FC2ブログ

11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

G-01格納庫

ガンプラ等作ったりフィギュアや食玩で遊んだりする自己満足ブログ

1221.スーパーミニプラ 百獣王ゴライオン(1) 

リリカルなのはReflectionリマスター版が上映されるということで、Detonationに備えて話思い出すためにも見に行ってきました。
P9292853.jpg
一番近い亀有が一日1回上映で10時からだったんでルーブ見る暇なかった・・・適当に他の劇場も調べてみましたがどこも1回だけっぽいですね。特典として舞台挨拶申し込み用シリアルナンバーが封入されているので、せっかくなので応募しておきました。

また、ガルパン総集編の公開も始まりましたが、そっちは新宿まで出ないとやってないっぽかったので断念・・・
ですが、どうやら地元でも公開されているらしく、来週の3連休実家に帰省するつもりだったのでその時見に行けないかなと。


購入物
P9292852.jpg
フレームアームズ・ガール シルフィー

デスクトップアーミーとのコラボ商品でこれまでのFAGとは大きく異なるデフォルメ体型になってます。





スーパーミニプラ百獣王ゴライオンの紹介
P9022298.jpg



スーパーミニプラより、百獣王ゴライオンが登場。全5種で各ライオンメカがラインナップ。全種揃えることでゴライオンが完成します。
2018年8月発売。
ちなみに、どうやら海外でも「Voltron」名義で販売されたようで、説明書も日本語と英語両方書かれています。


写真枚数が多めになったので2回に分割して紹介していきます。今回はライオンメカ形態の紹介



1.黒獅子

sminipura_golion (1)
黄金旭が登場するライオン型メカ

今回は2箱以上組み合わせて完成するものはなくそれぞれ1箱でちゃんとメカが完成します。
80年代ロボですが、ザブングルやザンボット等のような柔らかめのプラ性ではなく、ガオガイガーや戦隊ロボのようなABS製のキットになっています。

色分けは複数の成形色と一部彩色済みパーツで組み立てるだけでパッケージと同レベルの仕上がりになります。
黒獅子では顔の白部分とゴライオンの顔が彩色済み。


■製作

今回はシルバー成形のパーツと黄色部分を金色で塗装。それ以外はシールで色分けするところを部分塗装で製作しました。
メタリック部分以外はつや消しでコートしています。

最初は超合金のように白部分は全てシルバーにしようかと思いましたが、一気に作業量が増えそうだったのでやめときました・・・w


 sminipura_golion (2)



sminipura_golion (3)
可動は、頭が変形の関係もあり上下可動、首付け根がボールジョイント接続で表情豊かに動きます。下あごとゴライオンのフェイスは独立しているので、この手のものにありがちな口を開けたらロボの顔がコンニチワしないのが嬉しい!

四肢はそれぞれ膝、足首が曲がります。前脚付け根がスイングして若干ですがㇵの字に開くのも良いですね。腹部はボールジョイント接続になっています。


sminipura_golion (4)
ブラックバズーカ、ブラックソードが付属し装備可能

ブラックソードは口ではさんでいるだけでしっかりと固定はされません。


sminipura_golion (5)



sminipura_golion (6)
ライオン時はウイングは畳んだ状態になりますが、オリジナルで展開しても良い感じ。







2.赤獅子
sminipura_golion (7)
黒鋼勇が搭乗するライオンメカ

腕担当ということで他のメカと比べると小さめ。合体用差し替えパーツ、十王剣が付属。
十王剣の刃とガード部分の装飾が彩色済み。ライオン形態用頭部がほぼシールによる色分けになります。黒獅子以外はほぼライオン形態頭部の塗装が大半。



3.緑獅子

sminipura_golion (8)
錫石宏が搭乗するライオンメカ

赤獅子同様に腕担当でサイズは小さめ。直線的なデザインの赤獅子に対してこちらは曲面的な形状をしています。
合体用差し替えパーツ及びスペースカッターが付属。スペースカッターの刃部分が彩色済みになっています。



sminipura_golion (9)
2体とも構造はほぼ共通なので可動範囲も大体同じです。

頭部は上下可動、首付け根がボールジョイント接続。腹部は合体後の腕の可動がそのまま生きておりネコ科らしい柔軟な可動が可能となっています。四肢付け根はそれぞれボールジョイント。膝、足首がそれぞれ軸可動。

どちらも顎が開閉。下顎内部には武器モールドがあります。


※上含め一部写真で赤獅子の腿を前後間違えて取り付けています。側面に穴が開いているほうが前脚用


sminipura_golion (10) sminipura_golion (11)



sminipura_golion (12)
赤獅子にはレッドソード、レッドレーザー、マグマミサイルが付属し取り付け可能。口に装備しているソードは黒獅子とは異なりジョイントで固定されておりしっかりと保持されます。

レッド○○という武器名は某赤いアイツを連想したりしなかったり・・・



sminipura_golion (13)
緑獅子にはグリーンソード、グリーンガン、グリーンナイフが付属し装備可能。

尚グリーンナイフは左脚についてるやつです。ナイフというよりかはドリルとかリーマといった感じ。



sminipura_golion (14)sminipura_golion (15) 



sminipura_golion (16)








4.青獅子
sminipura_golion (17)
銀貴→戦死後はファーラ姫が搭乗するライオンメカ

5体の中では一番カラフルな印象でいかにも80年代メカといった感じ。合体用差し替えパーツが付属します。
腕組同様にライオン形態用の頭部がほぼシールで、こいつは白部分の面積が広いのでちょっと大変かも。尚、黒獅子以外の目は付属のシールを使用しています。(縁が黒くて塗り分け面倒そうだったので・・・)



5.黄獅子

sminipura_golion (18)
青銅強が搭乗するライオンメカ。ゴライオンはキャラ名(これは色というか鉱石)とスーツ色、機体カラーがバラバラですごくややこしい

後部の垂直尾翼のようなパーツが特徴的。空中戦が得意なのかと思いましたが地上、地中戦が得意とのこと(ややこしい)
合体用差し替えパーツが付属。上面の筒状のパーツは彩色済みです。



sminipura_golion (19)
この2体も構造はほぼ同じで可動範囲も共通。

頭部は軸接続で上下スイング+回転、首付け根は変形機構の恩恵で大きく上に向くことが可能。四肢付け根はボールジョイントで膝、足首が軸可動。胸部?にあたるドラム部分は若干左右にスイングします。


sminipura_golion (20) sminipura_golion (21)





sminipura_golion (22)
青獅子にはブルーソード、アイスミサイル(右脚)モリミサイル(左脚)が付属し装備可能。


sminipura_golion (23)
黄獅子にはイエローソード、ガトリングミサイル(右脚)、サンド地雷(左脚)が付属。

どちらもソードはジョイントでしっかり固定されます。


sminipura_golion (24) sminipura_golion (25)



sminipura_golion (26)









sminipura_golion (27) 5体のメカライオン集結



sminipura_golion (28)
ワ~ン!プラスワ~ン!プラスワ~ン!プラスワ~ン!プラスワ~ン!・・・

本家の歌詞よりも杉田の替え歌を真っ先に連想してしまう



sminipura_golion (29)
それぞれよく動くのでカッコいいポーズから猫っぽい可愛い仕草までこなせます・・・w



今回はここまで





関連記事
スポンサーサイト
2018/09/29 Sat. 15:55 | trackback: -- | comment: -- | edit