FC2ブログ

11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

G-01格納庫

ガンプラ等作ったりフィギュアや食玩で遊んだりする自己満足ブログ

1184.ミニプラ VSビークル合体シリーズ01 ルパンカイザー 

ミニプラ ルパンカイザーの紹介です

P3110249.jpg


「快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー」ミニプラシリーズ第1弾、ルパンレンジャー側のロボ ルパンカイザーが登場。
2018年3月発売、全5種
昨年のキュウレンジャーシリーズ同様、通常版の他に全5種がセットになったBOX版が同時発売。内容は外箱の有無以外全く同じです。


■製作
パチ組みほぼ全塗装しました。



それでは順番に紹介





1.レッドダイヤルファイター
minipura_lupinkizer (1)
ルパンレッド専用のジェット戦闘機型VSビークル。ルパンレンジャー側のVSビークルであるダイヤルファイターは現状飛行機関連で統一されています。怪盗ということで金庫のダイヤルを模したパーツが取り付けられているのが特徴的。


レッド専用メカとしては久しぶりに単体で成立しています。成形色は赤と黒の2色。ジュウオウ~キュウレンと比べると変態色分け度は下がっている印象ですが、羽の色分けは無理っぽいので概ねこんなものかと。機首の黒~コクピットが別パーツになってたら嬉しかったかも。
配色はシンプルなのでシールは少なめ。貼ればほぼ配色が再現できます。



minipura_lupinkizer (2) minipura_lupinkizer (3)
底面のプレート(VSチェンジャーにセットする部分にあたるパーツ)には3㎜穴が開いており、対応する台座があれば浮かせてディスプレイできます。飛行メカなのでこれは嬉しいですね。


上部のダイヤルは回転させることが出来ますが、連動してギミック作動等はありません



minipura_lupinkizer (4) minipura_lupinkizer (5)
機体前半分を折り曲げてアタックモードに変形。必殺光弾の銃口も造形されています。









2.ブルーダイヤルファイター
minipura_lupinkizer (6) ルパンブルー専用のエアレーサー型VSビークル。先端にプロペラが付いた競技用飛行機型のメカになっています。


単体で成立し、成形色は青とシルバーの2色。シルバーは昨年のグリスターインジェクションVer.のようなメタリック系の成形色になっています。
こちらも色分けのための分割はありませんが、足りていないのはコクピットと羽の黒オレンジライン程度でシールで補完できます。




minipura_lupinkizer (7)
レッドダイヤルファイター同様、底面プレートに開いている3㎜穴で台座に対応します。








minipura_lupinkizer (8) minipura_lupinkizer (9) 
後部を折り曲げることでアタックモードに。この状態では底面の3㎜穴が使いづらくなりますが、ダイヤル後部(肩ジョイント)にも3㎜穴が設けられており、こちらを使えば問題なく浮かせられます。



minipura_lupinkizer (10)









3.イエローダイヤルファイター
minipura_lupinkizer (11) ルパンイエロー専用のティルトローター機型VSビークル。3機とも同じ飛行メカながら異なる系統になっておりデザインに差別化がされているのがいいですね。


成形色は黄色とシルバー、ボーナスパーツが青になっています。本体は2色成形で目立つ部分ではコクピットが完全にシールになっています。個人的にここは色分けされてなくても良いので別パーツだったらマスキングの手間が多少省けて助かったかなと。
また、ローター上面のオレンジラインはモールドが無いので付属のシールをマスクにして塗り分けました。



minipura_lupinkizer (12)
上の2機同様に底面の3㎜穴で各種台座に対応




minipura_lupinkizer (13) minipura_lupinkizer (14)
ブルーダイヤルファイターと同じようにアタックモードに変形。丸ノコは2パーツ構成で肉抜き穴が出ないようになっているのが嬉しいです。





minipura_lupinkizer (15)
イエローに付属のボーナスパーツ。

これをダイヤルファイターに取りつけることでスーパー戦隊ハイパーアイテムズ 1.VSチェンジャーにセットすることが出来るようになります。



minipura_lupinkizer (16)
ボーナスパーツをダイヤルファイター底面プレートを挟みこむようにして取り付け。これによりVSチェンジャーのスロットと同規格となりセットできるように。ちなみに、この規格はDX版とも共通になっています。


ボーナスパーツはかなり緩めなので取り付けた際の塗装剥げの心配はほぼ無さそうです。






『ゲット セット!レディ?飛べ!飛べ!飛べ!・・・ゴー!』
minipura_lupinkizer (17)
怪盗は華麗で華やかなイメージなのでダイヤルファイターのメインカラーはメタリック系で塗装しました。黒は非メタリックでツヤを落としています。








4+5.グッドストライカー
minipura_lupinkizer (18) 自我を持った謎の大型VSビークル。愛称は「グッティ」


通常のVSビークルよりもかなり大型ということで2箱を組み合わせることで完成します。分割はジュウオウ~キュウレンで見られた色分け優先で揃えないと組み立てられないということはなく、綺麗に前後で分かれています。
ダイヤルファイター3機と比べると色分けのために多少分割はされていますが、昨年までと比べると色分けのこだわりは少し下がった印象。
成形色は黒、ダークグレー、グレー、赤の4色。特徴的な顔部分は当然ながらシールなのですが、モールドは無い(後部は全くなにも入っていないツルツルな面になっています)ので塗装で再現する場合の難易度は尋常ではないかと・・・今回はオレンジは塗装して目と口はシールを切り取って貼りつけました。




minipura_lupinkizer (19)
足裏の肉抜き穴が目立ちます。

台座用というわけではなさそうですが、裏面に2つ並んだ3㎜穴が開いているのでそれを使えば一応浮かせて展示できます。





minipura_lupinkizer (20)
ウイングと機首を畳めばトリガーマシンモードに。今回は軽く流します・・・w





minipura_lupinkizer (21)
4.グッドストライカーAにはVSチェンジャー対応のボーナスパーツが付属。




minipura_lupinkizer (22)
ボーナスパーツを取りつけることでVSチェンジャーにセットできます。

ボーナスパーツの取り付けはダイヤルファイター用と比べると多少手間がかかり、一旦後輪部を根本から取り外す必要があります








minipura_lupinkizer (23) 「グッドストライカーぶらっと参上!」

グッティの黒と赤はメタリック系で塗装しています。





続いて快盗合体―



「快盗ガッタイム!勝利を奪い取ろうぜ!!」

minipura_lupinkizer (24)
グッドストライカーは羽、機首、トリガー部を倒し、前側を引きだします。






minipura_lupinkizer (25)
グッドストライカーを中心にダイヤルファイターが集結




minipura_lupinkizer (26)
ダイヤルファイターはそれぞれアタックモードと同じように変形させます。また、膝部分のカバーを開きます。





minipura_lupinkizer (27)
ブルーとイエローはそのまま肩のジョイントに取り付け。レッドはグッドストライカー側のジョイントを起こして取り付けます。




minipura_lupinkizer (28)
レッドのダイヤルを回し、マスクが回転して出現。






「完成!ルパンカイザー!!」
minipura_lupinkizer (29)
ルパンカイザー

レッド、ブルー、イエロー3機のダイヤルファイターと、ルパンレンジャーに味方したグッドストライカー(ダイヤルファイターモード)が「快盗ガッタイム!」で合体した快盗ロボ。ジェット機なみに飛行でき、激しい空中戦が得意。右腕のガトリング砲を連射し、左腕のバズソーを投げ、敵を追いつめる。エネルギー弾を激しく連射する必殺技“グッドストライカー連射 倒れちまえショット”で敵をせん滅。(公式サイト引用)


戦隊1号ロボでは珍しい脚が細めのスマートなロボになっています。ダイヤルファイターはそれぞれのカラーで派手ですが、大部分を占めるグッティのメインカラーが黒なので結構締まって見えてカッコいいですね。
露骨な肉抜き穴も少ないので見栄えも中々いいです。




頭部
minipura_lupinkizer (30)
ダイヤルを快盗のシルクハットに見立てているのがアイデア賞もの。フェイスも怪盗らしく仮面を付けたようなデザインになっています。さすがにこのサイズなのでルパンカイザーの特徴である瞳は再現されていません。




可動

minipura_lupinkizer (31)
肩は付け根で前後スイング。肩ごと持ち上がって腕が横に上がります。干渉するので真横までは上がりません。
肘が一軸で曲がり、ここで横ロールできます。ダイヤルファイターのウイングがちょっと邪魔・・・w

左腕はバズソーの武器腕、右手はガトリング砲ですが根本に拳のような造形があります。拳部分で前後に可動。


頭部は構造上固定ですが、ダイヤルによるフェイスの回転機構を使えば若干目線を変えるくらいはできます。



minipura_lupinkizer (33)
腰は軸回転で捻れます。ただし、背中のダイヤルが干渉するので写真くらいまで。




minipura_lupinkizer (34)
股関節は軸可動で開脚性は非常に優秀。足首関節はありませんがつま先の赤部分は回転させられるので接地しているように見せかけることは出来ます。




minipura_lupinkizer (35)
膝は90°程曲がります。腿に横ロール軸あり。また、フロントアーマーが可動しますが左右一体となっており独立可動させる場合ノコ等で切り離した後軸を打って繋ぎ直すといった加工が必要になります。(今回はそのまま)


股間下に3㎜穴が開いており各種台座に対応







minipura_lupinkizer (36)
デザイン上頭部が固定になっていたり多少の癖はありますが、全体的に良く動きます。




minipura_lupinkizer (37)
ルパンカイザーは高速空中戦の印象が強いのでちゃんと台座に対応しているのは嬉しいです。




minipura_lupinkizer (38)





minipura_lupinkizer (39)






minipura_lupinkizer (40)







minipura_lupinkizer (41)











minipura_lupinkizer (42)
「決めるぞ」




minipura_lupinkizer (43)
「グッドストライカー連射 倒れちまえショット!!」

ハイパーアイテムズのVSチェンジャーは必殺技再現用にかなり良い感じのサイズ




minipura_lupinkizer (44)
「永遠に・・・」

「アデュー!」

「気分はサイコー!」






minipura_lupinkizer (45)
昨年のキュウレンオーと

一箱分の差はあるもののかなりボリュームに差があります。ルパンカイザーにしたとき最初「小さっ!」となりました・・・w





以上、ミニプラルパンカイザーでした。
変態色分けは多少落ち着いた印象でしたが安定して良く出来ていると思います。第3弾も出ちゃったしパトカイザーも早く作らないと・・・







関連記事
スポンサーサイト
2018/05/26 Sat. 19:55 | trackback: -- | comment: -- | edit