FC2ブログ

12 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 02

G-01格納庫

ガンプラ等作ったりフィギュアや食玩で遊んだりする自己満足ブログ

1210.HGBD ガンダムダブルオースカイ(ハイヤーザンスカイフェイズ) 

シンカリオンのエヴァ回地上波で見れなかったんでキッズステーションに望みかけてたけど駄目っぽいか・・・(17話見ながら)

購入物
P9092410.jpgP9092411.jpg
METAL ROBOT魂ヒュッケバイン
S.H.フィギュアーツ仮面ライダークロノス クロニクルゲーマー、仮面ライダーグリス
HG ORIGINジム・スナイパーカスタム
HGUCイフリート、ガンダムピクシー

8月分のプレバン。総額36000円超えと歴代でも上位に食い込む金額になりましたが感覚が麻痺してあまり動じなくなった・・・
尚収入は特に増えていないので着実に自分の首は絞めている模様


P9092409.jpg
プレバンで奇跡的に注文できた大創動も届きました。

エグゼイドの時と違い、実は割と普通に店頭買いできたのではというのがなんともですが・・・w



P9082336.jpg
Gフレーム3弾

ラインナップ的には特別惹かれるものはなかったのですが、やっぱりガンダムは買っとかないとということでガンダムのみ購入。
まあそうなると相手としてシャアザクも欲しくなり、さらにシャア機コンプのために百式も欲しくなってしまいますが・・・

P9082337.jpgP9082338.jpg
それぞれ別売りのフレームにアーマーを装着して全身フル可動のガンダムが完成。

結構独特なディテールによるアレンジが入っていますが、食玩ならアリかな。顎の赤の彩色が少しはみ出していたのでナイフで削りました。フェイス部は分割されていたので作業は楽。

フレームの付属品は2弾まで胸像が付いていましたが、今弾からは胸像の代わりに武器が追加されています。胸像は頭部はダミーヘッドとして使えましたが、持て余し気味だったのでちょっと嬉しい改変。

P9082339.jpg
フレームの可動範囲は尋常じゃないくらい広いので非常によく動きます。気軽にガシガシ動かせるのがこのシリーズの強み。
ハンドパーツは固定フレームと互換性あり。

今回から武器が増えてポージングの幅が広がりました。


P9092403.jpg P9092404.jpg
ついでにGWの時に購入した2弾のマドロックも

シリーズ2弾から超攻めたラインナップ。ぐりぐり動かせるリアル頭身のマドロックとかそうそう出ないと思う・・・


P9092405.jpg
次弾ではナラティブ、さらにマイナー機の百式改も出るっぽいので今後のラインナップにも注目なシリーズ。
個人的に小型MSやマイナー機をバンバン出してほしいですね。









今回は、HGBDガンダムダブルオースカイ(ハイヤーザンスカイフェイズ)の紹介
P9082349.jpg








「ぶっつけだろうがなんだろうが、タイガさんに俺たちの全てを見てもらうんだ!
トランザム・インフィニティー!!」

hgbd_oosky_hsp (1)
GN-0000VR/S ガンダムダブルオースカイ(ハイヤーザンスカイフェイズ)

ダブルオーガンダムのトランザムとデスティニーガンダムの光の翼の機能性を組み合わせた本機独自のシステム「トランザムインフィニティ」は、GBNでCランク以上のダイバーが取得可能となる必殺技の使用時にさらなる変化を見せる。高濃度GN粒子の機体内部への循環速度を限界まで高めることで、装甲表面の赤い発光が高輝度の青色へと変化した「ハイヤーザンスカイフェイズ」に移行する。


「ガンダムビルドダイバーズ」より、ダブルオーダイバーエースを大改修したリクの新ガンプラがHGでキット化。通常版に加えて特殊システム発動時のハイヤーザンスカイフェイズを再現した特別版が同時発売されました。今回はハイヤーザンスカイフェイズの紹介です。

キットはHG00ガンダムの関節部を一部流用していますが、大部分は新規。ベースのダブルオーのパーツがある程度余りますが、何故か多色成形ランナーの内グレー以外は全て無色クリアー成形になっています。
また、ハイヤーザンスカイフェイズVer.は成形色がシステム発動時をイメージしたものに変更。さらに、エフェクトパーツとアクションベース5がセットになっています。価格は700円ほどアップしています。



hgbd_oosky_hsp (2)

成形色は、白がパールホワイト、2色の青は明るいスカイブルーに統一。赤と黄色は蛍光色になり発動時の発光状態を再現しています。色分けは優秀で、シールは各種センサー部と胸下の黒部分のみ。ダブルオーダイバーでは色分けされていなかった頬のグレーもしっかり別パーツになっています。また、ダブルオーダイバーから受け継いだクリアーパーツ下の胸傷はしっかりモールドされ再現されています。

■製作
今回はパチ組み+シールでお手軽に製作。
ダブルオースカイで唯一残った肘のレンズは無色クリアーだったのでクリアーグリーンで塗装しました。その他、頭部のダクトとGNドライヴの穴のみ黒で塗りました。



可動
hgbd_oosky_hsp (3) hgbd_oosky_hsp (4)
関節部はHG00ガンダムの流用でPC-001を使用した全身ポリキャップ関節。

肩はボールジョイント+先方スイング。肘は2重関節。手首のスイングはなくなっています。


hgbd_oosky_hsp (5)


hgbd_oosky_hsp (6) hgbd_oosky_hsp (7)
胴体は前後スイング。左右に傾けることも可能。腰は干渉部がないので一回転できるレベル。

首もよく動きます。



hgbd_oosky_hsp (10)
形状は変化しましたが、下半身の可動は00からしっかり受け継いでおり、開脚、接地は非常に優秀。



hgbd_oosky_hsp (11)
膝は2重関節。



hgbd_oosky_hsp (12)
ダブルオーダイバーから大きく変更されたスカイユニットは概ね同じ感じで可動します。前側に付いたガード部分は左右スイングに加え根本で回転。





武装
hgbd_oosky_hsp (8)




hgbd_oosky_hsp (9)
ビームライフル

銃口部が∀のライフルのような形状になっているのが特徴的なビームライフル。


hgbd_oosky_hsp (13)
クリアーイエロー成形のアクションベース5が付属しており、飛行ポーズでディスプレイできます。

※上の写真ではスカイドライヴのウイング下部パーツが組み間違っています。撮影中に気づいて修正しましたが一部そのままになっている写真があります。


hgbd_oosky_hsp (14)



hgbd_oosky_hsp (15)
フォアグリップが可動し両手持ちも可能。



hgbd_oosky_hsp (16)
ジョイントを起こして腰にマウントすることもできます。

足裏は一部肉抜き穴あり




hgbd_oosky_hsp (22)
ビームサーベル

グリップにフロントスカートのパーツを組み合わせることで再現。クリアーピンクのビーム刃が付属します。

ダブルオースカイはフロントスカートにサーベルが付いているっぽいですね。


hgbd_oosky_hsp (23)
左手は平手が付属。

ダブルオーダイバーは豊富なハンドパーツが付属しましたが、今回はベースキットについていた左右持ち手と左平手のみとなります。

hgbd_oosky_hsp (17)








hgbd_oosky_hsp (18)
バスターソード、ロングライフル

デスティニーガンダムと同じように、左右にそれぞれ大型剣と大型砲を装備。折り畳み式で展開して装備。


hgbd_oosky_hsp (19)
バスターソード

デスティニーのアロンダイトと同じような構造でクリアーのビーム刃を取り付け。ビーム刃は2本付属し一本余ります。
グリップに余裕があるので両手持ち可能。


hgbd_oosky_hsp (20)
ロングライフル

マウント部がドライヴの外周に合わせてスイングし前方に展開可能。側面のグリップを起こして保持できます。


hgbd_oosky_hsp (21)
グリップは左右両側に付いているのでソードとライフルを左右入れ替えたり、両方同じ装備にしても対応できます。






hgbd_oosky_hsp (24)hgbd_oosky_hsp (25)
スカイブレイザー

ゴッドガンダムを連想させる手甲型のアーマーは差し替えで前側に移動。ハイヤーザンスカイフェイズでは、プラフスキーパワーゲートのようなクサビ形エフェクトパーツが付属し、ユニットに取り付けることができます。

エフェクトはラメ入りクリアーブルー


hgbd_oosky_hsp (26)
スカイレガース

脛あて部を下部にスライド、つま先、踵を畳んで使用状態に。


hgbd_oosky_hsp (27)
こちらにもエフェクトの取り付けが可能。

エフェクトパーツは2つ付属。





hgbd_oosky_hsp (28)
ラッシュポジション

龍虎祭でのタイガーウルフ戦で見せた近接戦闘用のラッシュポジションに変形可能。
バックパックはアストレイのようにアームで接続されているので可動させて腰に移動、手甲を差し替えて展開、つま先とかかとを倒します。


hgbd_oosky_hsp (29)








 


hgbd_oosky_hsp (30)
 エフェクトパーツを取り付け

GNドライヴにデスティニーのウイングユニットを組み込んだスカイドライヴユニットはGN粒子をウイングユニットからバイパスさせ光の翼を生成。推進力の他にもビーム刃として攻撃、ビームシールドとして防御にも転用可能。


光の翼とGNドライヴから噴出したようなリング状のエフェクトが組み合わさって立体感があり派手な形状となっています。
こちらもラメ入りクリアーブルー成形。



hgbd_oosky_hsp (31)




hgbd_oosky_hsp (32)



hgbd_oosky_hsp (33)



hgbd_oosky_hsp (34)




hgbd_oosky_hsp (35)



hgbd_oosky_hsp (36)









hgbd_oosky_hsp (37)
VSタイガーウルフ




hgbd_oosky_hsp (38)
「これが・・・リッくんの!」

「リクの、ガンプラ!」




以上、HGBDガンダムダブルオースカイ(ハイヤーザンスカイフェイズ)でした。
通常版と同時発売のカラバリキットで、価格はある程度上がっているもののエフェクトパーツとアクションベースが付属するのがポイント。パールや蛍光色の派手な成形色でパチ組みでも見栄え良く仕上がります。光の翼エフェクトもリングが付いて迫力があって良いですね。
通常版はまだ購入していませんが、そちらはちゃんと塗装して仕上げようと思います。





HGBDガンダムダブルオーダイバー
HGBD ガンダムダブルオーダイバー

HGBCダイバーギア
HGBC ダイバーギア


関連記事
スポンサーサイト
2018/09/09 Sun. 19:55 | trackback: -- | comment: -- | edit