05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

G-01格納庫

ガンプラ等のプラモやフィギュアのレビューと戯言のブログ

918.HG すーぱーふみな 

あと10日で正月休み

購入物
PC190632.jpg
HGIBOマンロディ



PC190676.jpg
プリパラマスコットセレクション

プリパラマスコットの新作が出てたので2回だけ回してきました。今回は覚醒ファルル、アロマゲドン、ふわりと主に2期の新キャラメインのラインナップ。
とりあえず一番の目当てだったあろまが出たので満足。そしてもう一体はめが姉ぇ!祝立体化wこれが今回のシークレットっぽいです。(ちなみに先に出たのはこっち)






製作物
PC190634.jpg
HGIBOガンダムグシオン

今週から朝に余裕ができたので一気に完成させました。



――――――――――

今回はHGBFすーぱーふみなの紹介

PC190690.jpg



「これぞワイの最高傑作!すーぱーふみなや!!」
hgbf_superfumina (1)
SF-01 すーぱーふみな


サカイ・ミナトがメイジン杯のオープンコースに出品したガンプラ。ホシノ・フミナへの想いを具現化しており、彼女自身をモデルに作られている。ただし、モデルとすることをフミナ本人に許可を取っていない。デザインと武器はパワードジムカーディガンを模している。ちゃんとガンプラバトルをさせることも可能。
洋服に見えるアーマーは被弾するとキャストオフすることで攻撃のエネルギーを本体に伝えない工夫がされている。型式番号のSF-01は、SAKAI FAVORITE(サカイお気に入り)No.1とSUPER FUMINAのダブルミーニングである。
ビルダー、ファイター:サカイ・ミナト



「ガンダムビルドファイターズトライ」より、最終話に新しく登場したガンプラの中でもダントツの存在感とインパクトを残したミナト製作のガンプラがキット化!フミナをモチーフとした所謂MS少女というカテゴリで、立体物が出るとしてもどういった形体で出るのか気になっていましたが、ちゃんと「ガンプラ」として発売されました。

デザインとしては、フミナが自身の使用機体であるパワードジムカーディガンを着込んだ感じとなっていますが、単にアーマーを来ているのではなく、ジムの装甲をメイド服風にアレンジしているのが秀逸です。さすがサカイはんフミカネ氏!
キットは、武装の一部をHGBFパワードジムカーディガンから流用していますがほぼ完全新規。ガンプラといいつつ、キャラモデルとしての側面の方が大きいですが非常に良い感じに可愛く作られています。ただし、サイズはかなり大き目で1/100キットくらいの全高に・・・設定は25mクラスの大型機となっているので間違ってはないのですが^^;




hgbf_superfumina (2)hgbf_superfumina (3)
フミナそのままな頭部
キットの商品画像は陰の当たり具合からかちょっと怖く見えますが、実物は十分可愛く作られています。髪の毛の造形はHG故か先端が丸っこくてちょっと微妙かな。
サラサラヘアー、目パチといったミナト渾身のギミックはさすがに再現されていませんが、目部分をクリアーパーツ化することで見る角度を変えても目線が合うというギミックが搭載されています。



キットの色分けは、スパッツを除けばほぼ完璧。眉毛を別パーツ化するあたりにバンダイなりのこだわりを感じますw瞳、まつ毛はシールで再現となりますが、予備含めて5セット分も入っています。ヘッドドレス、エプロンは軟質素材。
色分けがされておらず、シールでも再現されていない部分は、襟部分ベルトやバックパック、脚裏のグレーくらい。


今回の製作についてですが、脛部分のみ合わせ目を消すために接着した以外はほぼパチ組み。
塗装は、瞳は付属のシールを使用。その他は塗装しました。肌はキャラクターフレッシュ1、2で成形色よりも血色が良い感じの色で塗装。
顔は頬にウェザリングマスターでチークを入れ、唇はクリアーでグロスにしました。



hgbf_superfumina (9)
ちなみに、瞳パーツは、シールを貼る用のものに加えて、塗装向けにモールドが掘られたものが付属しています。






可動
hgbf_superfumina (4)
今回使用されているポリパーツは、フィギュアライズ6やスターウォーズ系に使われているもののようです。

腕は真横どころかかなり上まで上げることが可能。ただしジョイントが丸見えになるので見栄えはやや微妙なことになりますが。



hgbf_superfumina (5)
肩の付け根はボールジョイント+ごくわずかに前後スイング

おっぱい大きいのでその分干渉しますが、両腕をクロスさせらせそうなくらい前に向けられます。




hgbf_superfumina (6)
胴体は、胸部と腰がダブルボールジョイント接続。デザイン的に捻りは胸側がメインになります。

肘は2重関節ですが90°程度。



hgbf_superfumina (7)
股関節は軸ジョイントで開脚はこのくらい。パワードジムの装甲をアレンジしたスカートは軟質パーツに接続されているので脚の可動を妨げないようになっています。
尚、股関節部分では横ロールできませんが、ニーソックス部分に回転用の軸が存在しています。

足の接地性はそこそこ。足首ジョイントはポリパーツになっているので自立させようとすると少しフニャフニャして立たせづらいです。






hgbf_superfumina (8)
膝は2重関節


キットはかなり大型化してしまってますが、その分各関節は保持力良好かつポリキャップなのでスムーズに動かせます。






武器装備
hgbf_superfumina (10)
手首は両平手に加え、右ライフル持ち手、左穴あき握り手が付属。






hgbf_superfumina (11)
ランナーレス台座が付属。そのままだと高さが足りないので延長パーツが新規に付いています。すーぱーふみなに合わせて☆ディテールが。


台座との接続はバックパック下部の穴で行います。さすがに下腹部に穴を開けるわけにはいきませんよねー(意味深)
普通のキットと同様に3㎜軸系の各種台座にも対応。






hgbf_superfumina (12)
ビームマシンガン

3点バースト式のライフル
HGBFパワードジムカーディガン、パワードアームズパワーダー付属のものと同じものです。センサー部分はメタリックテープを貼り付け。






hgbf_superfumina (13)
フォアグリップは可動しますが。左の穴あき手では持たせられませんでした。









hgbf_superfumina (14)










hgbf_superfumina (15)










hgbf_superfumina (16)
大型ライフル

バックパックから両肩に突き出た大型の実体弾ライフル

こちらも多関節アーム含めパワードジムカーディガンと共通なので、自由に角度調整可能。ライフルはパワードアームズパワーダーに付属のガトリングに換装することも出来ます。


また、両腕のガトリングガンですがキットでは開閉ギミックは再現されていません。ただし、余剰パーツとしてカーディガン用のガトリングは付属しています。






hgbf_superfumina (17)












hgbf_superfumina (18)
足裏は、つま先に少し肉抜き穴が開いています。バーニアが大分薄いので立体感はやや微妙。
また、お尻がしっかり造形されているのが高ポイントw


「下から覗かないで!!」





hgbf_superfumina (19)
シールド

バックパックの左右に装備された小型のシールド。ファンネルとして遠隔操作可能。

こちらは、アーム部分は流用ですが、シールド自体は新規で細部もコンパクトになっています。


両肩に付いているビームサーベルは取り外しは可能ですが、ビーム刃は付いてきません。規格も合ってないかも




hgbf_superfumina (20)
先端にはクリアーパーツのビーム刃を取り付けることが出来ます。

この辺はスターウイニングも参考にしてそう。







hgbf_superfumina (21)











hgbf_superfumina (22)







hgbf_superfumina (23)








hgbf_superfumina (24)









hgbf_superfumina (25)
物が物なので可愛いポーズとかもとらせたくなりますw

「変なポーズとらせないで!!」









hgbf_superfumina (26)
モデルとなったパワードジムカーディガン、FAGと(バンダイこれに対抗しただろ)


FAGもちょっと大きいと感じていましたが、すーぱーふみなと比べるとかなり小さいです。というかすーぱーふみなはFAGくらいのサイズで出ると思ってました・・・w


そして、カーディガンと見比べると本当デザインのアレンジが上手いなぁーと







hgbf_superfumina (27)
「ユウマ!自分にワイのガンプラが撃てるか!こんなにかわいいすーぱーふみなを!!」
VSライトニングZ






hgbf_superfumina (28)
トライファイターズ最終形態(違)で


劇中はほぼ同じくらいの大きさでしたが、キットではここまで差が出ますw




以上、HGBFすーぱーふみなでした。まずは、これをガンプラとして出したところが高ポイントですねw
キットとしては、劇中と比べるとかなり大型化してますが非常に可愛く出来ている上、ガンプラらしく作りやすく可動も(足首がやや気になるものの)安定してます。瞳のクリアーパーツや軟質素材といった謎のこだわりも面白いです。
HGBFは一般商品としてはこれで一区切りのようですが、限定商品としてまだ新商品が控えているのでそちらにも期待です。






HGBFパワードジムカーディガン
HGBF パワードジムカーディガン

HGBCパワードアームズパワーダー
HGBC パワードアームズパワーダー

HGBFライトニングZガンダム
HGBF ライトニングZガンダム

HGBFカミキバーニングガンダム
HGBF カミキバーニングガンダム


関連記事
スポンサーサイト
2015/12/19 Sat. 21:36 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://g03lgx.blog18.fc2.com/tb.php/1213-277fd946
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)