07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

G-01格納庫

ガンプラ等のプラモやフィギュアのレビューと戯言のブログ

930.ミニプラ シュリケン合体シリーズSP ダイノマル&シュリケンジン アッパレクリアバージョン 

ミニプラ ダイノマル&シュリケンジン アッパレクリアバージョンの紹介です。
P9239689.jpg

2014年の超トッキュウオーに続いてシュリケンジンもクリアーバージョンが一般販売で登場!
超トッキュウオーやビルドダイオーでは、クリアー成形+ラメ入りメタリックシールでしたが、今回は、クリアー成形+メタリックシールになっています。メタリックシールはニンニンジャーシリーズではデフォとなっているので、実質変更点は成形色のみ。その代わりとして、夏の劇場版で登場したオトモ忍ダイノマルが新規成形でラインナップ。映画限定+クリアー版を一緒にした内容となっています。
2015年9月発売 全6種 価格400円(税抜)


今回は、パチ組み+シールで製作しました。
それでは、まずはシュリケンジンから紹介していきます。


2.オトモ忍シノビマル(番号は商品ラインナップ順です)
minipura_syurikenjin_cv (1)
成形色が赤→クリアーレッド、白→クリアーホワイトに変更。

前作のトッキュウオーのメタリックシールは異様に剥がれやすかったですが、ニンニンジャーシリーズでは特にそんなことはありませんでした。



minipura_syurikenjin_cv (2)
通常版のシュリケンジンでは、シノビマルはある程度ポージングできるように改造しましたが、製品状態ではこの程度となっています。
首・肩が回転。股関節は左右一緒に前後可動。膝は独立して曲がります。







minipura_syurikenjin_cv (3)
 忍シュリケンが付属








3.オトモ忍ドラゴマル
minipura_syurikenjin_cv (4)
成形色は青→クリアーブル、黒→クリアーブラックに変更




minipura_syurikenjin_cv (5)
首、肩、股関節、膝、羽が可動







minipura_syurikenjin_cv (6)
忍シュリケンが付属。

ドラゴの下顎に貼るシュリケンジンの顔シールが付いていますが、ドラゴ時の見栄えを考慮して貼っていません。









4.オトモ忍ダンプマル
minipura_syurikenjin_cv (7)
成形色は黄色→クリアーイエロー、黒→クリアーブラックに変更



minipura_syurikenjin_cv (8)
タイヤは全て回転。後部のアームが展開










5.オトモ忍ワンマル

minipura_syurikenjin_cv (9)
成形色は白→クリアーホワイト、黒→クリアーブラックに変更



minipura_syurikenjin_cv (11)
頭はボールジョイントで可動。その他、首、前足、後ろ脚が前後に可動します。







minipura_syurikenjin_cv (10)
ビュンマルの後部車両も一緒に付いてきます。










6、オトモ忍ビュンマル
minipura_syurikenjin_cv (12)
成形色は黒→クリアーブラック、赤→クリアーレッドに変更

これ単体では後部車両が欠損した中途半端な状態となります。




minipura_syurikenjin_cv (13)
ワンマル付属の車両と組み合わせることで完全なビュンマルが完成。

裏面には車輪が付いておりコロ走行可能です。









minipura_syurikenjin_cv (14)
5体のオトモ忍が手裏剣合体!













minipura_syurikenjin_cv (15)
シュリケンジン


2~6を揃えることでシュリケンジンが完成。今回のシリーズではメタリックシールが最初から採用されているので、そこまで特別感は感じないですね・・・w





minipura_syurikenjin_cv (16)









minipura_syurikenjin_cv (17)







minipura_syurikenjin_cv (18)










minipura_syurikenjin_cv (19) シュリケンジンドラゴ


合体パターンの変更でシュリケンジンドラゴに








minipura_syurikenjin_cv (20)









minipura_syurikenjin_cv (21)






続いて完全新規となるダイノマルの紹介



1.オトモ忍ダイノマル
minipura_syurikenjin_cv (22) minipura_syurikenjin_cv (23)
「手裏剣戦隊ニンニンジャーTHE MOVIE 恐竜殿さまアッパレ忍法帳!」に登場する恐竜型のオトモ忍

映画限定メカはそれまでに登場したもののリデコ品となっていますが、今回はオトモ忍パオンマルのリデコとなっています。たしかによく見てみるとパオンマルと共通の構造になっているのが分かりますが、前後入れ替えて2足歩行にしており一見すると流用しているとは思えないほど別物になっています。
尚、ミニプラでは流用ではなく完全新規成形となっています。


成形色は、クリアーオレンジとクリアーグレーの2色。





minipura_syurikenjin_cv (24)minipura_syurikenjin_cv (25)
顎が開閉。尻尾は忍シュリケン部分で回転、途中で中折れ部分があります。









minipura_syurikenjin_cv (26)
組み換えで人型に変形


キャノン砲のように突き出した脚と胸の恐竜顔によって人型とは少しわかりづらいですね。というかこの向きでは顔が見えない・・・w







minipura_syurikenjin_cv (27)
顔は脚に挟まれてかなり奥まって見えます











シュリケンジンとダイノマルが手裏剣合体!
minipura_syurikenjin_cv (28)
シュリケンジンダイノ


1~6すべて揃えることで完成。シノビマルは右腕に変形し、胸にはダイノマルが搭乗。胸の恐竜顔によって、人型が乗ってる感は低めになって、通常ロボっぽいイメージになっています。





minipura_syurikenjin_cv (29)
顔は牙をイメージしたような攻撃的なデザイン。なんとなくアバレンジャーあたりを連想しましたが別にそこまで似てないですね・・・w









minipura_syurikenjin_cv (30)
ダイノマルの尻尾はダイノマルドリル、脚はダイノマルハンマーとして装備可能








minipura_syurikenjin_cv (31)










minipura_syurikenjin_cv (32)













minipura_syurikenjin_cv (33)














minipura_syurikenjin_cv (34)
以前製作したシュリケンジンと




以上、ミニプラダイノマル&シュリケンジン アッパレクリアバージョンでした。前作に続いてのクリアーの特別版ですが、今回はメタリックシールが最初から仕様となっているのでそこまで特別感は感じませんね。その代りというか毎年恒例の劇場版ロボがクリアー成形で新規にラインナップされているのがポイントとなっています。通常成形色のダイノマルは発売されていないので注意。




ミニプラシュリケンジン(1)
シュリケンジン(1)

ミニプラシュリケンジン(2)
シュリケンジン(2)

ミニプラ超トッキュウオーレインボークリアスペシャル(1)
超トッキュウオーレインボークリアスペシャル(1)

ミニプラ超トッキュウオーレインボークリアスペシャル(2)
超トッキュウオーレインボークリアスペシャル(2)




関連記事
スポンサーサイト
2016/01/11 Mon. 22:10 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://g03lgx.blog18.fc2.com/tb.php/1228-d69abe97
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)