08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

G-01格納庫

ガンプラ等のプラモやフィギュアのレビューと戯言のブログ

465.ダンボール戦機 LBXシーサーペント(赤) 

LBXシーサーペント(赤)のレビューです。

DSC01919_20121202212936.jpg


DSC01909_20121202212907.jpg
LBXシーサーペント


神谷重工製LBX「ジェネラル」の開発データをもとに、オメガダインが水中用に仕様を変更して製作したLBX。
アーマーフレームのタイプはブロウラーフレーム。性能はジェネラルに劣るものの、AIを搭載した自立稼動型となっており、プレイヤーを必要とせず行動することが出来る。また、背面の通信ブイはCCMの電波を中継するルーターとして使用することが可能。
ジャッカルがアルテミス会場から大統領を暗殺するため、中継ポイントにルーターLBXとして配備された。



ダンボール戦機Wでアルテミスでの大統領暗殺未遂事件で登場したシーサーペントの赤バージョンが登場。中継ポイントのシーサーペント破壊後に予備機として登場、アキレスディードによって破壊されました。
一回しか登場していないうえ、プレイヤーのいない機体ながらキット化がされたのは、きっとジェネラルを出すためだったんですねw
水中型ということで曲面を多用したデザインとスクリューが特徴的。バイザー顔に角と敵メカながらかっこいいデザインですね。

キットは、通常版のシーサーペントの色替えでワインレッドを基調としたカラーリングになっています。
バンダイホビーサイトで受注が行われました。第52回全日本模型ホビーショーで先行販売されたようです。
同時受注のリュウ専用ブルドと違い、こちらは純粋な成型色変えキットです。










DSC01912.jpg
可動

ブロウラーフレームでは初?の04のポリパーツが使われており、関節の保持力や安定性は抜群
膝がデザインの問題であまり曲がりません。



尚、成型色段階での色分けは大まかには出来ていますが、センサー?系やスクリューの色分けが出来ていません。また、襟や腰アーマーの穴?部分はモールドが入っていません。塗装する場合は自作するか無視する必要があります。ここはジェネラルと共通パーツ化するための措置ですかね・・・ジェネラルもエングレービングが入ってませんし・・・











DSC01913.jpg
マリンランチャー装備


キット付属武器でランチャー系が付くのは珍しいですね。










DSC01914_20121202212909.jpg












DSC01915.jpg
水中用ということで青で塗りつぶしたレイヤーを重ねてみたりw

キットの説明書にはお手軽に水中戦を再現する方法が載っています。













DSC01916_20121202212910.jpg
背中の通信ブイは取り外し可能。

ちょっとした加工で展開状態が再現できそうです











DSC01917.jpg
胸パーツを外すとコアパーツが露出。
頭部のバイザーを外すとデクー系統の一つ目が。バイザーを付けるとほぼ見えなくなるのに凝った構造になっています^^













DSC01918_20121202212935.jpg







以上、LBXシーサーペント(赤)でした。一度しか出てない敵で自立型、水中専用とよくキット化したなという機体ですが、どこかヒロイックな印象でカッコイイデザインです。なんというか・・・すごくゲシュ○ンストっぽいんだよねw赤いし、角付いてるのでMk-Ⅲっていって杭打ち器つけた接近戦仕様にしたいですw












関連記事
スポンサーサイト
2012/12/02 Sun. 22:12 | trackback: 0 | comment: 1edit

コメント

IT弁護士 行木です

これはすばらしい!

IT弁護士 行木 #mQop/nM. | URL | 2012/12/07 22:08 * edit *

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://g03lgx.blog18.fc2.com/tb.php/660-67eacdf1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)