10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

G-01格納庫

ガンプラ等のプラモやフィギュアのレビューと戯言のブログ

513.HGUCジム(ホワイト・ディンゴ隊仕様) 

転職して初の給料が入りました^^
専用の口座のキャッシュカードがまだ届いてないんで下ろしてませんが・・・w



購入物
DSC03263_20130309203108.jpg
BB戦士バンシィ






製作物
DSC03261_20130309203108.jpg
オリジナルLBX

前作同様テールユニット装備w
どうやら新シリーズのLBXにはマルチギミックサックなるものが装備されているようなので、それに相当する装備にする予定。まあ、バックパックじゃないんですが・・・

あとは足にローラーダッシュ的なものを付けたいところ。目はいらね





DSC03262_20130309203109.jpg
変形するようにしましたw









―――
今回は、HGUCジム&ガンキャノン量産型(ホワイト・ディンゴ隊仕様)から、ジムのレビューです

DSC03260_20130309203107.jpg


hguc_gmwd.jpg
RGM-79 ジム(ホワイト・ディンゴ隊仕様)


ドリームキャスト用ソフト「機動戦士ガンダム外伝 コロニーの落ちた地で…」他に登場するホワイト・ディンゴ仕様のジムとガンキャノン量産型が、ジム・スナイパーⅡに続き登場!ジムとガンキャノンとのセットでバンダイホビーサイトで受注が行われました。
キットは特徴的なグレー系統の成形色に変更したカラバリキットですが、前回のジムスナイパー同様単なるカラバリではなく、設定の機体を再現するために武器や色再現用のランナー、マーキングシールが追加されています。




今回はそのセットの中から、ゲームスタート時のプレイヤー機であるジムを紹介。
ちなみに、ゲームはやったことがなく、GジェネFでチラッとやった程度なので内容はほぼ分かりませんwが、グレーで武装の違うこのジムはかなり印象的でした^^

そのジムですが、本体は発売中のHGUCジムの成形色が変更された点以外は全く同じものになっています。このグレーの成形色が中々良い感じであまりチープな玩具っぽさがありません。
HGUCのジムは今回初めて組みましたが、キットの構造はHGUCガンダムに近いですね。ガンダムと共用している部分はありませんが。分割はほぼモナカ割りで合わせ目が目立ちますが、パーツ数は少な目でさくっと作れるので数がそろえやすい印象。









頭部
hguc_gmwd (1)
カメラ部分はしっかりクリアーパーツになっています


このジムの細かなカラーリングはよく分かりませんが、普通のジムとして考えた場合はキットの色分けは優秀。コクピット部分の黒のみシールですが他はほぼ完璧です!

今回は、パチ組み+スミ入れ、と説明書の指示にそってマーキングシールを貼っています。
また、バイザー裏にはメタリックテープを貼っておきました。








マーキングシール
hguc_gmwd (17)
番号等は好みで自由に貼り付けます。ホワイト・ディンゴ隊のエンブレムは白とカラーのものがあり、好きなほうを選択して貼ります。











可動
hguc_gmwd (2)
なんだかんだで10年以上前のキットなので、今の目線で見ると厳しいものがあります。
基本的にHGUCガンダムと似ている印象ですが、たしかガンダムは肩のスイングがあったと思いますがジムはただの軸可動のみ。脛と足を繋ぐ部分もガンダムは別パーツでしたが、ジムは脛と一体化しています。







hguc_gmwd (3)
開脚性は意外と良い感じですが、足首の接地が全く追いついていないですね^^;

ガンダムと違い、褌のないシンプルな形状のスカートはほんの少しですが跳ね上げることが可能













hguc_gmwd (4)
武器装備


100mmマシンガンと陸戦型ガンダム等と同型の小型シールドを装備。
今回のセットでは、この装備を再現するために新規のランナーが付属しています。マシンガンとシールドのグレー部分はジムスナイパーの時と同様のブルーディスティニーのランナーの流用となっているので、ブルーディスティニーのパーツが余剰パーツとして大量に余りますw








hguc_gmwd (5)
100mmマシンガン


本体部分はブルーディスティニー、マガジン部分は新規のWDランナーに封入されています。









hguc_gmwd (6)
フォアグリップが可動

両手持ちは可動範囲の都合上厳しいです・・・^^;










hguc_gmwd (7)
ストックが可動












hguc_gmwd (8)
シールド


マーキングシールが思いっきり傾いていますw










hguc_gmwd (9)
シールドの取り付け位置は側面と後部に選択可能












hguc_gmwd (10)
補助脚を起こすことで立たせることが出来ます。このジムにはあまり意味のないギミックですが














hguc_gmwd (11)
左手は平手が付属


ディテール等若干ダルイ部分もありますが、予想してたより全然良い出来














hguc_gmwd (12)
ビーム・サーベル

ビーム・サーベルは一体成形のものが一本付属。最近はこのタイプはなくなってきましたが、昔は結構ありましたね・・・









hguc_gmwd (13)
台座が主流になったのは運命の途中あたりからだった(気がする)のでそれ以前に発売されたジムには台座用の穴が開いていません。

が、バックパックにシールド接続用の穴が開いているので今回はここに取り付けてみましたw










hguc_gmwd (14)
ビームサーベルが一体成形なら、バックパックのやつに適当に持ってきたビーム刃取り付ければ良いじゃないと思いきや、こっちは穴が開いていませんでした・・(笑)











hguc_gmwd (15)
ノーマルのジムのパーツは全て入っているので、ビーム・スプレーガンとシールド装備にも出来ます









hguc_gmwd (16)











以上、HGUCジム(ホワイト・ディンゴ隊仕様)でした。グレー系統の渋いカラーリングがカッコよく、マシンガンと小型シールドが追加でセットされているのも嬉しいですね。ガンキャノンのレビューは次回で

















関連記事
スポンサーサイト
2013/03/09 Sat. 22:41 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://g03lgx.blog18.fc2.com/tb.php/719-33bdc56b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)