07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

G-01格納庫

ガンプラ等のプラモやフィギュアのレビューと戯言のブログ

10.HGガンダムスローネアイン 

風邪ウイルスにやられました・・・そんな中、今日は先日買ってきたHGスローネアインを作りました。


「世界に見せる必要があるのさ。ソレスタルビーイングの本気さをな・・・・・」

GNW-001 ガンダムスローネアイン



タクラマカン砂漠での合同軍事演習に武力介入したマイスターズだが、3国の圧倒的な戦力差に窮地に追い込まれる。絶体絶命の刹那達、しかしそこに赤いGN粒子を放出する3機の謎のガンダムが降り立った―


トリニティ兄弟の長男が駆る機体、ガンダムスローネアイン。デュナメスとヴァーチェの特性を合わせ持つ機体。スローネは「座天使」という意味らしいです。最初見たときはエクシア以上に「これガンダムか!?」というくらい独特なプロポーションをしています。が、見慣れると「まあこれもアリかな?」とか思えてきました。

ちなみに、スローネのデザイナーさんは「宇宙のステルヴィア」や「蒼穹のファフナー」のメカデザを担当された方らしいです。納得


さて、このキットですが、ツヴァイやドライとの関係か色が結構足りてないです。特にバックパックやGNランチャーはグレー一色・・・また、肩のウイング?っぽいのは白なので塗ってやる必要があります。

広い面積の所はエアブラシもどきで塗装したので、まあ割と大丈夫ですが筆塗り部分は相変わらず酷いです・・・(調色は適当。ブラウンは肉眼ではいいかな?と思ったけど、ちょっと明るかったかな・・・




DSC01360.jpg

GNビームライフル

砲口以外はブラウンなのでグレー部分を塗装しました。
そういえば、外伝を除いて純粋なビームライフルはなかったかな。エクシアは剣と一体だし、キュリオスはマシンガンだし・・・


可動範囲は下半身は良好ですが、上半身は他のガンダムと違い首は1重ボールジョイント(ポリキャップ)、肩のスイングはありません。


GNビームサーベル
エクシア等のものと基本は同じだが、大型化し内部に小型GNコンデンサーが搭載されており手を離してもすぐにビームが消える事は無いらしいです。




DSC01358.jpg

GNシールド


DSC01357.jpg

そして、スローネアインの最大の特徴、GNランチャー

折りたたみ式で、そのままでも長いのに展開するとさらに長くなります。
また、スローネ2機、3機のGNドライヴを連結して発射するモードもあり。2機だと「GNメガランチャー」3機で「GNハイメガランチャー」となる。17話でMSWADの基地を一掃・・・恐ろしい




DSC01363.jpg

「目標へリオン部隊大破確認、引き続きミッションを続行する。」






以上、HGガンダムスローネアインでした。
早く3機そろえて連結させてみたいですね。ドライはいつごろ出るのかな・・・



「堪忍袋の緒が切れた!!」byグラハム

関連記事
スポンサーサイト
2008/02/09 Sat. 15:26 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://g03lgx.blog18.fc2.com/tb.php/13-f2efa541
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)