09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

G-01格納庫

ガンプラ等のプラモやフィギュアのレビューと戯言のブログ

903.HG シュヴァルベグレイズ(マクギリス機) 

プリキュア1週休みからのガチ回!


製作物
PB080136.jpg
HGBFガンダムドライオンⅢ

作らないとと思いつつ長い間放置してましたがようやく組み立てました。







―――――――――

今回は、HG IBOシュヴァルベグレイズ(マクギリス機)の紹介です。


PA179903_20151108180810907.jpg






「船を任せるぞ 私も出る」


hgibo_schwalbe_graze_mcgillis (1)
EB-05s シュヴァルベ・グレイズ


シュヴァルベ・グレイズは現在ギャラルホルンが地球圏及び圏外圏に配備を行っている主力量産MSグレイズと同型のフレームを用いた姉妹機である。グレイズの開発過程において、より高出力、より高機動を目標とした試験機の一つとして生まれたのが本機であり、ギャラルホルン内部では、事実上はグレイズの同型機という扱いをされている。
更なる汎用性の向上を図ったグレイズを比べ、低出力時の機体の安定度が劣り、操縦にはパイロットの技量が求められる。反面、最高出力に勝る分、戦闘の苛烈さが増すほどに性能を発揮。また、指揮官仕様で運用される本機は、搭乗者が固定されている場合が多く、パイロットに合わせたカスタマイズが行われ、機体ごとに個性が際立つ傾向がある。グレイズ用の兵装に換装が可能。

主なパイロットは、マクギリズ・ファリド、ガエリオ・ボードウィン



「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」より、ギャラルホルンのチョコレートの人(笑)が搭乗するグレイズの上位機種がキット化!
HGIBOグレイズ(一般機)のバリエーションキットで、フレーム部分と外装の一部が共通デザインとなっています。しかしながら、頭部や肩、腿といった目に付きやすい部分の形状が変わっているのとカラーリング変更により、通常のグレイズから大きく印象が変わっています。がンダムじゃなければ十分主役張れそうなデザインですw




頭部
hgibo_schwalbe_graze_mcgillis (2)
通常のグレイズから大きく印象が変わり、ちゃんと「顔」のあるデザインになっています。指揮官機ということで頭頂部には大型のアンテナが。



キットの色分けですが、そこまで色数の多いカラフルな機体ではないので組み立てるだけでも設定に近い印象に仕上がります。色分けされていないのは、一般機と同様の黄色部分、肩前後の小型スラスター、腿側面のグレー、ワイヤークローやアックスのライトグレー等

合わせ目に関しては、目立つのは一般機は脛ぐらいでしたが、今回はそれに加えて肩や、腿、フライトユニットにも出ており、これらを処理しつつ製作していこうとすると少し手間がかかりそうです。


今回の製作もパチ組み+ほぼ全塗装

頭部センサーや胸部の黄色部分は、全て偏光シールを貼りました。








可動
hgibo_schwalbe_graze_mcgillis (3)
通常グレイズ同様にフレームに外装を取り付けていく方式なので、関節構造は共通。
可動範囲も大体同じくらいですが、腿側面に付いているパーツとサイドスカートが干渉するので股関節の可動が若干制限されます。





hgibo_schwalbe_graze_mcgillis (4)
背中に取り付けられたフライトユニットは根本がボールジョイント、メインスラスターが円柱を軸に180°程スイング、ノズル自体もボールジョイントで若干可動します。









武装
hgibo_schwalbe_graze_mcgillis (5)
武器装備









hgibo_schwalbe_graze_mcgillis (6)
ライフル

携行装備は通常のグレイズと共通です。





hgibo_schwalbe_graze_mcgillis (7)









hgibo_schwalbe_graze_mcgillis (8)













hgibo_schwalbe_graze_mcgillis (9)
バトルアックス


サイドスカートにマウント可能








hgibo_schwalbe_graze_mcgillis (10)











hgibo_schwalbe_graze_mcgillis (11)
ワイヤークロー

シュヴァルベ・グレイズの固有武装で、敵MSの拘束や敵船に取り付くために利用される。



成形色はフレームと同じ暗いグレーなので、気になる場合は塗装する必要があります。
先端部分には突起が付いているのですが、安全基準のフラッグだと思い切り取ってしまいました。設定画やイラストにもちゃんと描かれているので注意・・・






hgibo_schwalbe_graze_mcgillis (12)
リード線とジョイントパーツを取り付けることでアンカー射出を再現できます。






hgibo_schwalbe_graze_mcgillis (13)












hgibo_schwalbe_graze_mcgillis (14)
一般機と同様、頭部カバーが展開し球型のセンサーが露出します。

ヒロイックなデザインの頭部からちょっとキモイ目玉みたいなのが出てくるギャップが面白いです。







hgibo_schwalbe_graze_mcgillis (15)












hgibo_schwalbe_graze_mcgillis (16)
グレイズ一般機と


共通部分は多いですが、印象は大分変わっています。








hgibo_schwalbe_graze_mcgillis (17)














hgibo_schwalbe_graze_mcgillis (18)
ワイヤークローはHGIBOガンダムバルバトスの腕に取り付け可能。グレイズの肩アーマーを取り付けることで第3形態を再現できます。

設定通りに仕上げる場合は、肩を白と青で塗り、ワイヤークローをメガブルーガエリオ機カラーで塗り分ける必要があります。






以上、HGIBOシュヴァルベグレイズ(マクギリス機)でした。一般機の流用キットで共通部分は多いですが、外装の半分くらいが置き換わり色も違うので印象は大きく変わってヒロイックな機体になっています。価格も共通で1000円+税というのも良いですね。
そして、やはりといった感じでガエリオ機がプレミアムバンダイで発売決定。特徴的なランスもオプションセットの流用で付いてくるようです。






HGIBOグレイズ(一般機指/揮官機)
HG IBO グレイズ(一般機指/揮官機)

HGIBOガンダムバルバトス
HG IBO ガンダムバルバトス



関連記事
スポンサーサイト
2015/11/08 Sun. 20:56 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://g03lgx.blog18.fc2.com/tb.php/1197-bbff9b26
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)