07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

G-01格納庫

ガンプラ等のプラモやフィギュアのレビューと戯言のブログ

573.ミニプラ カミツキ合体獣電竜 アンキドン・ブンパッキー 

ミニプラアンキドン、ブンパッキーの紹介です。


5人のキョウリュウジャーの獣電竜に加え、スピリットレンジャーのパートナーであった獣電竜もミニプラにラインナップ。アンキドンは第2弾のザクトル、パラサガンと、ブンパッキーは第3弾のプテライデンオーと共にラインナップされました。
ちなみに、3月発売の第1弾キョウリュウジンは7月に発売された第4弾プレズオーに、プテライデンオー以外の残りの獣電竜は8月に発売されたスピノダイオーで再販されています。


ザクトル、パラサガンと同様に、本体の加工はせずに塗装だけ施しました。




では紹介




kyouryujin (41)
アンキドン


かつてはキョウリュウシアン(ラミレス)のパートナーであったが、現代のキョウリュウジャーに託された。アンキロサウルスが進化した獣電竜で、力自慢の豪傑。巨大で重たい尾のハンマーを怪力で軽々と持ち上げて、敵に叩きつけるストンピング戦法が得意。深い土の中から出現。

今作では、巨大ロボを構成するメカ(十大獣電竜)には1人ずつパートナーが存在する設定になっており、十大獣電竜の数だけキョウリュウジャーが存在することになります。スピリットレンジャーは、過去に戦っていたキョウリュウジャーで故人で肉体は消滅していますが闘志を絆に存在を維持している戦士になります。ポジション的にはデカスワンやマジマザーのようななゲスト的な存在ですが、彼等や新しく登場したキョウリュウバイオレットを加えると現時点でキョウリュウジャーは9人存在することになりおそらく過去最大の数になっています。




成形色は水色。ステゴッチやドリケラと同タイプの4足歩行型の獣電竜で基本構造も同様となっています。
ちなみに、シアン(水色)の戦士は今作が初。水色っぽい色のブルーは何人かいましたがw(シアンを水色と言ったら某盗人ライダーがブチ切れそうです・・・w)








kyouryujin (42)
尻尾のハンマーを展開してバトルモードに






それではキョウリュウジンにカミツキ合体!



kyouryujin (43)
『キョウリュウジン!』『マッチョ!』


『ムッキムキ!』









kyouryujin (44)
キョウリュウジン マッチョ


ガブティラ、アンキドン、ドリケラ3体の獣電竜が「ガブリンチョ!」とカミツキ合体した特別な形態。猛々しい民俗音楽にのって「ムッキムキ!」と戦意を燃やす。
右腕には超重量の鉄槌「アンキドンハンマー」を左腕には頑強な「ドリケラドリル」を装備し、超ヘビー級の攻撃力で敵を撃破。必殺技は、ドリケラのドリル回転能力でボディを高速回転させ、アンキドンのハンマーを連打で打ち込む「キョウリュウジンM(マッチョ)ブレイブフィニッシュ」



ステゴッチの代わりにアンキドンを合体させた形態。相変わらず何故マッチョなのかよく分かりませんが(いや、そうでもないかな?w)、ドリルとハンマーという非常に漢らしい装備が魅力的^^







kyouryujin (45)







kyouryujin (46)













kyouryujin (47)
ブンパッキー


かつてはキョウリュウグレー(鉄砕)のパートナーであったが、現在はキョウリュウジャー(キョウリュウレッド)に託されている。パキケファロサウルスが進化した獣電竜で、技巧のマスター。
尻尾とチェーンで繋がった巨大球体(モーニングスター)を振り回し、正確に敵を狙う戦法が得意。中国・万年滝の瀑布の奥から出現



成形色はグレー。ザクトル・パラサガンと同タイプの2足歩行型で構造も大体同じ。尻尾と鉄球を繋ぐチェーンは設定やDX版と比べ大振りになっています。正直1パーツで構成されるかと思っていましたが、2個一組で大分大きいとはいえちゃんとした作りになっているのは嬉しいです。
ちなみに、シアン同様、グレーの戦士も今作が初ですね。







kyouryujin (48)
頭部に固定されている鉄球を取り外しバトルモードへ








そしてカミツキ合体!






kyouryujin (49)
『キョウリュウジン!』『カンフー!』


『アーッチョ!!』







kyouryujin (50)
キョウリュウジン カンフー


ガブティラ、アンキドン、ブンパッキー3体がカミツキ合体した姿。右腕に「アンキドンハンマー」左腕に「ブンパッキーボール」を装備。必殺技は、ブンパッキーボールで敵を撃滅する「キョウリュウジンカンフー・ブレイブフィニッシュ」。



トンカチと鉄球というダブルハンマーを装備した形態。見た目からはカンフー要素は感じませんが、ブンパッキーのパートナーであった鉄砕が中国っぽい人だからまあいいかな。








kyouryujin (51)











kyouryujin (52)












kyouryujin (53)
以上、ミニプラアンキドン、ブンパッキーでした。
他の獣電竜と同様、単体ではあまり遊べませんがキョウリュウジン等と組み合わせることで様々な形態を作ることが出来ます。ブンパッキーは今後の合体でも意外と使われるので特に押さえておきたいところ。













ミニプラキョウリュウジン
キョウリュウジン



ミニプラザクトル、パラサガン
ザクトル、パラサガン

関連記事
スポンサーサイト
2013/08/20 Tue. 00:37 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://g03lgx.blog18.fc2.com/tb.php/795-2ce0f2bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)