07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

G-01格納庫

ガンプラ等のプラモやフィギュアのレビューと戯言のブログ

556.ROBOT魂 SIDE KMF ランスロット・グレイル 

ROBOT魂ランスロット・グレイルの紹介です


DSC04517.jpg

わたしのランスロット―ランスロット・グレイル!!



rs_lancelot_grail.jpg
Z-01/T ランスロット・グレイル


ユーロ・ブリタニアに所属する対テロリスト遊撃機甲部隊「グリンダ騎士団」筆頭騎士オルドリン・シヴォンの乗機。ヴィンセントの開発試験機である試作型ランスロットをオルドリンに合わせて調整した機体で、開発試験中のシュロッター鋼ソードを用いたソードハーケンやソードブレイザーを組み込んだ。


コードギアス反逆のルルーシュからR2の間の1年を舞台とする作品「コードギアス 双貌のオズ」からニュータイプエースで連載されているオルドリンサイドの主役機、ランスロット・グレイルがROBOT魂で登場。
その名の通り、スザクが搭乗していたランスロットのバリエーション機で、本商品もROBOT魂でリニューアルされたランスロットがベースになっています。プレミアムバンダイ限定品。

劇中で白カブトと呼ばれていたランスロットですが、本機は鮮やかな真紅のカラーリングで背中には大型のマント、各部形状もかなり変わっており、一見ランスロットと同型機とは思えない機体になっています。



KMFはROBOT魂ではSIDE MSに次ぐラインナップですが、購入はこれが始めてだったりしますw



頭部
rs_lancelot_grail (1)
ランスロットとは完全に別物
ランスロットの特徴だった側頭部からの突起がなくなり、額にVアンテナ風のパーツが付いて印象が大きく変わっています。正直あんまりカッコよくないかな~・・・^^;






可動
rs_lancelot_grail (2)
ランスロットがベースということで可動範囲はかなり優秀です。特徴的な背中のマントもよく動きます。このマントのせいで重心が後方にあり自立させるのはちょっと大変・・・ですが、KMFにはランドスピナーがあるのでこれを倒せば安定して自立させられますw


自分のは頭のジョイントが癒着していてあまり動かせませんでした・・・










rs_lancelot_grail (3)
台座用ジョイントとコクピットブロック下の溝に取り付けることで各種台座に対応します











付属品
rs_lancelot_grail (4)
交換用手首左右×5、シュロッター鋼ソード(展開)×2、シュロッター鋼ソード(ソードブレイザー状態)×2、ソードハーケンジョイント×6、スラッシュハーケン×2、交換用ファクトスフィア、交換用マントカバー、台座用ジョイントが付属


ワイヤー系が多いですねw










rs_lancelot_grail (5)
シュロッター鋼ソードを装備

背中に装備している収納状態のソード12本は全て取り外し可能です。








rs_lancelot_grail (6)








rs_lancelot_grail (7)
角度のついた手首も付属し、剣を突き出したように持たせることも可能。

グレイルの装備では使いませんが、銃用の持ち手も付属。ランスロットのヴァリスとか持たせられそうです









rs_lancelot_grail (8)










rs_lancelot_grail (9)
ソードブレイザー状態

クリアー刃のソードを前腕パーツに取り付けて再現











rs_lancelot_grail (10)











rs_lancelot_grail (11)
シュロッター鋼ソードのマウントパーツをソードハーケン用のものに交換することでソードハーケンを再現






rs_lancelot_grail (12)
6箇所、12本のソードを差し替えるので結構手間ですw










rs_lancelot_grail (13)
腰のスラッシュハーケンは通常のランスロットと同じもの。全く印象の異なるグレイルですが、実は下半身はランスロットのままです。









rs_lancelot_grail (14)
ファクトスフィアは胸パーツの差し替えで再現







rs_lancelot_grail (15)
マントカバーを交換することでマント無し状態になります。










以上、ROBOT魂ランスロット・グレイルでした。本体の可動範囲も広く、特徴的なマントも可動箇所が多くて動かしていて楽しいです。来月発送の白炎も楽しみ。また、グレイルはトリスタンっぽいKMFとの合体機構があった気がするのでそれも出ると良いですな







関連記事
スポンサーサイト
2013/07/07 Sun. 22:34 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://g03lgx.blog18.fc2.com/tb.php/774-9cd4bd18
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)