05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

G-01格納庫

ガンプラ等のプラモやフィギュアのレビューと戯言のブログ

515.BB戦士 No.380 ユニコーンガンダム2号機 バンシィ 

豚の餌ァァァ!!






製作物
DSC03294.jpg
HGUCグフ(ヴィシュ・ドナヒュー専用機)

WD隊のジム、ガンキャノンに続いてこちらも製作開始。あとはゲルググだけです。これも初めて作ることになるのでちょっと楽しみ






―――

今回のレビューは、BB戦士バンシィです
DSC03263_20130310194711.jpg
黒いユニコーン



bb_banshee.jpg
RX-0 ユニコーンガンダム2号機 バンシィ ユニコーンモード



「機動戦士ガンダムUC episode4」ラストに初登場した黒いユニコーン『バンシィ』がBB戦士で登場!
ep4以降の立体化ラッシュの際に出ると思いましたが、大分遅れての登場となりました。
キットは、発売中のユニコーンガンダムのバリエーションキットですが、単に形状の違う部分が変更されただけでなく、プロポーション改善のために新たにパーツが起こされたりとここまで引っ張っただけある内容となっています。


ユニコーンと同様にデストロイモードがメインで作られているので、ユニコーンモードは不完全で一部変形が省略されており、サイコフレームが露出しています・・・^^;




頭部
bb_banshee (1)
カーディアス・ビストの邸宅に飾られていた美術品「貴婦人と一角獣」の中でユニコーンと共に描かれている獅子をモチーフとしたデザインでユニコーンより凶暴な感じのデザイン

ユニコーンとデザインの違う角とマスク、襟部分が新規パーツになっています。


キットの色分けは、もともと底まで色の多い機体ではないためパッと見は良い感じです。が、額中央の黒、関節等のグレーや細かい部分が色分けされていません。
今回塗装は全塗装しています。メインカラーの黒はヴァーチャロンカラーのパールマーズダークブルーを使用しました。金はスターブライトゴールド、関節部分はVRカラーのフレームメタリック(2)

額のセンサーやバイザー部分は付属のシール。バイザーはその上から偏光フィニッシュを貼りました。また、付属のマーキングシールも使用。








可動
bb_banshee (2)
ベースとなったユニコーンがPC-303が登場する前に発売されたキットなので、肘が曲がりません。その他は三国伝やOO系基準ですが、あまり大きくは動かせない感じです。足首は内側が切り掛かれていてやたら曲がりますが、股関節はその可動範囲を必要とする程開きません。



股間下には3mm穴が開いておりアクションベース他各種台座が使用可能










bb_banshee (3)
ビーム・サーベル

ユニコーンに付属のものと同じ。成形色の都合上、クリアーイエロー成形なので全部塗装する必要があります。
ビームの形状が真っ直ぐではなく、しなった形になっているのが特徴的









では、このキットの特徴でもあるデストロイモードへの変形です。





bb_banshee (4)
胸部左右をスライドして引き出します。その後胸ハッチを開きます。

腰と下半身を下に引きます。

褌部分を開きます。







bb_banshee (5)
肩アーマーの端部分の取り付け位置を外側に変更します。肩アーマー上部を取り外し、左右入れ替えることで取り付けられるジョイントが変わり、サイコ・フレームが露出した状態になります。










bb_banshee (6)
サーベルラックは左右入れ替え、下側のピンで固定します。


リアスカートを展開します。









bb_banshee (7)
側頭部を取り外し、180°傾けて付け直します。







bb_banshee (8)
ヘルメットを外し、フェイスを前後入れ替えます。ちなみに、上の工程はこの作業を行った後に行うのが正解。











bb_banshee (9)

そして角を開き、両腕のアームド・アーマーを展開して変形完了!












bb_banshee (10)
ユニコーンガンダム2号機 バンシィ デストロイモード



黒い機体色と両腕のトンデモ装備がカッコいいです^^
BB戦士ながら中々手の込んだ変形が出来るのがすごいですね









頭部
bb_banshee (11)
トゲトゲしたアンテナが特徴的

目は、シールが付属していますが、クリアー成形になっているのでそれを生かしたいと思い、クリアーレッドを吹いて縁をつや消しブラックで塗りました。その後偏光フィニッシュを貼っています。

ちなみに、目のシールは2種類付属し、通常のものと、最近のキットのように瞳ありのものが付属。さらに、ユニコーンガンダム用の瞳ありシールがオマケで付いています。これでデルタプラス等を瞳ありにしても並べられますね。




サイコ・フレームはクリスタルカラーのトパーズゴールドを上から吹いています。また、一部は裏面にメタリックテープを貼りました。形状が形状なので中々上手く貼れませんが・・・^^;











bb_banshee (12)
可動範囲はユニコーンモードと変化無し









ちなみに、ユニコーンからの改善点はこんな感じ
bb_banshee (21)
股関節の軸が斜めになり、さらに外側にセットできるようになり、下半身のボリューム不足が改善されました。

脚パーツがサイコ・フレームが再現されたものに変更になりました。太さはあまり変わっていないようですが、膝アーマーが大型化して見栄えが良くなりました。


手首が大型のものに変更されました。




ユニコーンは現物を持っていないので実際手に取った感じは分かりませんが、写真を見た感じでは下半身が細く感じていたのでこれらのパーツによりバランスが良くなり非常にカッコよくなっています。











bb_banshee (13)
アームド・アーマーBS

フィン部分はスライド式になっており、差し替え無しで展開可能。サイコフレーム部分は塗装かシールで再現する必要ありですが、こすれてはがれるのが怖い・・・











bb_banshee (14)
アームド・アーマーVN

こちらも差し替え無しで変形。ボールジョイントで可動もします。
肉抜き穴が目立ちますが、HGUCでは変形が再現されていなかったのでちゃんと変形できるのは嬉しいですね。






bb_banshee (15)
正直スパロボの武器っぽいのですが、バンシィの凶悪さが強調されてこれはこれで良いかも。映像的には同じ武器よりも個性出した方が見栄えしますし^^

















bb_banshee (16)














bb_banshee (17)
ユニコーンのパーツは全て付属しているので、ビーム・マグナムとシールドも付いてきます。










bb_banshee (18)
ビーム・マグナムはフォアグリップが再現されていません。どちらにしても両手持ちは出来ませんが・・・w

ジョイントがあるので、腕とかに取り付けできそうです。












bb_banshee (19)
シールドはサイコフレームの展開は再現されていますがスライドギミックはオミットされています。












bb_banshee (20)
襟パーツは元のキットの上から被せる方式のため、取り外すことで小説版のバンシィにも出来ますね。
















bb_banshee (22)
「お前もガンダムか!!」



「えっ!?ちょ違っ・・・!?」




デルタプラスさん・・・(´・ω・`)











bb_banshee (23)
ベース・ジャバーに乗せて











以上、BB戦士バンシィでした。ユニコーンから結構期間が空いたこともあり、下半身のプロポーションが改善されてよりカッコよくなりました。アームド・アーマーのギミックも再現されているのも嬉しいですね。
ちなみに、デルタプラス同様バンシィにもコミックワールドが載っていますw箱の正体が分かる!!













BB戦士デルタプラス
デルタプラス








関連記事
スポンサーサイト
2013/03/10 Sun. 22:20 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://g03lgx.blog18.fc2.com/tb.php/721-90d8e81e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)