09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

G-01格納庫

ガンプラ等のプラモやフィギュアのレビューと戯言のブログ

1017.HG ガンダムアスタロト 

HGIBOガンダムアスタロトの紹介です

P5142433_20161030194623bab.jpg





「俺にも必要なんだ。アスタロトが。家族を殺したガンダムに復讐するために」


「似たもの同士、上手くやれ」



hgibo_gundamastaroth (1)
ASW-G-29 ガンダム・アスタロト


72機のみが開発されたガンダム・フレーム仕様の希少なMSの一機。
終戦後アスタロトの所在は不明とされていたが、激戦の地となった月面の調査を任されたギャラルホルンの一家門、ウォーレン家により、巨大クレーターの底で発見される。以後、ウォーレン家が所有権を保持し、世代を越えて三百年近く受け継がれてきた。だが、数年前ウォーレン家は経済圏との不正取引が発覚し、その不祥事を理由に取りつぶしの憂き目に合う。
アスタロトはアングラな市場をさまよい、装備、装甲がバラバラに売却された。月宙域のラグランジュポイントに浮かぶアバランチコロニーに拠点を置くタントテンポの頭目ダディ・テッドの手に渡った時には、もはやフレーム同然の姿で本来の雄姿は失われていた。
現在のアスタロトは様々なMSの装甲を流用して成り立っている。脚部内側の装甲はヴォルコ・ウォーレンの記憶チップに残っていた整備データを元にタントテンポの開発部門が再現した。僅かだが本来のアスタロトの面影がここにある。

パイロットは、アルジ・ミラージ



鉄血のオルフェンズ公式外伝「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ月鋼(げっこう)」より、主役機のガンダム・アスタロトがHGでキット化。
スピナ・ロディや百錬等の外装を装着したツギハギ感のある左右非対称なデザインが特徴的な機体です。曲面を多用していますが箱っぽい印象で、本来の姿であるアスタロトオリジンと比較してどこか垢抜けない感じが良いですね。

キットは、既存のガンダムフレームを使用しつつ外装パーツは完全新規で、特徴的なデザインをカッコよく再現しています。






頭部
hgibo_gundamastaroth (2)
現在公開されている鉄血のガンダムタイプの中では一番素直なガンダム顔をしていますw後方に伸びた太いアンテナが特徴的。


キットの色分けは良好で大まかな色分けは再現されています。目立つ部分で言うと、額の赤や右脛内側のグレー、つま先の黒、腰ブースターの青やグリーン等。これらは付属のシールでカバーできます。


■製作
合わせ目処理などはせずパチ組みで、塗装はほぼ全塗装。
腰のシリンダーには金属箔を貼り付けました。






可動
hgibo_gundamastaroth (3)
ガンダムフレームはバルバトス第4形態と同じ、ガンダムフレーム1を使用。関節構造は他のガンダムタイプに準じています。

腕は左右非対称なので多少可動範囲に差があります。




hgibo_gundamastaroth (4)
肘は左腕の方が深く曲がります。腰回りの可動は他のガンダムと大体同じくらい。




hgibo_gundamastaroth (5)
開脚、接地はこんな感じで非常に優秀。

腰サイドのブースターは、横に跳ね上げられます。前後回転も可能






hgibo_gundamastaroth (6)
膝は2重関節ですが、膝位置が高いので立て膝は苦手。つま先が独立して可動します。












武器装備
hgibo_gundamastaroth (7)








hgibo_gundamastaroth (8)
ライフル

ウォーレン家で管理していた時代からアスタロト用に整備していたライフル。

癖のないデザインです。左右貼り合わせなので合わせ目が出ます。







hgibo_gundamastaroth (9)








hgibo_gundamastaroth (10)
股間下のジョイントにより各種台座に対応






hgibo_gundamastaroth (11)














hgibo_gundamastaroth (12)
デモリッション・ナイフ

中央部から二つ折りに畳まれる機構の大型近接装備。使用時の刃渡りはMSの全高を超す長さを誇る。

アスタロトを象徴する大剣。通常の柄の他に側面にフォアグリップがあり、両手で保持します。






hgibo_gundamastaroth (13)
本編のバルバトスはメイスという変わった武器がメイン武装なのに対し、外伝のアスタロトは分かりやすい大剣装備というのが面白いです。









hgibo_gundamastaroth (14)








hgibo_gundamastaroth (15) 
片手持ちだと、重さに手首が耐えられずすぐに垂れてしまいます・・・w








hgibo_gundamastaroth (16)












hgibo_gundamastaroth (17)
ナイフ

腰ブーストアーマーに格納された仕込みナイフ。

1パーツ構成で、ブースターへの収納ギミックは再現されていません。


hgibo_gundamastaroth (18)













hgibo_gundamastaroth (19)
腕部サブナックル


外装部が百錬の腰アーマーとほぼ同デザインになっています。取り付け位置を変えることで展開状態に。
指は親指がボールジョイント、人差し指とその他に相当するもう一本の指は根本で可動します。





hgibo_gundamastaroth (20)


















hgibo_gundamastaroth (22)  
バルバトスと

使っているフレームは共通ですが、アスタロトは結構がっしりした印象になっています。






hgibo_gundamastaroth (21)
腰後部のジョイントには第5形態用のジョイントアーム等が取り付けられます。










おまけ
hgibo_gundamastaroth (23)
デモリッション・ナイフを2本装備してウイングみたいに


2体目のアスタロトを購入したので当初二刀流させようと思ってましたが、明らかに無理そうだったのでやめました・・・w







hgibo_gundamastaroth (24)
足裏は肉抜き穴が出ないようになっていました。








hgibo_gundamastaroth (25)
装甲の左右入れ替えは、右手甲(白い方)以外は無改造で可能です。




以上、HGIBOガンダムアスタロトでした。左右非対称であえて統一感を無くしているデザインが特徴的。巨大なデモリッション・ナイフとサブナックルという面白い武器が付いているのが良いですね。価格が1000円なのも嬉しいです。






HGIBOガンダムバルバトス
HG IBO ガンダムバルバトス

HG 鉄血のオルフェンズ月鋼MSオプションセット
HG1/144  鉄血のオルフェンズ月鋼MSオプションセット

関連記事
スポンサーサイト
2016/10/30 Sun. 21:12 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://g03lgx.blog18.fc2.com/tb.php/1326-2c3efb8a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)