FC2ブログ

11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

G-01格納庫

ガンプラ等作ったりフィギュアや食玩で遊んだりする自己満足ブログ

1169.HG アメイジングズゴック 

あれ?乗せられちゃった?


マギレコのエイプリルフールネタで魔法少女と写真がとれる機能が実装されてたので試してみました
magireco0401 (1)magireco0401 (7)
被写体がアメズゴなのはレビュー写真の撮影中だったから・・・

撮影可能なのはすでに持っている魔法少女のみで、一人選択して位置を変えたり衣装を変えたりして撮影ができます。
・・・が、まどマギメインキャラとマギレコメインキャラは問答無用でマギレポ仕様になります・・・w

magireco0401 (5) magireco0401 (4)

magireco0401 (3) magireco0401 (6)


magireco0401 (8) magireco0401 (2)
メインキャラ以外は普通に撮れます






今回は、HGBFアメイジングズゴックの紹介


PA298523_201804011658443e9.jpg






「罠と分かって入るバカなどおらん!!」

hgbf_amazingzgok (1)
MSM-07-A アメイジングズゴック


三代目メイジン・カワグチが「ガンプラの楽しさ」を体現するものとして製作した機体。一年戦争時のジオンの水陸両用MS複数機の能力を1機に集約するという、まさにガンプラでしか実現できない特徴を持つ。遊びの機体であってもその武装配置のバランスや全体の完成度はずば抜けており、バトルにおいても無敵といえるほど高性能である。ズゴックをベースとした理由は、シャア専用の赤を選びたかったからである。
ビルダー、ファイター:メイジン・カワグチ


「ガンダムビルドファイターズ GMの逆襲」より、メイジンが使用したズゴックのカスタムガンプラがキット化。
BF系の機体としては外見上のアレンジは控えめで、本体はほぼズゴックのまま腕部が大型化した独自のものに変化しています。
プレミアムバンダイ限定商品で2017年11月に発送されました。


キットはHGUCシャア専用ズゴックがベースで、腕部パーツが新規ランナーで追加されています。元キットは約17年前のものですが、合わせ目こそ目立ちますが、スタイルに関しては今の目でも見劣りすることなく良く出来ています。




hgbf_amazingzgok (2)hgbf_amazingzgok (9)
ボディはベース機そのまま。モノアイはシールによる再現ですが、今回は加工してクリアーパーツで再現しました。


キットの色分けは、胸のコクピットハッチがシール、バックパックの色分けが追加されているので塗装の必要がありますがそれ以外はパーツ分割でしっかりと再現されています。


■製作
元のズゴックの前腕、腹部、バックパックを接着して合わせ目消し、モノアイをボールデンアームズのジョイントを使って可動化。塗装は全塗装しています。

モノアイ可動化はイエサブのツイッターで紹介されていた方法をうろ覚えで参考にしました・・・w



可動
hgbf_amazingzgok (3) hgbf_amazingzgok (4)
胴体は内部構造が新調されて腕との接続がボールジョイントから軸接続に変更されました。前後スイング機構が搭載されていますが恩恵はあまりありません。関節可動のアップデートというよりは大型化した腕を支えるための処置かと

上腕の蛇腹部分は新規パーツで、元のパーツでは節ごとにボールジョイントで可動しましたが、こちらは肩の付け根が軸可動、2段目が軸可動の横ロールのみで3段目は固定になっています。肘は1軸で90°程曲がります。



hgbf_amazingzgok (5)
胴体は腹と腰がボールジョイントで古いキットと思えない程大きくスイングします。


hgbf_amazingzgok (6)
捻りはパーツの干渉の都合でこのくらい



hgbf_amazingzgok (7)
下半身は通常のズゴックと共通。腕と違い蛇腹は節ごとにボールジョイントで可動。開脚性は非常に優秀です。足首は単純なボールジョイント接続でそれなり。



hgbf_amazingzgok (8)
膝は1軸で90°程


水陸両用という特殊な機体なので可動範囲に関しても見劣りする所はなく良く動きます。ただ、一部の保持力が少し心許ない感じなので調整してやると遊びやすくなるかと思います。





hgbf_amazingzgok (12)
アイアン・ネイルは開閉可能です。



hgbf_amazingzgok (13)





hgbf_amazingzgok (10)   hgbf_amazingzgok (11)
台座が登場する以前のキットなので3㎜穴は無く台座には対応していません。ですが、股間下に良い感じにバーニアがあったので穴を開けて3㎜軸をさせるようにしました。


足裏は肉抜き穴は無くディテールもしっかり再現されています。水陸両用機らしくスクリューを配置。






武装
hgbf_amazingzgok (14)
ジュアッグモード

アメイジングズゴックは腕部に水陸両用MS4機の特性を再現した武装を搭載しています。ジュアッグモードは3連装ロケットランチャーが腕からせり出し、中距離での攻撃を想定。

クローを取り外し、ロケットランチャーの砲身パーツ3つを取り付けて再現します。


hgbf_amazingzgok (15)
砲身は左右分付属しています。



hgbf_amazingzgok (16)





hgbf_amazingzgok (17)
アッグガイモード

アッグガイのヒートロッドを使用する形態。敵に巻き付き熱と電撃によってダメージを与える。

ヒートロッドパーツ2本を銃口に取り付けて再現します。


hgbf_amazingzgok (18)
こちらも左右分ちゃんと付属



hgbf_amazingzgok (19)






hgbf_amazingzgok (20)
ゾゴックモード

ゾゴックに装備されたワイドカッターを使用できる形態。ブーメランのように飛ばして敵を切断する。

側面の刃を起こすことで再現。取り外すことは出来ますがブーメランとしては成形されていません。
上の2形態と比べると外見の変化があまりなくて地味ですね・・・w


hgbf_amazingzgok (21)






hgbf_amazingzgok (22)
アッグモード

あっぐの両腕のドリルを再現する形態。アイアン・ネイルを中央に集約、回転させることで実現している。

爪を高速回転させることでアッグのドリルとしているため、キットではただ爪を閉じただけになりゾゴックモード以上に地味になっています。





hgbf_amazingzgok (23)





hgbf_amazingzgok (24)




hgbf_amazingzgok (25)















hgbf_amazingzgok (26)
上腕部を元キットのものに交換することで通常のズゴックとして組むことが可能です。

胴体の構造変化に合わせてわざわざ新規のジョイントパーツが付属しています。




hgbf_amazingzgok (27)





hgbf_amazingzgok (28)




hgbf_amazingzgok (29)








hgbf_amazingzgok (33)
また、新規パーツなのに余剰扱いの謎パーツが付いてきます。これは腕部のクローの取り付け穴と同じパーツで穴の大きさが違っています。持っていないので試せませんがおそらくRGのクローを取りつけるためのパーツ化と思われます。

尚、アメイジングの新規腕部は無改造でRGに取り付けられるようです。









hgbf_amazingzgok (30)
スターバーニングガンダムと




hgbf_amazingzgok (31)






hgbf_amazingzgok (32)
敵がジムでメイジンがズゴックを使用するということでやっぱりこういうシーンを期待してましたが、残念ながらありませんでした・・・w






hgbf_amazingzgok (34)
これでようやくGM逆襲の主要機体が揃いました^^




以上、HGBFアメイジングズゴックでした。ベースとなったキットがかなり古めですが、合わせ目が目立つくらいで特に気にならず、新規の腕部もボリュームのあるデザインで4機の特性を併せ持つというコンセプトも面白いキットになっていました。


HGBFスターバーニングガンダム
HGBF スターバーニングガンダム

HGBF忍パルスガンダム
HGBF 忍パルスガンダム

HGBFガンダムX十魔王
HGBF ガンダムX十魔王

HGBFガンダムフェニーチェリベルタ
HGBF ガンダムフェニーチェリベルタ

HGBFベアッガイⅢ
HGBF ベアッガイⅢ(さん)

HGBF GM/GM
HGBF GM/GM




関連記事
スポンサーサイト
2018/04/01 Sun. 19:18 | trackback: -- | comment: -- | edit