FC2ブログ

11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

G-01格納庫

ガンプラ等作ったりフィギュアや食玩で遊んだりする自己満足ブログ

1217.HG ORIGIN ヘビーガンダム 

HG ORIGINヘビーガンダムの紹介

P6101298_2018092220121481a.jpg




hgorigin_heavygundam (1)
FA-78-2 ヘビーガンダム

RX-78-01[FSD] ガンダムFSDの開発を経て、2つのプランが地球連邦軍内で進行していた。ひとつはRXナンバー機の完全量産、もうひとつは増加ウェポンシステム「FSWS(Full-armour System and Weapon System)計画」である。FSWS計画は増加装甲と武装によりRX-78を強化するプランで、いくつかの機体案が検討されていた。FA-78-1 フルアーマーガンダムが装甲の上から増加装甲と武装を装着したタイプであったのに対し、FA-78-2 ヘビーガンダムは装甲自体を重装化した機体である。火力、装甲性能、機動性の向上が図られている。(公式サイト引用)


「機動戦士ガンダムTHE ORIGIN MSD(Mobile Suit Discovery)」より、ヘビーガンダムがHGで登場。MS-Xでおなじみのヘビーガンダムがオリジンの世界観に合わせたデザインにリファインされてキット化されました。
プレミアムバンダイ限定商品で2018年5月に発送されました。


パっと見ガンダムFSDがベースになっているように見えますが、関節構造含めてほぼ完全新規キットになっています。そのためポリキャップ以外の余剰パーツもほぼ無し。
説明書はモノクロのものが新規で付属。機体解説等は載っていません。




頭部

hgorigin_heavygundam (2)
局地型ガンダム及びFSDと同じくバイザーが特徴的。一見局地型やFSDと共通のように見えますが、完全新規でディテールも異なっています。ちなみに、オリジナルのヘビーガンダムはバイザーの色は黄色でツインアイはありませんが、MSD版では、赤いバイザーの下に黄色のデュアルアイが存在しています。


キットの色分けはほぼ完璧で、肩やアンクルガードスリット部等の細かいオレンジのラインをマーキングシールで補う程度。ホイルシールは頭部センサー類のみです。尚、機体のカラーリングはMSD独自にアレンジされており全体的に黒系の配色になっています。


■製作

MSD版の配色はだいぶシンプルな印象だったので、MS-X配色に寄せる感じで塗り分けました。メインの黒と関節ライトブラウン、グレーは成形色のまま。白とオレンジ部分を塗りなおしています。オレンジ部分は成形色では黄色寄りなので赤寄りのオレンジに。腰のヘリウムコアはMS-Xでは白ですが勘違いしてオレンジに・・・まあガチで合わせる気は特になかったので特に塗りなおすことはせずにそのままにしておきました。



hgorigin_heavygundam (3)
ちなみに、バックパックにはキャノンとつながるパイプパーツがありますが、紛失してしまいました・・・




可動

hgorigin_heavygundam (4)hgorigin_heavygundam (5)
関節構造は局地型ガンダムから一新。可動範囲が大幅に向上しています。ポリキャップはPC-001を使用。関節部のランナーはKPS製です。

肩はおなじみのポリパーツによるボールジョイント+前方スイングに加えて、ポリ受け自体が可動して上方にスイングします。これにより水平以上まで腕が上がります。
肘は2重関節で深く曲げることができます。


hgorigin_heavygundam (6)


hgorigin_heavygundam (8) hgorigin_heavygundam (7)
腹部の可動範囲が驚異的で前後にかなり大きく動かせます。左右にスイングすることも可能。曲げすぎると穴が丸見えになります・・・

首は頭部はボールジョイント+中間に1軸可動軸があります。



hgorigin_heavygundam (9)
開脚、接地。局地型ガンダムが足首の接地が微妙でしたが、ヘビーガンダムでは改善されてかなり広い可動範囲。



hgorigin_heavygundam (10)hgorigin_heavygundam (11) 
股関節は付け根が前後スイング。膝は2重関節で曲げた際に膝アーマーが連動して可動します。

 股間下には3㎜穴が開いており各種台座に対応。ジョイント部分はポリキャップ接続になっています。






武装

hgorigin_heavygundam (12)
武器装備


hgorigin_heavygundam (13)
フレーム・ランチャー

4連装のミサイルとガトリングガンが備えた複合装備。非常に大型でボリュームがあります。上面のカバーを外して前腕を収納して装備。装備させる際は外すパーツは無くそのまま取り付けられます。しっかりと固定されるので安定性も十分



hgorigin_heavygundam (14)




hgorigin_heavygundam (15)
巨大な武器腕のような見栄えでカッコいいです



hgorigin_heavygundam (16)
足裏は別パーツになっており肉抜き穴は無し



hgorigin_heavygundam (17)
右肩のビームキャノンは上下に可動します



hgorigin_heavygundam (18)






hgorigin_heavygundam (19)
ビーム・サーベル

バックパック左側に1本装備。ビーム刃は2本付属しますが1本余剰となります。


hgorigin_heavygundam (20)



hgorigin_heavygundam (21)









hgorigin_heavygundam (22)
装備変更



hgorigin_heavygundam (23)
ビーム・ライフル

ドラム状のパーツが特徴的なRX-78-01のものとは形状の異なるライフルが付属。ライフル用持ち手で保持します。スコープが可動。



hgorigin_heavygundam (24)
シールド

ガンダムFSDが持っているものと共通のシールド。ランナーもFSDからの流用となります。
前腕の追加装甲をジョイントが付いたものに交換することで腕に装備できます。



hgorigin_heavygundam (25)
折り畳むことが可能。


hgorigin_heavygundam (26)
シールド裏の取付穴は上下2か所から選択式



hgorigin_heavygundam (27)




hgorigin_heavygundam (28)




hgorigin_heavygundam (29)











hgorigin_heavygundam (30)
FSDは持っていないので局地型ガンダムと

バイザーを装備しているのは共通していますが、ほぼ別物で、ヘビーガンダムは各部の形状がRX-78-02寄りになっています。



以上、HG ORIGINヘビーガンダムでした。MSDの設定上はFSDの流れをくむ機体ですが、キットはほぼ別物で各節構造が一新、非常に可動範囲が広くなっています。ビームライフルやシールドに加えてフレームランチャー装備状態がボリュームがあって非常にカッコいいです。





HGオリジン局地型ガンダム
HGオリジン 局地型ガンダム


関連記事
スポンサーサイト
2018/09/22 Sat. 21:48 | trackback: -- | comment: -- | edit