03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

G-01格納庫

ガンプラ等のプラモやフィギュアのレビューと戯言のブログ

943.HG 流星号(グレイズ改弐) 

\イーグル!/\シャーク!/\ライオン!/「ヒョヒョ~ッ!?」

ジュウオウジャー始まりました。
1話見た感じでは素直というか王道な流れで良かったですね。デスガリアン相手にガリアンソード使うレッドw

そしてCMで、ジュウオウジャーチョコの当たりが出るとクリアーのミニプラジュウオウキングが貰えるキャンペーンが始まるとか・・・欲しい
でも必ず貰えるとなってるのに2000名とも書いてあるんですがどゆこと?
また、通常のミニプラジュウオウキングは月末あたりに発売。今年は早い!出来もかなり良さそうなのですごく楽しみです。



・鉄血のオルフェンズ
一時期のヴァンガードや年末のおそ松さんとかでもやってた本放送中のキャストトーク。とりあえず録画しているのでキャストトークの方を流して見ていたのですが、アインさん死んでるやんけ!




購入物
P2141469.jpg
ガシャポン戦士DASH04

割と今更
値段が上がってNEXTの時より回すのに抵抗が出るようになりましたが、1回だけ回しました。今弾で一番欲しかったバルバトスがすんなり出てくれて良かった!ちなみに年末にも1回回して、その時はグレイズが出ました。








――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


今回は、HGIBO流星号(グレイズ改弐)の紹介です。

hgbf_turnAgundam_shin (20)
 

氷の花咲かせんのは当分先だぜ!
             ノルバ・シノ、流星号行くぜおらぁぁぁ!!


hgibo_ryuseigo (1)
EB-06/tc2 流星号(グレイズ改弐)


火星で鹵獲したグレイズ鉄華団が独自に改修を続け、たどり着いたのがこの流星号である。
機体の主要構成はグレイズのものだが、肩部装甲及びリアスカートにはテイワズで開発された百錬の装備を採用。本来のグレイズよりも宇宙空間における機動性は向上し、昭弘・アルトランドが搭乗していたグレイズ改を比べ、姿勢制御に幅が生まれた。操縦系統にも変更が施され、マン・ロディに搭載されていた阿頼耶識システムを接続。グレイズの完成された制御系統に半ば無理やりシステムを組み込んだため、操縦者との交感情報はバルバトスには遠く及ばないが、鉄華団のパイロットにとっては格段に扱いやすい機体として生まれ変わっている。
頭部の角パーツとノーズアート、奇抜なカラーリングは機体を引き継ぐことになったノルバ・シノの意向を汲んだものである。ナノラミネートアーマーを構築する装甲塗料は、白が最も安価なため、資金面で贅沢ができない鉄華団としては、当初期待の装甲全面を白に塗り直す予定だった。そんな折、鉄華団は宇宙海賊ブルワーズと交戦。彼らの物資の中から赤色の装甲塗料が見つかり、カラーリングの幅が広がることになった。
流星号はノルバ・シノが勝手に言い出したもので、鉄華団の中でも現在のところ定着していない・・・
パイロットは、ノルバ・シノ



「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」より、グレイズ改にさらに改修を加えた機体、通称流星号がHGでキット化!
大半はグレイズ改を共通ですが、後頭部には大型の角、肩とリアスカートが百錬のものに変わり、カラーリングも全身赤になったことで大きく印象が変わっています。

キットは、HGIBOグレイズ改のバリエーションキットで形状が変更された箇所が新規パーツとしてセットされています。グレイズ改のパーツは一式揃っているので色違いのグレイズ改を組むことも可能です。







hgibo_ryuseigo (2)
後頭部に角が付いた以外はグレイズ改と同デザインですが、特徴的なノーズアートと派手なカラーリングによってエース機のようなスペシャル感漂う印象に。

角の付いた頭部上面は完全新規パーツです。ちょっと角の太さが気になるかも。



キットの色分けはこれまでのグレイズ系キットと同様に優勝。リアクター部の黄色や角の先端の白、肩の黒い三角はシールによる色分け。それ以外で塗装が必要なのはリアスカートのスラスター、細かい○モールドのグレーといった所。特徴のノーズアートはホイルシールによる再現となっています。

製作に関して。
基本的にはこれまでのグレイズと同じですが、今回はHGグレイズで一番気になる点である脹脛の合わせ目の接着、リアスカートスラスター裏の肉抜き穴をプラ板やパテで埋めています。
塗装はほぼ全塗装。肩の黒は付属シール、目のカメラ、エイハブ・リアクターの黄色は偏光シールを貼り付け。ノーズアートは付属のシールから余白の赤をカットして貼り付けました。ノーズアートは出来ればテトロンシールの方が良かったですね。








hgibo_ryuseigo (3)
可動はこれまでのグレイズ系キットとほぼ同様。股間下のジョイントにより各種台座に対応します。











hgibo_ryuseigo (4)
武器装備


装備している武装はグレイズのものと共通です。







hgibo_ryuseigo (5)
ライフル

銃口下部のセンサーは、メタリックテープを貼り付け。







hgibo_ryuseigo (6)
フォアグリップが可動。手首の角度的に上手くつかむことはできませんが両手持ちも十分に可能








hgibo_ryuseigo (7)













hgibo_ryuseigo (8)
ショートライフル

流星号には新規でショートバレルのライフルが付属します。側面マガジンや下部の固定パーツも別途付属。
物としては、MSオプションセット1に付属のものと同デザインですが、金型は新規。フォアグリップも通常ライフルと同じ長いものになっています。







hgibo_ryuseigo (9)











hgibo_ryuseigo (10)
形状は同じなのでオプションセット1のランスに取り付けられます。ただし、フォアグリップがぶつかるのは外す必要あり。
まあ、だから何だといった感じですがw










hgibo_ryuseigo (11)
バトルアックス


サイドスカートにマウント可能。







hgibo_ryuseigo (12)













hgibo_ryuseigo (13)
頭部カバーは開いて中のセンサーが露出。今回は中央部にも偏光シールを貼ってみました。








hgibo_ryuseigo (14)












hgibo_ryuseigo (15)
折角2丁付いてくるので両手持ち









hgibo_ryuseigo (16)










P2141451.jpg
背部のスラスターは根本で上下にスイング。バーニアはボールジョイントで可動。

リアスカートのスラスターは上下に可動します。












hgibo_ryuseigo (18)
 グレイズ改と







hgibo_ryuseigo (19)
肩アーマーの接続方式は他のグレイズと共通なので装備の換装も可能です。













hgibo_ryuseigo (20)
百錬と

肩とリアスカートは百錬のパーツの流用ですが、デザインは若干変わっています。








hgibo_ryuseigo (21)
スラスターには百錬と同じくジョイントが付いているので、テイワズ系の武装をマウントできます。









hgibo_ryuseigo (22)
また、クタン参型接続用のジョイントパーツも付属。ものとしてはクタン付属のものと同じですが、色が流星号に合わせられています。






以上、HGIBO流星号でした。グレイズの流用キットですが、改よりも変更部が多く赤いカラーリングも今までなかったので結構印象が変わっています。改と比べると200円値上がりしていますが、新規パーツは多く元のパーツも全て付いているのでお得度は高いですね。グレイズ系に加えてテイワズ系の武器も装着できるのでカスタマイズの幅も広いです。
グレイズ系キットは今後麻呂のものも出ますが、そちらは新規パーツが多そうでまた違った印象になりそうなので楽しみです。






HGIBOグレイズ改
HG IBO グレイズ改

HGIBO百錬
HGIBO 百錬

HGIBOガンダムバルバトス
HG IBO ガンダムバルバトス




関連記事
スポンサーサイト
2016/02/14 Sun. 20:40 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://g03lgx.blog18.fc2.com/tb.php/1241-f842b971
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)