07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

G-01格納庫

ガンプラ等のプラモやフィギュアのレビューと戯言のブログ

31.MGデスティニーガンダム エクストリームブラストモード 

再販されたエステを購入し、積みプラの量が大変なことに・・・また、最近塗装が面倒になり放置・・・




そういえばMGデスティニーが作りかけのまま放置してたのを思い出したので、あまり塗る所もないしさっさと完成させることにしました。
ZGMF-X42S デスティニーガンダム
DSC01932.jpg
DSC01933.jpg


プラント最高評議会議長シャ・・・「ギルバート・デュランダル」の指令により開発されていたMS。
当初はZGMF-X56S「インパルス」がシルエットの交換によってなし得ていた多様性を一機に集約するというコンセプトで開発された「デスティニーシルエット」が試作されたが、運用データからインパルスをベースとするよりゼロから新規設計した方がより高性能機になるとの判断が下され開発は本機にシフトする。
議長から「最高の技術を全て盛り込む」ことが求められた本機は、核エンジンとハイパーデュートリオンによるハイブリットシステムを搭載、ミラージュコロイドステルス技術を応用した光学残像を形成する分身機能、さらにDSSDで独自開発された「ヴォワチュール・リュミエール」の技術も転用し装備された。
機体はZGMF-X666S「レジェンド」とともに「ミネルバ」に配属され、「シン・アスカ」の乗機となる。
尚、引き渡し前にシン・アスカに合わせ調整されており、彼が搭乗することで本機は真の力を発揮する。



このキットは実は1月に購入し、本体は2,3日くらいで大体出来ていましたが、その後何故かずっと放置していて現在になりようやく完成しました・・・
MGということでほとんど色分けされているので、本体で塗ったのは頭部カメラ、ランチャー、ソード側面の赤部分、中の人くらいです。SP版に付属するエフェクトパーツはクリアーブルーで塗装しました。
また、可動範囲もストフリ同様かなり広いですね。肩は装甲の一部ごとスライドし前後スイング、勿論いかり肩も可。さらにこのキットの特徴である股関節、下部にあるレバーをスライドさせることで大きく広げられます。結構面白いギミックです^^(ちなみに右肩付け根の軸が折れました・・・というか回転に軸が耐え切れずねじれた・・・orz)

余談、SP版のクロムメッキのランナーは1枚4000円、光の翼が1枚1500円・・・これだけでSP版の値段くらいするんですが^^;


武装。この機体無駄に武器が多いですね。
DSC01937.jpg
MA-BAR73/S 高エネルギービームライフル

一部カバーが外れます。また、腰にマウント可能。

DSC01951.jpg
対ビームシールド

スライドして展開可能。VPS装甲にビームシールドがあるのに、正直いらないよね、コレ^^;

DSC01962.jpg
MX2351 ソリドゥス・フルゴール ビームシールド発生装置
アルテミスの傘の成れの果て?ビームに対してはビームコーティングシールドを凌駕する防御力を有する。実体弾にも有効だが、対ビームコーティングを施された物体には展開面を透過される弱点を持つ。

RET樹脂で成形されていてかなり薄いですね。ぺらぺら・・・

DSC01964.jpg
RQM60F フラッシュエッジ2ビームブーメラン
ソードインパルスのそれの発展型。連結機構は無いが、ビームサーベルとしても使用できる。

ビーム刃は長短各2本づつ付属。ラメが入っています。
DSC01971.jpg
エフェクトパーツを使用して投擲状態を再現できます。

DSC01973.jpg
MMI-X340 パルマフィオキーナ掌部ビーム砲
シャイニングフィン(ry主にゼロ距離戦闘時にこそ真価を発揮する。

左右付属。エフェクトパーツで発射状態を再現できます(右腕のみ)

DSC01959.jpg
M2000GX 高エネルギー長射程ビーム砲
ガナーウィザードの「オルトロス」やブラストシルエットの「ケルベロス」を上回る出力を誇る。・・・が、特別な名称が無い・・・
DSC01960.jpg

グリップを回転させると、連動してスコープ?部分がせり出します。(・・・が、なんか引っかかってスムーズに展開できない・・・自分だけ?)

DSC01980.jpg
DSC01979.jpg
MMI-714 アロンダイトビームソード
ソードシルエットの「エクスカリバー」の改良型で刀身はさらに伸びている。これを扱うには機体そのものの柔軟性も必要であり、本機以外に装備させても使いこなせない。

折りたたみに加え、刀身がスライドします。



DSC01977.jpg
光の翼

展開するとき、内部の小型ウイングも連動して開きます。
翼はPET樹脂、光の加減でいろんな色に変化しかなり綺麗です^^ウイング展開して翼つけるとかなり場所をとる・・・(汗




DSC01992.jpg
シン・アスカ、ステラ・ルーシェ
同スケールのフィギュア。さすがバンダイ、小さいのに良くできてます。まあ、見てのとおり塗装で台無しになってますが・・・
シンの立ちフィギュアもありますが撮り忘れた・・・まあいいか。(ちなみにステラは足とスタンドの付け根のとこで折れました・・・)


DSC01996.jpg
SP版付属1/20シン・アスカ、キラ・ヤマト
クリアー成形になってます。設定通り塗るの面倒・・・というか無理なので、シンはクリアーレッド、キラはクリアーブルーで塗りました。(ベース部分塗れてないな・・・)

DSC01997.jpg


DSC01998.jpg




DSC01981.jpg
『Cause I'm Never Goona Stop Streak My Dream』


以上、MGデスティニーでした。
5月にはMGフォースインパルスが出るのでそれも楽しみです^^
(ちゃんとした撮影ブース作らないとな・・・)
関連記事
スポンサーサイト
2008/04/02 Wed. 20:41 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://g03lgx.blog18.fc2.com/tb.php/35-27b79c84
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)