03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

G-01格納庫

ガンプラ等作ったりフィギュアや食玩で遊んだりする自己満足ブログ

902.ミニプラ シュリケン合体シリーズ01 シュリケンジン(2) 

めぐn・・・モカ姉!






ミニプラシュリケンジン続きです。

minipura_syurikenjin (22)




「もう一度回せってのか。よーし!」

「シュリケン合体!」



5体のオトモ忍がシュリケン合体!
minipura_syurikenjin (23)
『ソイヤ!ソイヤ!ワッショイニンジャ!』






minipura_syurikenjin (24)










「今名付けた!シュリケンジン!」
minipura_syurikenjin (25)













「超熱いぞこれ! 神輿だワッショイ!」
minipura_syurikenjin (26) シュリケンジン

オトモ忍シノビマルが胸部に合体した姿。シノビマルの特性を活かした、忍法とアクロバッティックなアクションによる戦闘が得意。忍法剣“ドラゴソード” と、忍法盾“ドラゴシールド”を武装。ドラゴソードによる乱れ斬り、必殺技“シュリケンジン・アッパレ斬り”で敵をド派手に爆発四散させる。 (公式サイトから引用)


5体のオトモ忍が合体して完成。胸部にシノビマルが搭乗し、まるで操縦しているかのようなデザインが非常に個性的。
また、肩や脛の提灯等お祭り的な要素もあり、忍者らしからぬ煌びやかで派手なロボになっています。(過去の忍者戦隊ロボも派手派手でしたがw)
ミニプラで立体化される際、スマートなプロポーションにアレンジされることが多いですが、今回も同じように脚の長いスタイリッシュな体型になっています。






可動
minipura_syurikenjin (27)
腕は左右でデザインが異なり関節構造も異なっていますが、両腕とも真横くらいまで上がります。

頭部はデザイン上固定。フェイス部分が軸接続なのでここだけで少しだけ左右に振ることはできます。というか実際のスーツもそんな感じっぽいです。





minipura_syurikenjin (28)
右肘は1軸ですが、180°近くまで曲がります。上腕ロールは無し。ただし、手首が回転するのでそこまで不自由さは感じません。







minipura_syurikenjin (29)
左腕は、そのままでは、肘が若干曲がります。ただ、可動部はだいぶ上の方。

今回、肘部分にHGBCパワードアームズパワーダーの関節を仕込んで可動範囲拡大と上腕ロール、腕の長さの延長を行いました。






minipura_syurikenjin (30)
股関節は真横まで可動。足首は変形の関係で前後に曲がりますが、左右には動かせないので接地は微妙。


総じて可動は、去年のトッキュウオーより劣りますが、デザインや合体ギミックによるところも大きいので十分頑張っているかと。








武器
minipura_syurikenjin (31)
忍法剣 ドラゴソード

ドラゴマルの尻尾はシュリケンジンの武器に。尚、一部写真は間違えて付け根パーツが腕に付きっぱなしになっています・・・








minipura_syurikenjin (32)
忍法盾 ドラゴシールド


ドラゴマルの翼が組み合わさってシールドに。ドラゴマル足裏のジョイントにマウントされます。










minipura_syurikenjin (33)









minipura_syurikenjin (34)
腰後ろには3㎜穴が開いているので各種台座を使うことが出来ます。









「これで決まりだ!」
minipura_syurikenjin (35)










「シュリケンジンアッパレ斬り!」
minipura_syurikenjin (36)









minipura_syurikenjin (37)


















さらに、シュリケンジンにはもう一つの形態が!



『ドラゴ!ドラゴ!ワッショイ!』
minipura_syurikenjin (38) シュリケンジンドラゴ

オトモ忍ドラゴマルが胸部に合体した姿。ドラゴマルの特性を活かした、ミステリアスな魔法と忍法による戦闘が得意。魔法忍法トルネードを起こして敵を巻き 込んだり、テイルで敵を弾き飛ばすワイルドな戦いも。口から発射する必殺技“シュリケンジン・ドラゴバースト”で敵を粉砕。



シノビマルに代わり、ドラゴマルが胸部に搭乗して完成するドラゴン形態。
シノビマルは左腕に変形し、シールドとソードは羽と尻尾に。








minipura_syurikenjin (39)
ドラゴマルの頭部には専用の忍シュリケンを装着。

口が開閉しますが、DXと違い口の中にシュリケンジンの顔が造形されていないので、シールを貼らなければ見栄えも悪くないです。







minipura_syurikenjin (40)
シノビマルの肘部分も加工し、パワードアームズパワーダーの関節を組み込みました。






minipura_syurikenjin (41)











minipura_syurikenjin (42)











minipura_syurikenjin (43)













「忍ばずワッショイ!!」
minipura_syurikenjin (44)





以上、ミニプラシュリケンジンでした。一箱350円と値上がりしていますが、最初からメタリックシールが採用され、成形色も多色使われているのでそのままでもなかなか見栄えよく仕上がるかと思います。合体形態が2形態用意されているのでプレイバリューも広く、今後の商品との連動ギミックもありシリーズ通して楽しめるアイテムとなっています。







ミニプラシュリケンジン(1)
 ミニプラシュリケンジン(1)


関連記事
スポンサーサイト
2015/11/07 Sat. 23:23 | trackback: -- | comment: -- | edit