10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

G-01格納庫

ガンプラ等のプラモやフィギュアのレビューと戯言のブログ

1103.スーパーミニプラ 勇者王ガオガイガー(1) 

チャリを着てレーザーに乗るレーザーターボさん
劇場版と共に久々に登場のバイクですが、エグゼイドくん全然乗らないですねー・・・w



購入物
P8067675.jpg
スーパーミニプラ ガリアン、ドラゴンシーザー

ガリアンは発売してから少し経っていますが、ドラゴンシーザーとまとめて注文していたので一緒のタイミングで届きました。
スーパーミニプラもどんどん積まれていく・・・





P8067676.jpg
HGIBOイオフレーム獅電改(ライド機)(オルガ機)

7月分のプレバン。今回は結構多めで一先ずこれだけ開封。








―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

今回は、スーパーミニプラ勇者王ガオガイガーの紹介

P2255828_201708061654409e9.jpg
写真枚数が多くなってしまったので記事を2回に分けます・・・




スーパー戦隊でお馴染みのミニプラの上位ブランド、スーパーミニプラシリーズから勇者王ガオガイガーが登場!
全4種で価格は950円(税抜)2017年2月に初版発売。
全種揃えることでギャレオンと3機のガオーマシンが完成、合体してガオガイガーになります。ジュウオウジャーシリーズから格段に進化ミニプラのクオリティをさらに推し進め、ギミック、可動、プロポーション共にハイレベルなものになっています。


今回は各ガオーマシンの紹介。



1.ギャレオン
sminipura_gaogaigar (1)
さすがに一箱1000円くらいするだけあり1パッケージで成立。今回のラインナップでは一番パーツ数が多いです。


成形色は白、黒、赤、黄色、オレンジ、ガンメタリックの6色。一部パーツは塗装済みで付属のシールを貼ることでほぼ設定通りの色分けが再現されています。
さすがにガンプラなどの本格的なプラモデルと比較するとモールドやパーツ分割に見劣りする点はありますが、食玩とは思えないほどしっかりした作り。材質は先に発売されたザブングル等80年代系のミニプラとは異なり、スーパー戦隊系と同じABSになっています。


■製作
パーツ数が多く、変形合体がメインのロボなので多少手を抜こうとお手軽仕上げにするつもりでしたが、一応一通り塗っています。
メインの白は成形色にムーンストーンパーツを吹き付け。顔等の金は黒下地にスターライトブラス、爪は成形色が顔と分けられていたので金色の色味を変えて塗装。黒は、Mrカラー40周年で期間限定発売されているグラファイトブラックを使ってみたくて塗装しました。





sminipura_gaogaigar (2)
ガイガーの可動域を使ってポージングが可能。前脚はかなり自由に動きます。腰は回転の他に折れの可動がありネコ科っぽい?姿勢を取らせることも。また、顎が開閉します。



sminipura_gaogaigar (3)
尻尾は中間部で折れ曲がります。









sminipura_gaogaigar (4)
お尻部分に3㎜穴が開いているので各種台座に対応します。









続いてガイガーへフュージョン!
sminipura_gaogaigar (5) sminipura_gaogaigar (6)
ギャレオンの頭は差し替えで位置変更それ以外は基本完全変形です。







sminipura_gaogaigar (7)
尻尾は2つに分割してスカート裏に取り付け。当時のDX玩具では褌部に折りたたまれる構造でしたが、ミニプラではこんな感じにアレンジされました。差し替えにはなったものの尻尾の大きさが稼げるようになったし余剰にならないような配慮もされているのでこれはこれでいいですね。

サイドアーマーは可動して折りたたまれます。









sminipura_gaogaigar (8) ガイガー


構造上どうしても頭部は小さめですが、全体的にはスマートでカッコいいプロポーション。
背中には6角形状のディテールがあるのですが、パーツ分割上モールドが掘れなかったようでシールでカバーするようになっていました。今回はかえって見栄えが悪くなりそうだったので無視しました。




頭部
sminipura_gaogaigar (9)
額のGストーンと目は彩色済み。小さいパーツで戦隊ものみたいにシールで覆うのも見栄えが悪いのであらかじめ塗装されているのは嬉しいですね。まあ、多少はみ出しや縁まで塗れてなかったりしたのでレタッチはしていますが・・・w

サイズがサイズなのでモールドは簡易的ですが雰囲気は出ています。






可動

sminipura_gaogaigar (10)
首はボールジョイント接続。腕は真横まで上がります。肩アーマーと腕が独立しているので腕を上げた時に縦に長い肩アーマーが動かないようになっているのが良いですね。ただ、組み立てがちょっと特殊で手こずりました・・・w

肘は一軸。上腕、手首ロールと一通り可動します。




sminipura_gaogaigar (11)
腰は左右回転の他大きく前屈できるように







sminipura_gaogaigar (12)
股関節はボールジョイントでスカートアーマーのないデザインなのでここまで開脚。足はつま先のみ可動しますが横に回転するのでしっかり接地しているように見えます。





sminipura_gaogaigar (13)
膝は2重関節でつま先を折りたためます。








sminipura_gaogaigar (14)sminipura_gaogaigar (15) 
ハンドパーツは差し替え無しで変形できる小サイズのものに加え、見栄え重視の少し大き目のものも付属。さらに開き手も左右付いています。

フュージョン後の決めポーズ等もカッコよく決められます^^





 


sminipura_gaogaigar (16)  








sminipura_gaogaigar (17)







sminipura_gaogaigar (18)


















2.ステルスガオー
sminipura_gaogaigar (19)  
ギャレオンと比べるとパーツ数は抑えめですが、ウイングパーツがとにかく大きくボリュームがあります。ウイングはランナーはなくそのまま封入されてます。


成形色は、黒、赤、黄、ガンメタル、クリアーの5色でウイングの赤いラインやマスクが彩色済み。クリアーパーツも彩色されておりキャノピーはスモークグレー、Gストーンがクリアーグリーンに塗り分けされています。
GGGマーク型の台座が付属して浮かせて展示できるのが嬉しいです。



■製作
ギャレオンと同じく各色を塗装。キャノピー部は裏面にメタリックテープを貼ってみました。






sminipura_gaogaigar (20)
ウイングのGGGマークは別パーツで色分けされています。また、両腕はシャッターパーツが付いており手が見えないようになっています。





sminipura_gaogaigar (21)
底部には3㎜穴が開いているので付属の台座の他、各種台座に対応します。





sminipura_gaogaigar (22)
底面にはアタッチメントパーツを取り付け可能。・・・というか付けた状態がデフォのようです・・・w








sminipura_gaogaigar (23)
このパーツを取り付けることでガイガーとドッキングさせることが出来ます。結構しっかり固定されるので安定しています。











3.ライナーガオー&ディバイディングドライバー
sminipura_gaogaigar (24)
ガオガイガーを構成するパーツの中で一番勇者っぽい部分?なライナーガオー。各箱でバランスを揃えるためかディバイディングドライバーとセットになっています。


成形色は、若干青みがかった白、ギャレオンと共通の白、黒、オレンジ、ガンメタル、クリアー。ライナーガオー天面部分、運転席部分がスモークグレーで彩色済み。


■製作
ライナーガオーは上側の青部分が彩色済みですが、かなり濃い目のいかにも青!といった色で500系新幹線のイメージじゃなかったので塗り直しました。(これが500系の色かといわれると違うと思いますが・・・)

ディバイディングドライバーのオレンジはつや消しを吹いた以外は成形色そのまま。ゴルディオンハンマーも同じ感じで手を抜く予定・・・w






sminipura_gaogaigar (25)
ライナーガオー

変形後の可動部が結構多く意外とパーツ数が多め。底面に車輪が付いておりコロ走行が出来るような作りになっていますが、自分のは結構しっかりはまっており回る感じではありませんでした。






sminipura_gaogaigar (26)
運転席の窓部分はクリアーパーツで見栄え良好。ライト部分塗り忘れました・・・










sminipura_gaogaigar (27)
ステルスガオーと合体させることが出来ます。


















4.ドリルガオー
sminipura_gaogaigar (28) 漢のロマン!ドリル戦車


成形色は黒、赤、黄、ガンメタル、クリアー。シンプルなイメージですが、コクピットや側面ライトがクリアーパーツだったり、足裏になる部分がしっかり蓋されていたりと凝った作りになっていました。



■製作
他と同様に各色を塗装しています。





sminipura_gaogaigar (29)
単体では特にギミックはありません









sminipura_gaogaigar (30)
ガイガーの腕にドッキングさせることが出来ます。










sminipura_gaogaigar (31)
ステルスガオー、ドリルガオーフル装備!







sminipura_gaogaigar (33)
ドリルガオーは腕にはしっかり固定されますが関節の保持力が若干心許ないかも
















sminipura_gaogaigar (34)
ガイガーとガオーマシン3機が集結!






一先ず今回はここまで。次回、ファイナルフュージョン承認!!






関連記事
スポンサーサイト
2017/08/06 Sun. 19:33 | trackback: 0 | comment: 2edit

コメント

コメントは初めてでしょうか? いつも更新されているたびに見ていました。
このスーパーミニプラと言うシリーズは食玩扱いなのに昔のプラモデルよりも精密感も高いようですね。

先日、プレバンでこのシリーズのザンボット3を注文してしました。
番組をリアルタイムに見ていた世代としては懐かしくなりまして・・・。

しんちゃん #- | URL | 2017/08/06 20:53 * edit *

Re: タイトルなし

しんちゃん さん、某所ではめっきり更新しなくなってしまったのでお久しぶりでございます。


このシリーズは良い意味で頭おかしいクオリティとラインナップが素晴らしいですね。ちょっとお値段張ってたり食玩とはいえその辺のスーパーでは買えなかったりしますが・・・w


ザンボット3は未視聴ですが自分も予約しました。変形合体して可動範囲も良さそうなので楽しみです。その前に積んでる奴らが目茶苦茶いるんですけどね^^;

g01lx #- | URL | 2017/08/06 21:23 * edit *

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://g03lgx.blog18.fc2.com/tb.php/1420-25467a88
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)