05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

G-01格納庫

ガンプラ等のプラモやフィギュアのレビューと戯言のブログ

1002.HG Hi-νガンダムインフラックス 

ダイヤ姉さんってゴーバスのヨーコちゃんだったんだね(今更)


購入物
P9113705.jpg
S.H.フィギュアーツ仮面ライダークウガ アルティメットフォーム(真骨彫製法)、ウォルター、キュアフローラ



P9113707.jpgP9113708.jpg



P9113709.jpg P9113710.jpg         
HGCEブラストインパルスガンダム
HGBFガーベラ・テトラ(キララ専用機)、ゴーストジェガンM、ゴーストジェガンF


8月分のプレバン、今回はガンプラ多めで総額も結構ヤバいことになってます・・・が、本当の地獄は来月からだ!






コンバージのWとドライブ開封
P9113703.jpg
造形はもちろんですが、ドライブの光沢感やWのメタリック塗装も良い感じです。



P9113704.jpg
Wは割れます

ヒートメタル、ルナトリガー、9フォームセットがプレバンで受注中。







――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


今回は、HGBF Hi-νガンダムインフラックスの紹介

P5152465_20160911171301324.jpg






「ユウキ・タツヤのビルダーになる・・・友の翼を超えるためのガンプラ!!」




hgbf_hiνgundam_influx (1)
RX-93ν-2I Hi-νガンダムインフラックス



アラン・アダムスが、ユウキ・タツヤが作り上げたHi-νガンダムヴレイブを越える機体として、ヴレイブを参考にして製作したガンプラ。タツヤがファイターとして使用することを想定して製作されており、アラン自身のビルダーとしての熱い想いが込められている。
実際に完成度は高く、戦い方次第ではHi-νガンダムヴレイブをも越える性能も発揮する。特に背部に装備されたインフラックスウェポンバインダーは、後に三代目メイジン用に作られるケンプファーアメイジングに受け継がれるもので、この時点で内蔵された武装もほぼ完成形となっている。アランの思惑とは違いこのガンプラをタツヤが使用することはなく、二代目メイジンの命令によってパーツ・ハンターのソメヤ・ショウキに渡され、タツヤの敵となる。この戦いではタツヤが勝利するが、後に本機はコシナ・カイラに渡され、ガンプラ道を踏み外しそうになったタツヤを目覚めさせるバトルを行うことになる。
尚、機体名のインフラックスはアランの母国語で「カワグチ」の意。(英語で流入、河口)

ビルダー:アラン・アダムス ファイター:コシナ・カイラ、ソメヤ・ショウキ、ユウキ・タツヤ






「ガンダムビルドファイターズA」より、タツヤのHi-νヴレイブを参考にアランが製作したHi-νガンダムがキット化!
装備以外はほぼヴレイブを共通ですが、グレートーンのカラーリングと、νガンダム最大の特徴であるフィン・ファンネルを外し、代わりに重火器を多数装備したことにより大きく印象が変わっているのがポイントの機体です。

キットは、HGBFHi-νガンダムヴレイブのバリエーションキットで、インフラックスウェポンバインダーをはじめとした形状の異なる箇所が新規パーツとして付属しています。パッケージは限定キットらしくモノトーンですが、説明書はフルカラーで新規。一般キットと同レベルの内容のものが付属しています。
プレミアムバンダイ限定商品で2016年4月に発送されました。








頭部
hgbf_hiνgundam_influx (2)
ファンネルを不採用としたことでサイコミュ受信機能を大幅カット。代わりに各種センサーを強化したことでヴレイブから形状が変更された頭部。
アンテナとマスクが新規パーツで、よりコンパクトな印象に、マスクはΖ風になっています。



キットの色分けは、本体部はヴレイブとほぼ同程度の再現度。細部で結構足りてない色が多いので塗装して仕上げる場合若干面倒です。付属のシールでは、一部を除くセンサーの赤、コクピットハッチの白、フロントスカートのライトグレー、バインダーのグレーをカバーできます。
インフラックスウェポンバインダーは、アメイジングウェポンバインダーの流用で、背中のキャノンもどうようです。ウイングをはじめとした白いパーツは新規ランナー。構成の都合上インフラックスのアンテナが一つ余ります。その他ヴレイブで余剰だったパーツは同じように余ります。


■製作
アンテナ、肩アーマー突起を削った以外はパチ組み。塗装はほぼ全塗装で製作。
メインカラーのグレーは基本塗装後にダイヤモンドシルバーでパール調にしました。その他メタリック色部分以外は艶は抑えめ。
ヴれイヴの時と同じく、成形色ではガンメタになっている関節部は大部分を通常のグレー系に塗り替えました。

センサーは付属のシールにメタリックレッドを塗って貼り付け。股間や手甲等の足りない箇所は余白に同じくメタリックレッドを塗ったものをカットして貼り付けました。ツインアイは普通に塗装。

ちなみに、ヴレイブにはマーキングシールが付属していましたが、インフラックスには付いていません。










可動
hgbf_hiνgundam_influx (3)
本体はヴレイブとほぼ同じなので、可動範囲も共通。腰が抜けやすかったり、右腕のクローがポロリしやすいのも共通で、可動範囲は十分広いですが若干扱いにくい部分もあります。


インフラックスウェポンバインダーを繋いでいるアーム部分はヴレイブの基部と共通で多関節で動きを付けられます。先端のウイング3枚は独立して可動。











武器装備
hgbf_hiνgundam_influx (4)











hgbf_hiνgundam_influx (5)
ビームライフル、シールドといった基本武装はヴレイブと共通となっています。


ライフルは黒の単色成形なので塗り分ける必要あり。先端以外はモナカ割りなので合わせ目も出ます。銃用の持ち手で保持。
ブースター機能を備えたシールドは取り付け部の変更で側面、後ろ向きに取り付けられます。






hgbf_hiνgundam_influx (6)









hgbf_hiνgundam_influx (7)











hgbf_hiνgundam_influx (8)
ニューハイパーバズーカ

こちらもモナカ割りの簡易構造。グリップは前後に可動します。今回も手抜きの単色塗装・・・w







hgbf_hiνgundam_influx (9)













hgbf_hiνgundam_influx (11)  
ビームサーベル


専用の青いビーム刃を両端に取り付け可能。柄は2本付きますがクリアーパーツは一対のみ。そして柄は一本失くしました・・・

尚、ヴレイブや原典のHi-νはバックパックのファンネルコンテナにサーベルを収納していましたが、インフラックスはどこに収納するのかは不明
一応劇中でブレードを使用しているのでオミットされている感じではなさそうですが・・・








hgbf_hiνgundam_influx (12)
ブレード

バックパックに装備されている刃とビームサーベルの柄を合体させて使用。




hgbf_hiνgundam_influx (15)
ビーム刃を取り付けられます。


ちなみに、刃部分は若干パールを強めに吹いて光沢を吹いています。





hgbf_hiνgundam_influx (10)
クロー

右腕に取り付けているパーツを前後入れ替えて展開。尚、説明書では取り付ける指定になっているのですが、塗装見本や設定画、劇中では装備していません。







ここからはインフラックスの新装備
hgbf_hiνgundam_influx (13)
インフラックスマシンガン

タツヤのために新たに設計した銃。後のアメイジングマシンガンの原型であるが、すでにほぼ完成されている。多数の敵を相手にするときや、点ではなく面を攻撃するのに適している。


2パーツ構成のモナカ割り。成形色は白なので塗装の必要あり。
通常の握り手で保持しますが、そのためトリガーに指がかかりません・・・w






hgbf_hiνgundam_influx (14)
2丁付属するので両手撃ちできるのが嬉しい!









hgbf_hiνgundam_influx (16)












hgbf_hiνgundam_influx (19)
ケンプファーアメイジングにも持たせてみました。銃用の持ち手がピッタリ合います!







hgbf_hiνgundam_influx (20)











hgbf_hiνgundam_influx (18)  
インフラックスウェポンバインダー


背部に装備されたブースター。内側に武装を格納し、一つで二つの機能を持つ。後にアメイジングウェポンバインダーに発展するが、メイジンとなったタツヤのぎ量が上がったのに合わせ、安定翼は不採用となる。


説明書通りに組むと銃口がスカスカになるので、キャノンを組むと余るアメイジングライフルの短砲身を格納しておきました。
ちなみに、インフラックスウェポンバインダーはウイングを取り付けている関係上分解するのが多少面倒になっています。








hgbf_hiνgundam_influx (17)
ロングレンジライフル


後のアメイジングロングライフルはバックパックにビームキャノンとして装備。砲身は短砲身と換装出来ますが、自分はバインダー内に格納したのでロングライフルで固定です。

アームの根本で上下可動。左右の基部で射角の調整が出来ます。基部はプラ接続なのでヘタりに注意






hgbf_hiνgundam_influx (21)
ちなみにキャノン基部にはアメイジングピストルが埋め込まれていますw取り外しは不可で、ロングライフルを手持ち武装にすることは出来ません。(別途ピストルを用意すれば可能)







hgbf_hiνgundam_influx (22)
インフラックスインパクト


火器のすべてを一斉に発射する必殺技。ただ火力を一点に集中させるのではなく、敵の動きを読んだ上で放つ複数の火線で敵を閉じ込める高度な技である。タツヤにしかできない技であるため、実戦で使われたことがまだない。









hgbf_hiνgundam_influx (23)  













hgbf_hiνgundam_influx (24)
アメイジングナイフ
















hgbf_hiνgundam_influx (25)
ヴレイブのパーツは全て付いているのでヴレイブ装備にも出来ます。


頭部もそのまま付いてきますが、組み換えが面倒なので本記事ではインフラックスの頭部のままです。







hgbf_hiνgundam_influx (26)
フィンファンネルは2つが可変式。









hgbf_hiνgundam_influx (27)
パーツの組み換えでヴレイブブースターに






hgbf_hiνgundam_influx (28)

口にビーム刃を取り付けられます。















hgbf_hiνgundam_influx (29)
Hi-νガンダムヴレイブと


本体はほぼ共通デザインなのですが、印象はかなり異なっています。








hgbf_hiνgundam_influx (30)
2体の対決










hgbf_hiνgundam_influx (31)
「これで終わりだ!
 一尖必撃!!インフラックスバンカー!!!」








オマケ
hgbf_hiνgundam_influx (32)
カイラ機再現のために、ランナーを加工してインフラックスバンカーを製作しました。

3㎜ランナーを適当な長さに切って先端を尖らせただけ。製作時間数分の超お手軽仕様w







以上、HGBF Hi-νガンダムインフラックスでした。元々組み換えパターン豊富でボリュームのあったヴレイブそのままに新規パーツを追加しているのでさらに大ボリュームな内容になっています。共通部は多いですが、カラーリング、Z顔の頭部、砲撃メインの武装によっていい気くイメージの異なる機体に仕上がっているのも良いですね。






HGBF Hi-νガンダムヴレイブ
HGBF Hi-νガンダムヴレイブ

HGBFケンプファーアメイジング
HGBF ケンプファーアメイジング



関連記事
スポンサーサイト
2016/09/11 Sun. 19:50 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://g03lgx.blog18.fc2.com/tb.php/1306-ec757638
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)