08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

G-01格納庫

ガンプラ等のプラモやフィギュアのレビューと戯言のブログ

544.HG ガンダムアストレイ ブルーフレーム セカンドL 

HGガンダムアストレイブルーフレームセカンドLの紹介です


DSC04207_20130609212729.jpg


hg_astray_bluesl.jpg
MBF-P03secondL ガンダムアストレイ ブルーフレーム セカンドL


オーブが自国防衛用に開発したアストレイ・シリーズ。そのプロト機の1機。所有者となった傭兵の叢雲劾が数々のミッションをクリアする中で発案した改造案に加え、ジャンク屋のロウ・ギュールが開発したパーツも組み込んでいる。機体名の「L」はロウという意味であり、劾の設計したパーツのみを装備した状態は「Second G」と呼ばれる。最大の特徴は、フライトユニットから巨大剣へと変形するタクティカルアームズである。また、両肩に採用されたフィンスラスターは、前面方向に向かって推進するのと同じように左右へと期待の動きを変えることが出来る。これにより本機は、これまでのMSには無かった機動性能を得ている。
パイロットは、叢雲劾(ムラクモ・ガイ)





ガンダムSEEDの外伝作品「機動戦士ガンダムSEED ASTRAY」に登場するブルーフレームセカンドLがDESTINYのリマスターにあわせた新シリーズの開始により遂にHGでキット化!SEEDシリーズの展開時にはHGではキット化されず残念でしたが、10年近くのときを経て完全新規でキット化されました!当時発売されたアストレイも良く出来ていましたが、それから更に技術は進歩しているのでよりクオリティの高いものに仕上がっています。
SEEDシリーズのHGキットはリマスターに合わせ無印はRナンバーで展開していましたが、今回は当時の通し番号になっています。






頭部
hg_astray_bluesl (1)
元のアストレイから大幅に変わった頭部。チンガードが特徴的ですね。



色分けは当時発売されたアストレイに比べ、優秀になり特に下半身は完璧に近くなっています。ですが、元デザインが複雑すぎるため要塗装箇所は多いです。機体色のほぼ全てをどこかしら自分で塗り足す必要があります。

今回も塗装は、ほぼ全塗装しています。スラスター内側など入り組んだ部分を塗らないといけない所があり大変でした。塗る場所が細かいかつ多いため細かい部分はいつも以上に雑な仕事になってます^^;トップコートは半光沢。
側頭部や、胸のサーペントテールのマークは付属のマーキングシールで再現。サーペントテールのマークは、劾用の「1」のナンバー入りとナンバー無しで別途好みのナンバーを貼るタイプが付属しています。









可動
hg_astray_bluesl (2)
ポリキャップは、OOやAGE系のPC-001Aで構造も最新フォーマットになっています。そのため肘膝が2重関節となり胸も分割、股関節にロール軸もあります。

開脚性は、腿のアーマーシュナイダーが干渉してしまい本来の可動性を発揮できません。足首はAGE等と比べるとやや狭いです。







hg_astray_bluesl (3)
タクティカルアームズ装備








hg_astray_bluesl (4)
股間下には台座用のジョイントもあり、アクションベース等の台座にも対応するように








hg_astray_bluesl (5)
タクティカルアームズ(ソードフォーム)


フライトフォームから差し替え無しで変形。関節はほぼプラ製ですが、黒のランナーはおそらくMGAGE以降採用された新素材になっています。

1/144でも重いものは重いので支えようのベースが付属しています。






hg_astray_bluesl (6)







hg_astray_bluesl (7)







hg_astray_bluesl (8)








hg_astray_bluesl (9)
ガトリングフォーム

ビームと実弾を2門ずつ組み合わせたガトリングガン
腰に装備していたエネルギーパック?をタクティカルアームズに取り付けます。









hg_astray_bluesl (10)







hg_astray_bluesl (11)
アーマーシュナイダー


対ビームコーティングされた小型実体剣。ストライクのものと名称は同じですがナイフという点以外は別物のようです。


基本の握り手のほかに平手が両手分付属







hg_astray_bluesl (12)









hg_astray_bluesl (13)
つま先の隠し武器となっているアーマーシュナイダーも取り付け位置の変更で展開


設定では踵にも隠されており、計6つのアーマーシュナイダーを装備しています。







hg_astray_bluesl (14)
足から剣はクロスボーンみたいですねw













hg_astray_bluesl (15)



以上、HGガンダムアストレイブルーフレームセカンドLでした。約10年のときを経て満を持して発売されたということもあり、可動、色分けともに格段に進歩しています。タクティカルアームズのギミックもしっかり再現されているのも良いですね。このキットの構造をベースにレッドフレームとゴールドフレーム天ミナも発売されるということで期待ですね^^









関連記事
スポンサーサイト
2013/06/09 Sun. 23:30 | trackback: 0 | comment: 2edit

コメント

あ、かっこいい。
タクティカルアームズはこんなふうになっていたのか。実弾とビーム両方ついてるってのはしらんかったです。
こっからレッドたちに流用されんのかww

ジーク #- | URL | 2013/06/13 00:56 * edit *

Re: タイトルなし

ジークさん

10年経ったことで当時のアストレイから格段に進歩してるのでレッドと天ミナも楽しみです^^どちらも塗装は大変そうですがw

g01lx #- | URL | 2013/06/15 21:39 * edit *

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://g03lgx.blog18.fc2.com/tb.php/760-46e442d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)