FC2ブログ

11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

G-01格納庫

ガンプラ等作ったりフィギュアや食玩で遊んだりする自己満足ブログ

1209.HGBD ガンダムアストレイノーネイム 

劇場版のんのんびより ばけーしょん観に行ってきました。
P9082352.jpg
初週はC3、先週は天気悪そうだったので3週目になってしまいました・・・

原作にもあった沖縄旅行編をアレンジしたような内容で、概ね原作の内容を追いつつも新キャラクターとしてれんちょん達が泊まる民宿の娘あおいとのふれあいが追加され劇場版らしい話になっていました。個人的に原作ではギャグ寄りで受け取っていた最終日のなっつん号泣があおいとの関係が追加されて違った印象に。そして相変わらず小1の画力じゃないれんちょん・・・w

綺麗な風景と絶妙な間、ギャグにちょっと心に来るいい話とのんのんびよりの魅力が凝縮された劇場版でした。


購入物
P9082348.jpg
HGBDガンダムダブルオースカイ(ハイヤーザンスカイフェイズ)
SDBD RX-零丸
HGBCマシンライダー

給料が入ったので先週あたりから買い控えていたダイバーズ新キットをまとめて購入。ブラストマスターは日和った・・・


P9082347.jpg
ねこぶそう てんこ盛り

ホビー事業のエイプリルフールネタがまさかの商品化のねこぶそう。試しに装備が一通り揃うてんこ盛りを購入していました。
ねこが意外と大きいというのはレビューとか見てて知ってはいましたが、いざ手に取ってみると想像してたより二回りくらい大きくてちょっとびっくり・・・w




アリス・ギア・アイギスFAガールコラボ第3弾
Screenshot_20180902-122716.png Screenshot_20180907-015030.png
ついにばーぜ実装!星4は最初のスカウトカード20連爆死、5000円課金して10連回して無事死亡・・・バーゼだけプラモ作ってなかった報いかと落ち込みつつも、余ったカラットで一日一回割引単発回し、同時に必死にカード貯めて10連回して何とか手に入りました
(轟雷すちと違って配布の星3でもギア装備すれば見た目同じなので最悪でなくても諦めはつきましたが)


Screenshot_20180908-184515.png
感慨深い・・・




今回はHGBDガンダムアストレイノーネイムの紹介

P8041876_20180908185121366.jpg










「倒されては直し、改造し、改良し、GPデュエルに特化させた俺の相棒・・・アストレイ・ノーネイム」


hgbd_astray_noname (1)
MBF-PNN ガンダムアストレイノーネイム


ガンダムアストレイをベースにビルドしたシバのガンプラ。現実でガンプラを戦わせるGPデュエル(GPD)で300戦以上をこなし、その都度修復、改造、強化を行うことで現在の仕様に行き着いた。彼がGPDで見出した答えとも言える複合型装備「ノーネイムユニット」は、攻撃や防御性能の向上だけでなく「UC-MSV」に登場したガンダムデルタカイのナイトロシステムを搭載。設定上では搭乗者を強制的に強化人間へ変貌させるが、ガンプラバトルではフィールド上の空間解析を行い、操縦するファイターにフィードバックし、反応時間を疑似的に短縮させることでその機能性を再現。GPDで戦うことのみに特化した本機はそれ以外の何物でもなく、ただその目的のためだけに機動するのである。
ビルダー:シバ・ツカサ


「ガンダムビルドダイバーズ」より、ブレイクデカール事件の黒幕でありGBN以前に普及していたGPDに執着するプレーヤー、シバが使用するガンプラがHGでキット化。
ガンダムアストレイがベースの機体で、特に明言はされていませんが「天空の皇女」に登場するロードアストレイの要素が強いデザインになっています。その上で他のアストレイの特徴を凝縮したような機体といった印象です。
左右非対称なデザイン、左腕を覆うマントと中二心に訴えかけて来るものがあります(笑)


キットはHGガンダムアストレイ(新ver.)のランナーを一部使用していますが、大部分は新規パーツになっています。流用のフレームパーツから結構な余剰が発生します。


頭部
hgbd_astray_noname (2) hgbd_astray_noname (3)
形状的には他のアストレイとの共通個所は特にありませんが、前後に長いヘルメットやフェイス形状等アストレイの系譜らしいデザインになっています。前に大きく突き出したアンテナで顔は見づらいです。
また、後頭部にもバイザーで覆われた顔が存在。この辺りはミラージュフレームを連想させます。


キットの色分けは、各部のゴールド部分やノーネイムユニットの白他、細部が足りていませんが、レッドフレーム等と比べるとある程度簡略化された配色になっています。



■製作
パチ組み、ほぼ全塗装。
フレーム部分の赤はGXメタルブラッディレッドで塗装し暗いメタリックレッドにしました。マント等は設定ではほぼ黒ですが、成形色がブラウンでそれに思い切り引っ張られた上、製作時手持ちに黒が不足しており明度も落とせず結果あずき色っぽくなってしまいました・・・ノリで適当に調色するから・・・
尚、細かい塗り分けが多い上、注意して見比べたりしてなかったため意図せず一部塗り忘れたり配色間違えたりしてます(背中のアンテナの白とか)・・・

ノーネイムユニットの青い発光部はシールにUVクリアーレジンを盛って疑似ジュエルシールっぽくしました。



可動
hgbd_astray_noname (4)
ベースはHGガンダムアストレイなのでPC-001Aを使用し、全身ポリキャップ関節になっています。

肩はアストレイ同様前後スイング。腕は左右ともあまり横に上がりません(特に左)。肘は1軸で上腕前腕互いのパーツがぶつかり90度に満たない感じ。

頭部は首回りはすっきりしているので自由度高め(マントを着けるとある程度の制限が出ます)。何気に首関節はプラ製の新規パーツに変更されています。


hgbd_astray_noname (5)


hgbd_astray_noname (6) hgbd_astray_noname (7)
腰はダブルボールジョイントである程度前後スイング。左右にも傾けられます。横への捻りは腹部、腰側共に干渉し写真右下くらいが限界


hgbd_astray_noname (8)
開脚、接地は優秀


 

hgbd_astray_noname (9)
膝は2重関節。関節後部にプレート状のパーツが付いていますが、可動式でそこまで影響は出ない感じ。


全身の関節構造は概ね現在レベルですが、干渉部が多かったりと全体的に少し窮屈な印象。





武装

hgbd_astray_noname (10) ノーネイムユニット装着




hgbd_astray_noname (11)
ノーネイムユニット Dエクステンション

基本形態となるペリース形状の防御モード。堅牢な装甲は対実弾性だけでなく、強力なビームコートが施されている。



hgbd_astray_noname (12)
マントを取り付けると左腕の可動はほぼ死にます。

左手は平手が付属。股間下には3㎜穴が開いているので各種台座に対応しています。





hgbd_astray_noname (13)
ガントレットセイバー

右腕に装備する籠手型の武器。先端から高出力のビーム刃を発生させる。

ビーム刃が付属し取り付け可能。ガンダムXの流用です。



hgbd_astray_noname (14)
マントのウイング部はある程度動かせるので隙間から腕を出したポージングが可能。


hgbd_astray_noname (15)




hgbd_astray_noname (16)
ちなみに、腕は左右非対称でガントレットは前腕に直接取り付けられています。ハンドパーツは左右分付属しますが構造上取り付けられないので必然的に余剰パーツに。









hgbd_astray_noname (17)  
ノーネイムユニット Bスマートガン

中・遠距離攻撃を行う射撃モード
ノーネイムユニットを組み替えてBスマートガンモードに。腕自体が巨大なビーム砲になったような形態で、サイズも大きくインパクト抜群。


hgbd_astray_noname (18)
ノーネイムユニットは土台となるパーツに各装備を取り付けていくことで各形態を再現しています。

左上がDエクステンション用、中上が後述のXコネクト用、右上がBスマートガン用です。



hgbd_astray_noname (19)
変形させたノーネイムユニットは右肩アーマーに直接取り付け。

上の写真ではスコープ後ろの台形状のパーツが前後逆になっています・・・


hgbd_astray_noname (20)



hgbd_astray_noname (21)



hgbd_astray_noname (22)




hgbd_astray_noname (23)
今回特に明言されていませんが、ジョイントの後ろ側にグリップっぽいものが付いており手で持たせることもできました。でかいので保持は厳しそうですが・・・







hgbd_astray_noname (24) ノーネイムユニット Xコネクト

ナイトロシステム発動時の決戦モード。
ノーネイムユニットを組み替えて背中に装着。巨大なウイングを装備したバックパックによって派手な見た目になりました。



hgbd_astray_noname (25)
Xコネクトモードでは差し替えで左右のアンテナを展開。フェイス部分が見やすくなりました。通常時はポーズのたびにアンテナを左右揃えるのが面倒ですが、こちらはそこまで気にせず気楽に動かせます。



hgbd_astray_noname (26)
アンテナに加えて、本体もポーズをとらせる際に邪魔なマントが背中に移ったことにより動かしやすく。



hgbd_astray_noname (27)
背部のウイングは、Xコネクトモード時にはブレイドドラグーンをして遠隔操作可能な武装に



 
hgbd_astray_noname (28) hgbd_astray_noname (29)


 
hgbd_astray_noname (30)
足裏はつま先とかかとの一部に肉抜き穴が開いています。



hgbd_astray_noname (31)
劇中では手持ちのビームサーベルも使用していました(むしろそっちのほうがメインだったような)が、キットには付属せず・・・
 






hgbd_astray_noname (32)
アストレイレッドフレームと

上腕部等一部フレームを流用していますが、外見はほぼ別物になっています。背も頭一つ分くらい伸びてます。







hgbd_astray_noname (33)
GBDで互いの思いをぶつけ激闘を繰り広げたダブルオーダイバーと



hgbd_astray_noname (34)




hgbd_astray_noname (35)
「GBNなどガンプラバトルの本質を見失った偽りの世界!まやかしなんだよ!!」

「だからブレイクデカールを使ってGBNを!?」




hgbd_astray_noname (36)
トランザムVSナイトロシステム



hgbd_astray_noname (37)
「あなたがガンプラバトル大好きだってわかります。でも・・・だからこそ、俺たちの好きまで否定するのは、
ガンプラを好きだという気持ちで誰かを傷つけるのは、これで最後にしてください!」

「俺も・・・最後にしますから・・・!」



以上、HGBDガンダムアストレイノーネイムでした。可動範囲はあまり広くはなく、やや扱いづらい箇所もありますが、左右非対称なデザインと、組み換えによって3形態に大きく形を変えるノーネイムユニットが面白く、派手でカッコいいキットになっていました。本編には現状一度しか出てきていませんが、今後活躍があるのか気になります。サラちゃん関連はそれなりに協力的だけどGBNに来るとは思えんし・・・w






HGBDガンダムダブルオーダイバー
HGBD ガンダムダブルオーダイバー

HGBCダイバーエースユニット
HGBC ダイバーエースユニット

HGBDガルバルディリベイク
HGBD ガルバルディリベイク

HGガンダムアストレイ レッドフレーム(フライトユニット装備)
HGガンダムアストレイ レッドフレーム(フライトユニット装備)


関連記事
スポンサーサイト
2018/09/08 Sat. 21:24 | trackback: -- | comment: -- | edit