07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

G-01格納庫

ガンプラ等のプラモやフィギュアのレビューと戯言のブログ

561.ROBOT魂 SIDE MS ガンダムダブルエックス 

先日ブログ拍手が777になりました。押してくださる方本当にありがとうございます。まさかダヨーさんで777拍手になるとは・・・w


購入物
DSC04629_20130727183303.jpg
ねんどろいど雪ミクいちご白無垢ver.

先月のモバマスfigmaと同時に注文していましたが、これだけ延期になってました。





DSC04630.jpg
ROBOT魂ガンダムDX

待ちに待ったDX!!同時発売だったキュアピースは1週間延期・・・





DSC04631_20130727183306.jpg
DSC04632_20130727183307.jpg
ミニプラ プレズオー
ドキドキ!プリキュア チャームマスコット

プレズオー、月曜の夜にヨーカドー行ったら売っててちょっと焦りましたw今回は可動は特に問題なさそうなので改修せずに普通に作ります。・・・早くてお盆かな^^;問題はトバスピノ・・・

ドドリアさんのマスコットは新プリキュアBBAキュアエースがラインナップ!










DSC04684.jpg
ガルパン一番くじも引いてきました

5回やって結果は、C、D×3、Gでした。
今回はフィギュアやきゅんキャラが無く、ABはTシャツとタオルなので個人的に1番当たりだと思ってたC賞のドラマCDが出て良かった^^1発目で出たので以降は消化試合気分でした・・・wCDの内容はBD等の特典として収録されていた秋山殿の戦車講座の番外編のようです。
D賞のビジュアルコレクションブックはC、E、F賞を収納できるようになってます。3つもいらねぇw
ラバーストラップはⅣ号戦車D型改H型仕様でした。他のラインナップはあんこうチーム5人とⅣ号戦車D型。戦車が入ってるあたりガルパンらしいですね^^





―――

今回のレビューは、購入物の中からROBOT魂ガンダムダブルエックスです

DSC04630.jpg










15年目の亡霊



rs_gundamDX.jpg
GX-9901 ガンダムダブルエックス



「機動新世紀ガンダムX」より、ガロードが駆る物語後半の主役機であるガンダムDXがROBOT魂で登場!!
ガンダムシリーズの中でもとりわけ立体物の少ないガンダムX系ですが、手頃なアクションフィギュアのROBOT魂での登場は非常に嬉しいですね^^
最新のフォーマットでの立体化ということで非常にカッコよく出来ています。成形色+部分塗装で白部分は部分的にグレーが使われている所等W系に近い感じです。







頭部
rs_gundamDX (1)
大型のアンテナと髭が特徴的でこの部分でXを形成しているデザイン。非常にイケメンです^^
アンテナのゲート処理が気になるかな・・・。髭は非常にシャープな造形で、首を動かす際は破損に気をつけたいところ。



胸はクリアーパーツでその下はしっかりしたディテールが入っており見栄えも抜群。






可動
rs_gundamDX (2)
肘は2重関節。肩はボールジョイントですが、W系のような引き出し式のスイングはありません。
腕は真横までは上がりません。







rs_gundamDX (3)
腰は前後にスイング可能。特に後方への可動はかなり広いです。






rs_gundamDX (4)
開脚はこのくらい。アンクルガードが邪魔ですが、足首はボールジョイント接続+軸可動で開脚分はしっかり接地します。脚は広げすぎるとサイドスカートがはじけ飛びます・・・w










rs_gundamDX (5)
膝は2重関節ですが腿と脹脛はぴったりくっ付かないので180°しっかり曲がることはありませんが、必要充分には動きます。

スカートアーマーはフロントサイドに加え、リアも可動します。



全体的に、W系よりはやや劣る感じですが特別動かない所はないので柔軟なポーズ付けは充分可能です。







付属品
rs_gundamDX (6)
交換用手首左右×4、バスターライフル、シールド、ハイパービームソード×2、ラジエーター展開パーツ腕×2、脚左右×1、肩スコープ展開パーツが付属。









「ダブルエックス起動!」

rs_gundamDX (7)
武器装備







rs_gundamDX (8)
DX専用バスターライフル


DXは新連邦から奪取した機体で専用の武装は持っていなかったため、フリーデンのメカニック、キッド・サルサミルが独自に開発した武器を装備しています。


銃用の専用持ち手で持たせます。





rs_gundamDX (9)
ROBOT魂は台座用のジョイントを介することが多いですが、DXは股間下の穴に直接取り付けて台座を使用します。








rs_gundamDX (10)
引き出しスイング機構はありませんが、手を添えた両手持ちは充分可能









rs_gundamDX (11)
ディフェンスプレート


左前腕後ろの溝に接続します。





rs_gundamDX (12)
ジョイント部はシールドとの接続がボールジョイント、途中で折れ曲がるようになっているのである程度自由に向きを調節することが出来ます。








rs_gundamDX (13)
ハイパービームソード

腰のグリップは取り外し、ビームソード専用のグリップにビーム刃を取り付けて持たせます。






rs_gundamDX (14)
高出力なビーム刃は十字に造形されています。ビーム刃はクリアーな上にパール塗装が施されています。






rs_gundamDX (15)








rs_gundamDX (16)








そして




「撃つしかないのか・・・!」


rs_gundamDX (17)









rs_gundamDX (18)










rs_gundamDX (19)
ダブルエックス最大の特徴であるツインサテライトキャノンの展開!


リフレクターは折りたたみ式で、サテライトキャノンは砲身がスライド。腕と脚のラジエータプレートはパーツ交換で再現。肩のスコープも交換式です。展開ギミックは1/144のプラモでもほぼ再現できていたので完全可動式にも出来たのでしょうが、差し替え式にしたことにより動かしていて腕や脚が閉じてしまったりせず、展開状態をしっかり維持できます。ラジエータープレートも大き目の造形で見栄えも良いです。









rs_gundamDX (20)
リフレクターは薄いのでモールドはプリントされています。個人的に旧プラモの印象が強く、リフレクターは六角形のイメージで慣れませんがデザイン自体はカッコいいです。





rs_gundamDX (22)



rs_gundamDX (21)
腕や脚のプレートはクリアーパーツで、ビームソードと同様にパール塗装されています。









rs_gundamDX (23)
サテライトキャノン発射!!

スコープ部分の付け根はボールジョイントになっているので、砲身の向きをある程度調節することが可能になっています。










rs_gundamDX (24)
前年度主役機のウイングゼロと


ウイングゼロもカッコいいですが、黒系で落ち着いたカラーリングのDXも渋くて非常に良いです^^
これで平成アナザーで出ていないのはGガンダムのみになりましたね。かなり意外ですが、それこそアクションが最大のウリになる作品なのでもっと技術を蓄積してから出すのかな?









以上、ROBOT魂ガンダムダブルエックでした。とにかく立体物が少ないシリーズなのでROBOT魂化は純粋に嬉しいです。造形もカッコよく、現状一番良く動くダブルエックスだと思うのでX好きならオススメです。プレバンでGファルコン発売も決まっているので楽しみです。ちなみに、腰後部の謎のジョイントと使わない持ち手パーツから例の武器セットも期待しているのですが・・・w他のガンダムやMSもWシリーズのように出していって欲しいですね^^

MGも出しても良いのよ?


















関連記事
スポンサーサイト
2013/07/27 Sat. 20:30 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://g03lgx.blog18.fc2.com/tb.php/780-c84129d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)