05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

G-01格納庫

ガンプラ等のプラモやフィギュアのレビューと戯言のブログ

955.ミニプラ 動物合体シリーズ01 ジュウオウキング 

怪盗ラパンの問題がわりとマジで分からなかった・・・w



購入物
P4022041.jpg
誰得?!俺得!!シリーズ カプセル素体 素ボディ&レーシングカート

結構気になっていたので試しに1回回して見ました。ラインナップは全身フル可動の素ボディとレーシングカートそれぞれ2色ずつの計4種で、出たのはレーシングカート(ブラック)

1回300円で組み立て式。パーツ数はそれなりに多く完成したら予想以上に大きくて驚きました。300円でこれはすごいですね


P4022042.jpg
ちょっとキツイですがなんとかfigmaも乗せられます

ハンドルが付いてるフロント部とフットペダルは可動式。タイヤも全て回転します。







P3311978.jpg
すき家×艦これの3Dカード

ダブりとかも結構出しつつここまで揃いました!(何枚かは貰い物ですが・・・w)
残るは明石改と集積地棲姫の2枚ですがさすがに揃えるのはもう無理かも。



製作物
P4021980.jpg
HGBF煌式

本体は完成。後はビームライフルとサクッと塗装して終了






――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

今回は、ミニプラジュウオウキングの紹介です

P2221514_201604021921510f0.jpg


「動物戦隊ジュウオウジャー」より、1号ロボのジュウオウキングがミニプラで登場!例年ではミニプラ第1弾は3月あたりに発売されていましたが、今年は2月23日と放送開始直後に発売されました。価格は350円(税抜)全5種

昨年のニンニンジャーと同じく350円+税という価格設定になっていますが、そのクオリティは凄まじく公式がレビュー記事を書いてしまうほど力の入った商品になっています!ミニプラといえば合体ギミックを再現しつつ関節が可動して様々なポージングがとらせられるのが売りですが、今回はそれに加えてパーツ単位での色分けにもこだわったものになっています。
そのため、例年に比べシール点数が少なく組み立てた際の見栄えもより良くなっています。また、シールは昨年同様メタリックシールが採用されています。


今回も、これまで同様に一部を除いて塗装して完成させましたが、パーツでの色分けもありマスキングの手間がかなり軽減されて作りやすかったですw


ということで、分離状態から順に紹介していきます。





キューブイーグル
minipura_zyuohking (1)
商品ではキューブイーグルA,Bで分割されており組み合わせることで完成します。一応その2つで物として成立しますが、青いパーツはキューブシャークに付属しているため完全な状態にするにはそれも必要。

成形色は、赤、黒、白(1)、黄色(1)、グレー(2)が使われ、1商品に付き最大4色の成形色が使われています。例年ではシールで色分けになりそうな箇所のいくつかが成形色による色分けになっておりパチ組みでの完成度も非常に高くなっているのがポイント。




「キューブイーグル ゴー!」
minipura_zyuohking (2)
動物モードに変形!

ジュウオウイーグルのワシの本能を宿したジュウオウキューブ。キューブナンバーは1。
大空を自由自在に飛び回り、敵をロックオンして急降下する戦法が得意。ビッグイーグルウイングによるアクロバット飛行で、敵の攻撃をかワシまくる!


DXのようなワンタッチの変形ギミックはありませんが、差し替えなしで完全変形できます。(手首を起こすの忘れてました・・・)額の白や嘴の黄色は成形色による色分け。


ジュウオウジャーのメカはカクカクしたデザインが特徴的です。
劇中では変形機構を活かしてキューブモードに変形して防御や攻撃したりするのが面白いですね。





minipura_zyuohking (3)
変形の関係で羽根が動いたりしますが特に可動ギミックはありません。

キューブシャークのパーツを取り付けると後部にちょうど良い3㎜穴が開いているので台座を使って浮かせて飾ることも。(ただし根本の可動部の保持力がなくなると支えられなくなると思いますが)



塗装は、メインの赤は少しメタリックレッドを混ぜた赤、黄色はスターブライトブラス+クリアーイエローで塗っています。
また、金色以外はつや消し+ダイヤモンドシルバーでコートしました。



minipura_zyuohking (4)
ビッグキングソード

2.キューブイーグルBに付属。
DX版とは違い構造の都合上かなり刃が短くなっていますが、ギミックはほぼ同じように再現されています。金色はシールですが、それ以外はパーツで色分けされているのがすごいですw







キューブシャーク
minipura_zyuohking (5)
3.キューブシャーク1箱でほぼ成立。黄色パーツ等の一部は4.キューブライオンに付属しておりそれを取り付けることで完全な状態になります。変形はライオン付属パーツが無くても可能。


成形色は、青、白の2色。塗装が必要な箇所(シールで補う箇所)はそれなりにありますが、裏面の「歯」が別パーツになっているあたりこだわっていますね。




「キューブシャーク ゴー!」
minipura_zyuohking (6)
動物モードに変形

ジュウオウシャークのサメの本能を宿したジュウオウキューブ。キューブナンバーは2。
目がサメるようなスピードで荒波を泳ぐ戦法が得意。鋭いビッグシャークファングでくらいついて、一瞬で敵を水中に引きずり込む。



DXは各部の連動ギミックに軽く感動しましたが、ミニプラ版では可動ギミックとの兼ね合いからか今回のラインナップでは唯一一部差し替えによる変形となっています。


minipura_zyuohking (7)
こんな感じで尻尾は内部から取り出して左右分割、ジョイントを起こして付け直ります







minipura_zyuohking (8)
キューブ形態からの変形が大きなギミックの一つになっているので気になりませんが、動物形体では可動などのギミックはありません。








キューブライオン
minipura_zyuohking (9)
4.キューブライオン単体で成立

成形色は、黄色、白、黒の3色。キューブのナンバー部が肉抜き穴になっておりシールで補うようになっているのが今回一番残念な点ですが、それ以外は非常に良く出来ています。特に裏面のライオンレリーフの目は抜かれており、底面に赤いシールを貼ることで色分けと見栄えの向上を図っている点は素晴らしいです。ガンプラみたいなこだわりですw

そして一番気になる点であるナンバー部分の肉抜きですが、自分はプラ板を貼って塞ぎ、左右4つの大きな四角モールドは凸ディテールとしてプラ板で製作しました。下部にある小さな四角モールドは見なかったことに・・・w数字はシールを切り抜いて貼り付けました。





「キューブライオン ゴー!」
minipura_zyuohking (10)
動物モードに変形

ジュウオウライオンのライオンの本能を宿したジュウオウキューブ。キューブナンバーは3。
サバンナを自由に走り回る屈強なシシ(四肢)で勇ましく敵に飛びかかり、急所を確実に噛み砕く戦法が得意。四角いビッグライオンメイン(たてがみ)を激しく震動させて、咆吼(ほうこう)ビームを放つ。


発表当初はどうやって変形しているのか分かりませんでしたが、2か所開くだけの非常に単純な変形機構。
鬣内の黒や歯、前足の黒などが色分けされており、部分塗装派にも嬉しい仕様になっているかと。




P4021999.jpg  
ギミックは特にありません。

ちなみに、首元の角になっている部分ですが、クリック可動になって位置決めがしっかりできるものの変形時に角の塗装が削れてしまうので注意した方が良いと思います。







minipura_zyuohking (12)
3体のキューブアニマルが集結!












キューブキリン
minipura_zyuohking (13)
ジュウオウキングの武装になるジュウオウキューブウェポン


ミニプラ1作目としては異例の強化武装系がラインナップされています。通常のジュウオウキューブと比べて一回り小さくパーツ数も少な目。
その代わりに、2.に付属のキングソードより大型のキングソードが付属しています。


成形色はオレンジとグレーの2色





minipura_zyuohking (14)
動物モードに変形

キリンの本能を宿したジュウオウキューブ。キューブナンバーは「!」。
長い首を瞬間的に伸長させて、アウトレンジからのすばやい頭突き戦法が得意。ウエポンモードの“キリンバズーカ”に変形。ジュウオウキングは右肩にキリンバズーカを動物武装し、必殺技“キリンバズーカ・ジュウオウファイア”で敵を完全に消滅させる。


2段階にたたまれた首が起き上がることでキリンらしい長い首になっているのが面白いです。
これに関しては色分けは従来のミニプラと大体同じ印象で、脚の隙間の黒や鬣の銀(自分は間違って黒で塗ってますが・・・w)斑模様などはシールで補います。今回はモールドが完全に再現されていない「!」マークのみシールを切り取って使用しました。


ちなみに、首下のパーツを付け忘れました・・・




minipura_zyuohking (15)
キューブキリンは他のジュウオウキューブよりも小さいですが、動物モードではそこまで大きなボリューム差は感じないかも













それではここからは動物合体!











minipura_zyuohking (16)
「またなんか来た!?」

「なんだあれ?」


「わかった!くぐるんじゃない?」

「っしゃぁ、突撃~!」







「動物合体!!」

『イーグル! シャーク! ライオン!』

minipura_zyuohking (17)
『ア~ア~アァア~ッ!!』






minipura_zyuohking (18)
『3・2・1』








minipura_zyuohking (19)











minipura_zyuohking (20)
DXや劇中と同じパターンで合体

3つのキューブを積み重ね、イーグルの腕、胸の顔を展開。ビッグキングソードを上から突き刺し。刃を180°回転してマスクを出現させます。







そして
minipura_zyuohking (21)
「完成ジュウオウキング!」

『ジュウオウキング~!』




ミニプラのアレンジとして、腰のシャーク顔をイーグル側に取り付け、ライオンの脚を左右分離。足を一度外し、内部のボールジョイントを起こしそこに付け直すことでフル可動仕様に!







minipura_zyuohking (22) ジュウオウキング(1.2.3)

キューブイーグル、キューブシャーク、キューブライオンの3体のジュウオウキューブが“動物合体”した巨大ロボ。
ワシのスピード、サメの柔軟性、ライオンの攻撃力を兼ね備えるオールラウンダー。武器は、頭部から引き抜いて使う長剣“キングソード”。必殺技“キングソード・ジュウオウ斬り”で一刀両断し、敵を細かいキューブ状に分解させて爆破。



3体のキューブアニマルが合体して完成。初見ではブロックのようなカクカク箱っぷりにかるく引きましたが(笑)、どうやら遺跡がモチーフになっているのではと気が付いてからは、そのデザイン、動物+キューブという組み合わせ全てに納得がいき、かなり愛着がわいています。
さらに、ミニプラでは各関節が可動するので立ちポーズもしっかりと決まり非常にカッコよくなっています。





頭部
minipura_zyuohking (23)
ちょっとたらこ唇感がありますが、ドアップで見ない限りは特に気にならないかも

ちなみに、今回のレビュー写真では全て首がちょっと浮いてしまっていますが、もうちょっと深くまで刺さりカチッと音がしてしっかりと固定されます。





可動
minipura_zyuohking (24)
肩はこのくらいまで上がります。


肘も曲がりますがそこまで深くは曲がりません。肘可動のためにイーグルのウイングをボールジョイントで中折れできるようにしているのがミニプラならではのこだわりポイント。





minipura_zyuohking (25)
頭部は胴体の2つの突起が干渉してしまいますが、一旦外して逃がしてやれば特に問題なく左右に向けるかと


腰は固定になるかと思いましたがイーグル側でちゃんと回ってくれます。





minipura_zyuohking (26)
膝も可動します。・・・が、見栄えは微妙ですね。






minipura_zyuohking (27)
塊感がすごいですが、膝は180°くらいまで曲がります。








minipura_zyuohking (28)
開脚はこのくらい。真横までは開きませんがここまで動けば十分かと。


また、1号ロボでは久々に足首が自由に可動するのですごく安心感がありますw





minipura_zyuohking (29)
可動の不満点として腕の横ロールが無いのが気になったので上腕を加工してロールするようにしました。







minipura_zyuohking (30)
腰のシャークのプレートは可動時には邪魔になるので取り外すことができます。さらに、裏面には合体には関係ない可動ジョイントが設けられており、同じくイーグル背中の可動に関係ない穴に取り付けることが可能。










minipura_zyuohking (31)minipura_zyuohking (32)
全身可動箇所は多いですが、可動範囲はそこまで広くはなかったりちょっと癖があったりと多少の動かしづらさはありますね。






minipura_zyuohking (33)
イーグル背中にある合体に関係ない穴を使えば各種台座を使えます・・・が、位置が位置だけに使いづらいですね







minipura_zyuohking (34)
キングソード


実際に頭部から引き抜くことが可能なギミック重視の小さいものと、キューブキリン付属の長いものがあり、どちらも手に持たせられます。










minipura_zyuohking (35)






minipura_zyuohking (36)









minipura_zyuohking (37)








minipura_zyuohking (38)











minipura_zyuohking (39)
シャークのパーツは手に持たせてシールドっぽくすることも













minipura_zyuohking (40)
「一気に止めに持ち込むよ!」


「キングソード・ジュウオウ斬り!!」






minipura_zyuohking (41)


















minipura_zyuohking (42)
キリンバズーカを動物武装!

キューブキリンの動物モードから首を起こしてバズーカモードに変形。首下のグリップ(上の写真で付け忘れてたパーツ」で保持します。
グリップは可動するのである程度自由度があります。








minipura_zyuohking (43)
戦隊ロボで手持ちの銃火器。それもバズーカとは結構珍しいですね。






minipura_zyuohking (44)
ボリュームもあって様になってます









minipura_zyuohking (45)










minipura_zyuohking (46)
昨年のシュリケンジンと


ジュウオウキングは頭一つ分小さめに作られていました。





以上、ミニプラジュウオウキングでした。今年は例年以上に気合の入った作りで、変形・合体、各部の可動に加え色分けにもこだわった非常に満足度の高い商品になっていました。第2弾のジュウオウワイルドも同様の仕様になっているようで楽しみです。







ミニプラシュリケンジン(1)
シュリケンジン(1)

ミニプラシュリケンジン(2)
シュリケンジン(2)


関連記事
スポンサーサイト
2016/04/02 Sat. 23:18 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://g03lgx.blog18.fc2.com/tb.php/1255-5b3c1872
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)