07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

G-01格納庫

ガンプラ等のプラモやフィギュアのレビューと戯言のブログ

35.1/35メカニックコレクション 紅蓮弐式 

メカニックコレクション紅蓮弐式を作りました。

DSC02141.jpg


模型誌で最初の情報出てからその後全然話が出てこなかったので出ないと思った・・・
「負けない・・・私の、紅蓮弐式なら!」

GUREN TYPE-02 紅蓮弐式
DSC02117.jpg
DSC02119.jpg



黒の騎士団のエースパイロット「カレン・シュタットフェルト」が搭乗するナイトメアフレーム。
ブリタニアに勝利をもたらしたナイトメアの威力と可能性に驚嘆した世界は直ちに独自のナイトメアの開発に着手した。そんな中、本機は日本開放を画策する旧国家首脳陣が、中華連邦領インドの技術協力を得て開発・製造した機体である。
本機には、対ナイトメア近接兵器・輻射波動機構をはじめ、天才科学者「ラクシャータ・チャウラー」の独創的アイデアが随所に盛り込まれており、その性能はブリタニアの主力ナイトメア「グラスゴー」「サザーランド」クラスを軽く凌駕する。
尚、日本のナイトメアは第四世代機グラスゴーを改修した機体「無頼(ブライ)」が第1世代機に位置付けられる。したがって紅蓮弐式は第2世代に数えられるが、その性能はブリタニア第7世代機「ランスロット」と同等であり、日本のナイトメアは世代で分類することは現実的手法ではないと考えられる。


キットは色分けがかなりしっかりしていて塗らないといけない所がほとんどありません(カレンと手首と一体の武器くらい?)。付属のシールはカメラ部分のみ(!)
また、グロスインジェクション成形という技術によりかなりテカテカしてます^^なので今回トップコートしてないです・・・(つや消ししか持ってない・・・)
塗装部分は中の人、コックピット周り、武器、何気に右腕のシルバーは塗り直してます(あまり変わってない・・・)。右腕、タイヤ、ベルト、グレー・黒部分はつや消し吹いてます。



武装
DSC02124.jpg
呂号乙型特斬刀
背部に収納された特殊鍛造合金製のナイフ。形状は日本の古式兵器「鎧通し」と「十手」を融合させたもので、ナイトメア等の装甲を切断・貫通する他、敵機の刀剣を折る事が可能。

手首と一体で赤一色なので塗装しました。

DSC02127.jpg
DSC02126.jpg
飛燕爪牙(スラッシュハーケン)
左胸に装備。

差し替えで射出状態にできます。

DSC02120.jpg
DSC02121.jpg
右腕「輻射波動機構」
接近戦において敵を内部から加熱破壊する出力可変型のマイクロ波/誘導加熱ハイブリッドシステム。動力源は本体と独立した使い捨てカートリッジ式エナジーフィラーを使用する。
クロー(指)は独立して可動。輻射波動機構の中央赤部分は成形色の上にクリアーレッドを重ねました。
ゲート跡、レタッチした方がいいな・・・

DSC02123.jpg
右腕は伸縮します。結構長い^^;




DSC02125.jpg
高機動駆動輪(ランドスピナー)
タイヤ部分は軟質素材。デザイン上仕方ないですが、ランスロットのそれより自由度はないです。



中に誰もいま(ry・・・普通にいます

DSC02133.jpg
DSC02135.jpg
コクピット内部は適当に塗装。つや消し吹いてます。
カレンは塗りが・・・

DSC02138.jpg
あー・・・


DSC02136.jpg





DSC02128.jpg


DSC02130.jpg




DSC02139.jpg


以上、紅蓮弐式でした。エアキャヴァルリーも欲しいけど本体はいらないんだよなー・・・
ヴィンセントは・・・今の所いらない・・・
関連記事
スポンサーサイト
2008/04/13 Sun. 15:35 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://g03lgx.blog18.fc2.com/tb.php/39-2048e2f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)