポイント。価格も1000円+税と据え置きになっています。








hgibo_gundambarbatos (2)
大型のアンテナや顎の形状が独特ですが、ガンダムの一体として普通に認識できるデザインになっています。フェイス部分は意外と普通なガンダム顔になっていますね。






ーム

hgibo_gundambarbatos (29)
HGキットとしては非常に珍しくフレームだけでほぼ人型として組めるような構造になっています。(足首のポリキャップは外装側との挟み込みになるのでこの形態では安定しません)


キットの色分けですが、頬の黄色等頑張ってはいるものの、結構複雑な配色の機体でもあるので足りない箇所は多め。目立つところでは肩の黄色、サイドアーマーの赤とグレー、褌部グレー、脹脛グレー等、ある程度は付属のシールで補完は可能です。
ポリキャップの色がフレームの色に合わせてあるのはポイント高いです!

また、本シリーズでは、組み立てやすさも考慮されており、ランナーの配置が部位ごとにまとめられていたり、番号が大き目になって見つけやすくなっていたりしています。


今回は、つま先の肉抜き穴を埋めた以外はパチ組み、ほぼ全塗装で製作しています。
前腕の合わせ目や、一発抜きによる肩アーマーのモールドの凸凹関係等気になる箇所はありますが完成させることを優先してスルー(残念な結果になる予感しかしない・・・w)

腰のシリンダーには、相当前に買ったシルバーの金属箔を貼り付け。目には偏光フィニッシュを貼りました。









hgibo_gundambarbatos (3)
キットはPC-002とKPSの最近のキットと共通仕様ですが、構造は独自のものになっており必要最低限しか入っていないPC-002から余りが出ます。


腕は真横以上まで上げることができます。肩アーマーは腕とは独立して可動。





hgibo_gundambarbatos (4)
胴体と腕とはボールジョイントで接続。ポリキャップはREVIVEガンダムやフリーダム等と同じく上方にスイングする構造で、肩回りの可動範囲は非常に優秀。

肘は1軸ですが、90°以上は曲がります。





hgibo_gundambarbatos (5)
胸部はエイハブリアクター?の円柱部分を軸に前後にスイング





hgibo_gundambarbatos (6)
腰はボールジョイント。腰の細さと可動の妨げになる部分が無いことで回転も問題なし。

股関節は基部で前後にスイング。開脚は真横まで開きます。さらに、足首の可動が非常に優秀で、真横まで広げても接地します!00ガンダム以来の感動!(まあ、ここまでできなくてもアクションには困らないのですが・・・w)




hgibo_gundambarbatos (7)
膝は2重関節。また、つま先部分が可動するようになっています。



総じて可動範囲は非常に優秀なキットに仕上がっています!










hgibo_gundambarbatos (8)
バルバトスは武装が非常に個性的です







hgibo_gundambarbatos (9)
メイス

MSのフレームにも採用されている高硬度レアアロイを用いた質量破壊兵器。ナノラミネートアーマーに守られたMSに対しては。こうした打撃武器が有効とされている。先端部に槍のように突き出す射出機構を持つ。


バルバトスのメイン武装。棍棒による打撃がメイン戦法という、本体デザイン以上に個性的な機体です。






hgibo_gundambarbatos (10)
柄が長く、可動範囲が優秀なので両手持ちも余裕

キットは2パーツ構成のシンプルな作りなので、先端のパイルバンカーや刃裏面のスラスター展開ギミックは再現されていません。






hgibo_gundambarbatos (11)
股間下のジョイントにより各種台座に対応。バックパック中央のスラスターは可動します。


また、つま先には先端部分に若干肉抜き穴がありますが、ほんの少しなのでSSPで埋めました。ちなみに、アンテナ裏面にも肉抜き穴が開いているのですが、そっちはそのまま。えー








hgibo_gundambarbatos (12)
太刀

テイワズの本部「歳星」のファクトリーで錬成されたMS用の刀剣。軽量で扱いやすく局所攻撃時に優位性を発揮する。


本編ではまだ未登場の太刀。実際はダークグレー一色のようですが、刃部分はブレードシルバーで塗り分けました。





hgibo_gundambarbatos (13)
1/100キットとは柄の形状が異なり、こちらは刃と柄が一体になっているような状態です。





hgibo_gundambarbatos (14)
キットは普通の穴あき手しか付属しませんが、バルバトスの手は結構独特な形状をしているので平手も付けて欲しかったですね。







hgibo_gundambarbatos (15)











hgibo_gundambarbatos (16)

ジョイントパーツを取り付けることで、メイスと太刀を背中にマウントできます。








hgibo_gundambarbatos (17)
バックパックはアームパーツを取り付けることで展開状態を再現できます。アームは2本付属で長さが異なります。取り付け箇所は上下2か所から選択。















1形態
hgibo_gundambarbatos (18)
肩アーマーを外し、左腕を交換することで、初登場時の第1形態を再現可能!


尚、キットや設定画での基本形態は第4形態で、テイワズのデータベースで記録された資料を元に復元されたものになります。







hgibo_gundambarbatos (19)
フレームが露出した肩と左右非対称の腕が特徴的。左腕には、火星での発見時にすでに装備されていたガントレットが取り付けられています。

ガントレットはフレームと同じダークグレーなのでブルーグレーで塗装する必要があります。肘アーマーも同様にブルーグレーなのですが、完成まで気付かずフレーム色で塗ってしまいました・・・w








hgibo_gundambarbatos (25)










hgibo_gundambarbatos (20)











hgibo_gundambarbatos (21)
「貴様!モビルワーカーを狙うとは なんと卑怯な!」


「どの口が言うんだ」






hgibo_gundambarbatos (22)
「武器を投げるなんて!」





hgibo_gundambarbatos (23)








hgibo_gundambarbatos (24)
「その声!貴様、まさか・・・子供か!?」


「そうだよ。あんたらが殺しまくったのも、これから・・・あんたらを殺すのも」



クランク二尉はギャラルホルンの良心でした・・・










hgibo_gundambarbatos (26) hgibo_gundambarbatos (27)
胸や肩、膝のマークはいかにも発光しそうな感じなので、アルペジオカラーのルミナスピンク+ガイア蛍光ピンクで塗装しました。
ブラックライトを当てると発光します。

ちょっとピンクすぎたのでもうちょい赤っぽくした方が良かったかも・・・







hgibo_gundambarbatos (30)
HG IBOグレイズと

グレイズの肩パーツは劇中同様にバルバトスへ取り付けることが可能となっています。別途肩パーツを用意して第2形態を再現する予定なので取り付けた状態は後日載せようとおもいます。




以上、HG IBOガンダムバルバトスでした。成形色段階の色分けは若干物足りないですが、HGながら内部フレームが存在し、本体の可動範囲は非常に優秀。2形態への換装が可能と、新シリーズの主役にふさわしい意欲的な内容のキットに仕上がっていると思います。
別キットやカスタムパーツの組み合わせにより別形態を再現可能といった拡張性があるのも良いですね。
鉄血シリーズは、現状月3体ペースでリリース予定のようなので今後のキット展開にも注目ですね。








HGIBOグレイズ(一般機指/揮官機)
HG IBO グレイズ(一般機指/揮官機)


関連記事
スポンサーサイト
2015/11/01 Sun. 20:38 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://g03lgx.blog18.fc2.com/tb.php/1193-8b914c38
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)