09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

G-01格納庫

ガンプラ等のプラモやフィギュアのレビューと戯言のブログ

950.HG ガンダムバルバトス 第6形態 

このすば2期やるんかw

購入物
P3191813.jpgP3191811.jpg
プリパラオールスターマスコットセレクション

プリパラマスコットの最新弾。1~3弾のリデコで、そらみドレシあろみかの全8種。造形はそのままで表情が変わっているようです。尚、らぁら達1期組は前にも一度ベスト版でバージョン違いが出ています。

とりあえず計4回やって、らぁら、レオナ、あろま、みかんが出ました。レオナとみかんは前のものを持っていなかったので嬉しいですね。


P3191814.jpg
前のと合わせてドレッシングパフェが揃いました。あとはそふぃが出ればソラミスマイルも揃うのですがこれ以上はダブりが怖いのでやめておきました。

ちなみにこのシリーズ、スカートの下にはちゃんとパンツ的なものが再現されているのですが、それはレオナも例外ではなく他のキャラ以上に見てはいけないものを見たような感覚に・・・w







製作物

P3191809.jpg
HGBF煌式

届く前は金メッキ以外は塗装してつや消しにしようと思っていたのですが、いざ届いて見てみるとメッキ以外の色も全部メタリック成形。
折角のメタリックを普通の色で塗りつぶすのは気が引けたので、ウェルドラインが目立たなくなればいいかなと思い軽くメタリックカラーを吹きました。(あんまり効果無かったですが)
フレームのガンメタも塗装しましたが、結果的に成形色の時と大して変わってないです・・・w




P3191810.jpg
以前作ったGNレイズの新形態を模索中・・・通常が接近戦をイメージして作ったので、今度は重装備の砲戦型にしたいのですが・・・




――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

今回は、HGIBOガンダムバルバトス第6形態の紹介です


P2271552_201603192014212ae.jpg



「殺さないとあんたはまた俺たちを邪魔しに来るんだろ?
だから・・・いや、そうでなくても・・・!」


hgibo_gundam_barbatos6 (1)
ASW-G08 ガンダム・バルバトス(第6形態)


鉄華団の起ち上げから、パイロットの三日月・オーガスと共に激しい戦闘を繰り広げてきたバルバトス。激戦の度にバルバトスは鹵獲した装備への換装やテイワズ技術者達の協力を経て、度重なる装備の見直しがなされてきた。地球圏に入ってからは、モンターク商会の協力で装備も整いバルバトスは新たな姿へと変貌を遂げる。
地球の重力に機体を適応させるため、脚部サスペンションを調整。重心を上げることで初速の反応速度を上げ、重力下での機動性向上につなげている。また、長期戦に備え、追加装甲を採用。瞬発的な機動性は犠牲にし、補給なしで長期間の戦闘に堪え得る目的で換装が施された。



「機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ」より、バルバトスが、地球での戦闘に合わせて換装された新たな姿でキット化!
基本的に本体は元のバルバトスから変わっていませんが、上半身が追加装甲を装着、足もハイヒール化したことで、第4形態から大きくイメージが変わりました。
デザイン的には第4形態との共通部は多いですが、キットは(おそらく)完全新規。ランナータグは全て「第6形態」となっています。





ストアップ

hgibo_gundam_barbatos6 (2)
頭部は変化なし。ですが、胸部の追加装甲と、丸みを帯びたデザインが特徴的だった肩アーマーがグレイズリッターの角ばった陣羽織のようなアーマーに変わったことで印象は大きく変わりました。



キットの色分けですが、基本的な構成は第4形態と同じなので、第4で色分けされていない所は今回も同じです。新規部分では肩アーマーの青、前腕の青い装甲上の白、ブースターの白等が足りていません。(それらはシールで補完可能)
また、胸の鉄華団マークはホイルシールでの再現となっています。鉄華団マークは予備や色違いなど複数付属。


製作に関しては、第4の時と大体同じ感じで作っています。
アンテナ裏、つま先裏、ブースターを繋ぐジョイントの肉抜き穴はパテで埋めました(いつものごとくあまり綺麗に出来ていませんが・・・w)

塗装はほぼ全塗装。腰のシリンダーには金属箔、ツインアイには偏光フィニッシュを貼りました。
ちなみに胸の鉄華団マークなのですが、当初は付属のシールから余白を切り取って貼り付けるつもりでしたが、結構大変だったので途中で断念・・・どの道ホイルシールであまり見栄えが良くないので良いかな。流星号の時にも思いましたがやっぱりこういうのはマーキングシールとかの方が良いですね。


hgibo_gundam_barbatos6 (27)
今回もピンクの電源マークっぽい部分はアルペジオカラーのルミナスピンク+蛍光ピンクで塗装。ブラックライトに反応します。
また、今回はそこにプレミアムレッドも足して前回より赤寄りにしました。




hgibo_gundam_barbatos6 (3)
フレームは一応新規ですが、関節構造はほぼ共通。大型化した肩アーマーが多少邪魔になりますが可動範囲も第4形態と大体同じです。





hgibo_gundam_barbatos6 (4)
肩アーマーは前後の装甲が開閉。側面も上にはね上がる他前後に回転します。

また、今回のフレームの一番の変更点として、肩アーマーの接続方式がグレイズ系と共通になっています。この肩アーマーをそのままHGIBOグレイズリッターに移植すれば一般機の再現が可能に。









「いいのあるじゃん」
hgibo_gundam_barbatos6 (5)
武器装備







hgibo_gundam_barbatos6 (6)
大型特殊メイス(レンチメイス)

打撃武装として優秀なだけでなく、先端部に開閉機構を持ち、対象を強烈な力で挟み込むことが可能。さらに、開閉部の内側にはそ特ちゅなチェーンソーが組み込まれ、挟んだ対象を切断する能力を有する。



バルバトスの特徴的な武装だったメイスに代わる新装備。工具然としたデザインが特徴的です。
成形色はダークグレーなので設定通りの色分けを再現するには大部分をライトグレーで塗装する必要があります。







hgibo_gundam_barbatos6 (7)
持ち手が2か所ありちょっと特殊な持ち方ですが両手で構えることが可能。


かなり大きい武器ですが、両手なら十分保持できます。むしろ構えた際に自立させる方が大変ですw






hgibo_gundam_barbatos6 (8)
股間下のジョイントにより各種台座に対応









hgibo_gundam_barbatos6 (9)









hgibo_gundam_barbatos6 (10)













  

hgibo_gundam_barbatos6 (11)
ポールダンスキックの再現はさすがに厳しいですね・・・w












hgibo_gundam_barbatos6 (12)
先端は差し替えなしで開閉、チェーンソーは後から取り付けることで再現できます。









hgibo_gundam_barbatos6 (13)
な ら ば こ っ ち も 残 虐 だ !


コロコロの記事ひでぇw







hgibo_gundam_barbatos6 (14)
バックパックは変化無しなので中央のスラスターが可動します。腰のブースターは、サイドスカートの代わりに取り付けられています。

新規の足は、これまでのものと同様に先端部に小さな肉抜き穴が開いています。(今回は埋めています)また、踵内側にも肉抜き穴がありこちらは普通に前から見えてしまいます。











hgibo_gundam_barbatos6 (15)
ジョイントパーツを取り付けることでバックパックにマウントできます。














hgibo_gundam_barbatos6 (16)
機関砲

前腕部には新規に機関砲を装備







hgibo_gundam_barbatos6 (17)
腰部ブースターは、取り付ける軸が2か所あり、付け替えることで向きを変えられます。












5形態
hgibo_gundam_barbatos6 (18) ガンダム・バルバトス(第5形態 地上戦仕様)


胸部追加装甲、グレイズリッター肩アーマー、腰部ブースターを外し、第4形態と共通デザインの肩アーマーとサイドスカートを取り付けることで、地上戦仕様の第5形態を再現可能。


肩アーマーの取り付けは第4形態と同じですが、その下のフレームはグレイズ方式のものになっています。





hgibo_gundam_barbatos6 (19)










hgibo_gundam_barbatos6 (20)








hgibo_gundam_barbatos6 (21)







hgibo_gundam_barbatos6 (22)















hgibo_gundam_barbatos6 (23)
さらに、胸部反応装甲と換装前の足パーツも付属。別売りのHGIBOシュヴァルベグレイズからスラスター、クタン参型から腰部ジョイントを持ってくることで第5形態が再現できます。(本記事では割愛します・・・)


尚、つま先のジョイント形状は第4形態のものは丸軸でしたが、今回のものは板状に変わっています。






hgibo_gundam_barbatos6 (24)
第5形態最大の特徴である胸部装甲は1パーツ構成。前腕は機関砲から迫撃砲に換装します。迫撃砲は外側が180°回転して前方に向けることが可能。弾丸は全て着脱可能です。








hgibo_gundam_barbatos6 (25)
バックパックのジョイントアームは新規で可動式のものが1セット付属します。






hgibo_gundam_barbatos6 (26)
さらにボーナスパーツとして、HGIBOグレイズリッター(カルタ機)用の角飾りと胸部パーツが付属。これらと第6形態の肩アーマーを取り付けることでグレイズリッターの一般機が再現出来るようになります。









hgibo_gundam_barbatos6 (28) 第4形態と


足がハイヒール化した分背が伸びています。上半身もゴツくなってパワーアップ感がでています。結局また装備ぶんどってますがw





以上、HGIBOガンダムバルバトス第6形態でした。第4形態と共通部は多いのに完全新規だったのが意外でした。価格は500円上がっていますが、可動部の多い肩アーマー、開閉ギミックのある巨大なレンチメイス、第5形態用の換装パーツやグレイズリッター用のパーツとギミック、ボリュームはさらに上がっており、後半?主人公機にふさわしい内容になっていると思いました。








HGIBOガンダムバルバトス
HG IBO ガンダムバルバトス

HGIBA MSオプションセット1
HG IBA MSオプションセット1&CGSモビルワーカー

HGIBO流星号
HGIBO 流星号

HGIBOガンダムグシオンリベイク
HGIBO ガンダムグシオンリベイク





関連記事
スポンサーサイト
2016/03/19 Sat. 22:47 | trackback: 0 | comment: 2edit

コメント

おぉ・・・数年ぶりにやって来たが懐かしい・・・

オルフェンズ2期も決定して楽しみっちゃ楽しみなわけだが日曜5時から雪景色を赤く染めるアニメってのは大丈夫なんだろうか・・・
バルバトス第6形態になってパイル付きメイスからさらにえげつないレンチメイスになって
重々しい一撃が格好いいぜ・・・やってることはなかなかだけども。
1期終わってまだオルフェンズではビーム兵器が登場していないことが新鮮かつ嬉しす

ジーク #- | URL | 2016/04/02 04:08 * edit *

Re: タイトルなし

ジークさん

鉄血の戦闘は機体が爆発しない分血を流したり負傷する描写が多かったですね。
レンチメイスは殴る、挟む、チェーンソーで斬りつけるという主役とは思えないエグイ装備でした・・・w

g01lx #- | URL | 2016/04/03 21:23 * edit *

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://g03lgx.blog18.fc2.com/tb.php/1250-25ccd379
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)