07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

G-01格納庫

ガンプラ等のプラモやフィギュアのレビューと戯言のブログ

1103.スーパーミニプラ 勇者王ガオガイガー(2) 

やっぱり愛だった。そしてシンフォギア恒例黒バックED・・・最終回かな?(笑)




スーパーミニプラ勇者王ガオガイガーの続きです。



 

 
今回はファイナルフュージョン編でございます。


・・・その前に以下2点を行います。

①ファイナルフュージョンを承認する。
②プログラムドライブをする。


説明書にも書いてあるので重要なことやで。


では・・・



「ファイナルフュージョン承認!!!」

「了解!ファイナルフュージョン、プログラムドラーイブ!!」


sminipura_gaogaigar (35)
例のBGMを脳内再生します。










sminipura_gaogaigar (37)  
ガイガーは下半身を180°回してたたんでいたサイドスカートを起こします。また、つま先をまっすぐに伸ばします。






sminipura_gaogaigar (38)sminipura_gaogaigar (36)
ドリルガオーをドッキング

ドリルガオーは左右に分割。繋いでいるジョイントは折りたたんで収納できます。ドリル部分を倒してつま先を起こします。
ミニプラ独自ギミックとして、キャタピラ部分にロックパーツがあり、合体前に倒しておき、合体後に戻すことで脚が固定されます。


 




sminipura_gaogaigar (39) sminipura_gaogaigar (40)
ガイガーの腕を後ろ側に倒しライナーガオーと合体。その際一旦ガイガーの頭部を持ち上げておきます。合体後に戻すことでライナーガオーと噛み合ってロックされます。


ちなみに、ライナーガオーを通す通路はかなりキツめで一瞬で塗装が剥がれそうだったので結構入念に削っています。頭部で固定されるのでするっと抜けるくらいにしておきました。






sminipura_gaogaigar (41)
ステルスガオー合体。

底面のアタッチメントパーツは外します。




sminipura_gaogaigar (42)
鬣をギャレオンの頭部に接続。

ちなみに鬣の金と赤は色分けされています。何気にすごい






sminipura_gaogaigar (44) sminipura_gaogaigar (43)
ライナーガオーから上腕部を展開し、ステルスガオーの前腕部を取り付け。


前腕は側面のレバーをスライドさせることで手首が露出。蓋パーツは外して余剰パーツに。






sminipura_gaogaigar (45)
最後にヘルメットを被せて合体完了!










「ガオッガイッガー!!」
sminipura_gaogaigar (46)








sminipura_gaogaigar (47) ガオガイガー


ガイガーとガオーマシンが合体してガオガイガーに。劇中の合体シークエンスとほぼ同様の手順で合体できます。
プロポーションも良好で非常にカッコよくまとまっています。


ハンドパーツは変形用の小型のものに加えて、見栄え重視の大き目のものが付属。上の写真では大きい物に交換しています。






頭部
sminipura_gaogaigar (48)
差し替え等なくガイガーにそのまま被せられる構造ながらカッコよく作られています。目と頬の赤は彩色済み。額のGストーンはクリアーパーツ。かなり小さいため予備含めて3つ付属しています。







可動
sminipura_gaogaigar (49)
基本的にガイガーの関節構造を引き継いでいます。完全に別物になっている腕は、肩の付け根から上にはね上がりいかり肩にできます。それとは別に腕が横に上がります。肘は1軸で90°ほど。手首はボールジョイント接続


頭部はステルスガオーと赤いパーツで繋がっており動きが制限されますが、外してしまえばガイガーの可動域がそのまま活かせるようになります。







sminipura_gaogaigar (50)
股関節の可動はスカートで多少制限されますがガイガーと共通。フロントスカートは左右一体で可動。サイドスカートも横にはね上がります。
尚、フロントスカートは左右切り離しています。


足は特殊な接続によって、ガイガーの足がはまっているにもかかわらず優秀な接地性を誇ります。








sminipura_gaogaigar (51)








sminipura_gaogaigar (52)









sminipura_gaogaigar (53)
ブロウクンマグナム







sminipura_gaogaigar (54)
プロテクトシェード用の手は第2弾に付属します。











sminipura_gaogaigar (55)
ディバイディングドライバー

ハンドパーツを小さいものに交換し、手首展開用のレール溝に取り付けて固定。
ヘッド部分のシルバーはシールによる色分けですが、細かいグレー部分は別パーツ、後部のゲージは黄色のシールの上にクリアーパーツを被せる凝った作りになっています。





sminipura_gaogaigar (56)









sminipura_gaogaigar (57)














sminipura_gaogaigar (58)
ヘルアンドヘブン




sminipura_gaogaigar (59)
指を組んだ専用のハンドパーツが付属。腕をまっすぐ伸ばすことは出来ませんが一応鬣を使たままでもそれっぽいポーズがとらせられるようになっています。








sminipura_gaogaigar (60)















sminipura_gaogaigar (61)
関節の保持力が死んでいるスーパーロボット超合金と1/144スケールのガンプラ(RGガンダム)と


サイズは、一般的な1/144スケールのガンプラよりは大きく、SR超合金ガオガイガーより若干背が低いです。






以上、スーパーミニプラ勇者王ガオガイガーでした。価格はMGが買えてしまうくらい良い値段していますが、変形合体ギミックをしっかり再現しつつ色分けや可動、プロポーション共に非常に良く出来ていました。第2弾としてゴルディーマーグとステルスガオーⅡが登場しておりガオガイガーをパワーアップさせられるのでそちらも早く完成させたいです。
また、今後のラインナップとして大スケールなキングジェイダーや超竜神が控えているようなのでそちらも楽しみ。特に続報のない超竜神がどのようなものになるのが気になります。






関連記事
スポンサーサイト
2017/08/07 Mon. 20:00 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://g03lgx.blog18.fc2.com/tb.php/1421-2e4da8fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)