FC2ブログ

11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

G-01格納庫

ガンプラ等作ったりフィギュアや食玩で遊んだりする自己満足ブログ

1177.DXS06 シンカリオンH5はやぶさ 

自転車盗られた・・・
近場探してたら、数十メートル先のアパートの前に停められてたんで一応警察呼んで回収。サドル異常に上げられてた上穴まで開けられてたんで自転車屋で換えてもらいました・・・また余計な出費を・・・
それにしてもボロい上に鍵かけてたものわざわざ盗るとかなに考えてるんだ?






今回は、DXS06 シンカリオンH5はやぶさの紹介

P4280858.jpg


shinkalion_H5hayabusa (1)
新幹線H5系はやぶさ


TVアニメ「新幹線変形ロボ シンカリオン」より、北海道に配備されているシンカリオン H5はやぶさが登場。
シンカリオンはその名の通り新幹線が変形する巨大ロボで、アニメ化する以前から玩具が発売されていましたが、アニメに合わせてプロポーション等が完全リニューアルして再展開。H5も新バージョンとしてリニューアルされました。

ちなみに自分は旧版含めてシンカリオンの玩具は今回が初購入になります。


シンカリオンはドライブヘッドがトミカの派生になっているのと同じようにプラレールの派生になっています。新幹線モードはプラレール規格になっており、底面の大きな車輪にどこか懐かしさを覚えますw電動走行はしませんがレールに乗せて手押しで走らせることが出来ます。
ボディのグリーンはメタリック彩色で綺麗。形状はE5とほぼ共通ですが、H5では側面のラインが彩香パープルになっています。H5のマークはシールで再現。



shinkalion_H5hayabusa (2)
商品は3両編成で中間車両は武器が格納されています。中間車両はボディの取り外しが可能。上面にはスイッチ穴らしきものがあり、どうやら発売中の動力車のシャーシに換装すれば電動走行できるようになるようです。




では早速変形


「超進化速度突入!」

shinkalion_H5hayabusa (3)
旧版では最初に前後車輌を連結することで一部が一発変形するギミックが搭載されていたようですが、リニューアル版では廃止され前後車輌それぞれ変形させていきます。

先頭車両はまず、中央あたりを左右に開きます。変形前後ともに固定用のピンがあるので各形態とも安定しています。



shinkalion_H5hayabusa (4)
開いた部分の白い下半分を展開することで腕に。肩アーマーには旧版では省略されていた装甲が段差状に重なったディテールも再現されています。



shinkalion_H5hayabusa (5)
腕から拳を起こして変形準備完了





shinkalion_H5hayabusa (6)
後部車両は後方を開きつつ前方のカバーを展開


shinkalion_H5hayabusa (7)
ウェイブライダーのように折り畳まれた膝を伸ばします。



shinkalion_H5hayabusa (8)
足首のカバーを展開。つま先を起こして踵と一体に、そのまま足全体をカチッと音がするまで動かします。それと連動して脛のカバーが上方へスライド



shinkalion_H5hayabusa (9)
下半身の変形完了




shinkalion_H5hayabusa (10)
上半身底部から腹部パーツを降ろします。すると自動で運転席部のハッチが展開。

上半身と下半身を合体させます。



shinkalion_H5hayabusa (11)
丸く囲ったスイッチ通すと頭が自動で飛び出すとのことですが、自分は不発でした・・・w




shinkalion_H5hayabusa (12)
中間車両に格納されていたウイングを肩に取り付け。頭部の角を起こして完成。









shinkalion_H5hayabusa (13)
シンカリオンH5はやぶさ

新幹線H5系はやぶさをベースに開発されたシンカリオン。E5はやぶさのスピードや空中での機動性はそのままにボディやカイサツソードに内蔵された「YHS(ユーバリ・ヒート・システム)」により、寒い場所での活躍や熱の力を活かした攻撃が出来る。

主人公機の派生機という美味しいポジションながら寒冷地仕様という渋い設定がステキ!そして最大の特徴は運転手(パイロット)が初音ミク改め発音ミクである点!たしかにはやぶさってミクっぽいカラーリングですが公式でコラボしてしまうとは・・・w声はミクの中の人が演じているものをあえてミク風に加工する徹底ぶり(ちなみに他のボカロもモブにいた模様)



おそらく大半はE5はやぶさと共通ですが、頭部が北海道とシロハヤブサをモチーフにしたH5のロゴをベースにしたデザインになっているのと、YHSをイメージして一部の配色がオレンジになっています。シールの変更によりフロントスカートのディテールも変化。
ロボット形態時のプロポーションは旧玩具版から大幅に変更されてCGに近くなり非常にカッコよく仕上がっています!
各部のロック機構もしっかりしており安定感も良いですね。





可動
shinkalion_H5hayabusa (14)
上半身は中々優秀で、ドライブヘッドでは固定だった頭部が上下左右に可動します。これはうれしい!

肩は前後ロールでクリック式。その他上腕が左右スイングと横ロール。肘が曲がります。

腰は固定。




shinkalion_H5hayabusa (15)
下半身は股関節が固定。膝は曲がりますがクリック式で間隔がかなり大きいので細かい調整は出来ません。足首は若干内側に可動し、脚のㇵの字立ち分はしっかり接地します。

ということで下半身の可動はいまいち。特に股間節固定なのが一番残念ですが、これは子供向け玩具としてあえてそういう仕様にしたとどこかのホビー誌のインタビューで見た覚えが





shinkalion_H5hayabusa (16)
武器としてカイサツソードが付属。折りたたみ式の刀身が展開します。刃はE5と異なりラメ入りのクリアオレンジに。背部ウイングも同様です。



shinkalion_H5hayabusa (17)





shinkalion_H5hayabusa (18)
股関節が固定なので派手なポージングは出来ないですね。



shinkalion_H5hayabusa (19)






shinkalion_H5hayabusa (20)
身体の各部にジョイントがあるので武器をマウントしたり装備を取り付けたりできます。




shinkalion_H5hayabusa (21)
E5同様機首の連結器カバーを展開することで「グランクロス」発射形態を再現できます。H5が使えるのかどうかは知りませんが・・・w




shinkalion_H5hayabusa (22)
リンク合体用のヘッドギアも付属。メタリックオレンジで彩色されています。










shinkalion_H5hayabusa (23)
Shincaが付属。


別売のシンカギアに対応し音声ギミックなどが発動するようです。



shinkalion_H5hayabusa (24)
Shincaに対応した発音ミクシールも付いています。










shinkalion_H5hayabusa (25)
ドライブヘッドと

サイズはドライブヘッドより大きいです。







shinkalion_H5hayabusa (26)
我が家にもう一体あるミクロボと



以上、シンカリオンH5はやぶさでした。





サイクロンインターセプター
シンクロ合体シリーズ ドライブヘッド01MKⅡ サイクロンインターセプター


関連記事
スポンサーサイト
2018/04/29 Sun. 18:28 | trackback: -- | comment: -- | edit