07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

G-01格納庫

ガンプラ等のプラモやフィギュアのレビューと戯言のブログ

575.ミニプラ カミツキ合体プレズオー 

ミニプラプレズオーの紹介です


DSC04631_20130824200109e4f.jpg

ミニプラキョウリュウジャーシリーズ第4弾。宇宙から帰還した獣電竜が変形したプレズオーが登場!同じ単体変形のプテライデンオーと異なり、3箱で構成され中々のボリュームとなっています。同時にキョウリュウジンも再販という形でラインナップされました。全7種
キョウリュウジンは初期のものと変化無しだと思われるのでプレズオーのみ購入しました。



キョウリュウジン、プテライデンオーでは単純なつくりになった分可動が犠牲になっていましたが、今回は比較的従来のものに近い構造となっていたので改修はせずにそのまま塗装しました。



では紹介―




purezoh (9)
プレズオン


キョウリュウバイオレット(ドクター・ウルシェード)のパートナーであったが、ドクターの引退とともにキョウリュウレッドに託された。プレシオサウルスが進化した獣電竜で、元々は海中戦闘が得意な首長竜だったが、デーボス軍が滅ぼした星を調査するためドクターにより強化改造され、宇宙航行・戦闘が可能に。知識豊富でクールな冒険家。敵に体当たりし、そのまま宇宙空間まで運んで攻撃するプランチャ戦法が得意。
プレズオンラボ・ドックを発進し海中から出現する。


史上2人目の紫の戦士のパートナーで初代バイオレット、ドクター・ウルシェードを演じたのはまさかの千葉繁氏!その名のごとく非常にうるさくコミカルなキャラクターでしたwバイオレットは後に孫の弥生に引き継がれました。バイオレットはスピリットレンジャーではなく現役のキョウリュウジャーですが、7人目の追加戦士というよりはゲストっぽい立ち位置ですね。





キットはA、B、Cの3種を組み合わせることで完成。成形色は白、紫の2色が使われています。
他の獣電竜とくらべ、元の恐竜要素は少なく宇宙船の要素が強く感じるデザインとなっています。ちなみに、首長竜モチーフはこれが初のようです。








purezoh (10)
口が開閉します。











purezoh (11)
ヒレ?とブースターをたたむことでロケットモードに変形










では、ロケット変形!



purezoh.jpg
プレズオー


プレズオーが単体でロケット変形した宇宙戦闘形態。テーマソングは、「オンオン~」とほとばしるパワーを計測しながら鼓舞する電子音楽調。左腕にプレズナックル、右腕にプレズキャノンを装備。必殺技はプレズキャノンにキョウリュウスピリットを収束させて「ズオーン!」と放つ「プレズオー・ブレイブフィニッシュ」



プレズオンを一旦各ブロックに分解し組み立てなおすことで変形。重量級ですが、上腕や腿が細いので意外とスマートに見えます。首がそのままくっ付いた右腕がインパクト大w









頭部
purezoh (1)
ロケットのような細長いデザインの頭部。キョウリュウジャーのスーツを連想させる胸のエンブレムも特徴的ですね。








可動
purezoh (2)
腰は固定なものの、腕や脚の構造は従来のミニプラとほとんど同じで、腕が横に上がり肘も可動、脚は開脚に加え、膝部分でロールします。

ですが、手首は固定なので肘を曲げてもあまりカッコよく決まらなかったり、足首は横方向にしか動かないので伸ばしたり踏ん張ったりができなくて意外とポーズはとらせ辛い感じでした^^;

右腕は固定です。










purezoh (3)
開脚性は充分なのでハイキックも可











purezoh (4)








purezoh (5)
「プレズオー・ブレイブフィニッシュ!!」











purezoh (6)
右腕はプレズオンの頭部ですが、背中に通常の腕パーツがくっ付いており取り付けることで両腕ともノーマルな状態にすることができます









purezoh (7)









purezoh (8)
プレズオーブンパッキー

他の獣電竜とカミツキ合体も可能です









そして・・・




「爆裂カミツキ合体!!」




purezoh (12)
バクレツキョウリュウジン


ガブティラ、ブンパッキー、プレズオンの3体が「爆裂カミツキ合体」した爆裂戦闘形態。胸のガブティラヘッドから、デーボス細胞破壊プログラムを応用した「獣電爆裂ストーム」を放射、まずはこれで敵の動きを封印し、右腕のプレズキャノンから発射する必殺技「獣電砲・爆裂ブレイブフィニッシュ」で敵を撃破。



メインの戦士の獣電竜が含まれないかなり変則的な合体(全部レッドのパートナーですが)ですが、スーパー合体的な威圧感がある形態ですw合体方法もかなり独特で、上半身を90°回したキョウリュウジン(ガブティラ形態)の上にプレズオンが丸まる合体し上半身を構成するという大胆な作り。この思い切った合体方法のおかげで胸にティラノヘッドが来るという王道パターンになりました!下半身も下駄を履いてボリュームアップ(乗ってる感がハンパないですが・・・w)また、ガブティラの尻尾がそのままになっていますが、これが恐竜と人が組み合わさった感が出ていて中々良いと思います。



プロポーションは、ものすごい合体の割にはまとまっている感じはしますが、やはり下半身(特に股関節あたり)が貧弱に見えます。










頭部
purezoh (13)
プレズオーの後頭部のカバーが開き出現する頭部








可動
purezoh (14)
肩の可動はプレズオーの股関節そのままで良く動きます。上腕も根元で可動し横に上げることが可能。肘は固定です。

下半身はキョウリュウジン基準。



自分はキョウリュウジンの関節を弄っており股関節の保持が厳しく立たせるのが凄く大変でした・・・wキョウリュウジン改修の際は合体を見越してしっかりした関節構造にした方が良いですね・・・^^;










purezoh (15)













purezoh (16)
「獣電砲・爆裂ブレイブフィニッシュ!!」







以上、ミニプラプレズオーでした。先の2体と比べ、可動がしっかりしているのが嬉しいですね。ガブティラ、ブンパッキーと合体してこれまでと全く違う姿になるのも凄いです。尚、ブンパッキーのみ同弾ではラインナップされていないので注意。
さて、次はスピノダイオーですが・・・全く手をつけていませんw完成しなかったらスミマセン・・・^^:










ミニプラキョウリュウジン
キョウリュウジン



ミニプラザクトル、パラサガン
ザクトル、パラサガン



ミニプラアンキドン、ブンパッキー
アンキドン、ブンパッキー



ミニプラプテライデンオー
プテライデンオー
関連記事
スポンサーサイト
2013/08/24 Sat. 21:27 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://g03lgx.blog18.fc2.com/tb.php/797-9dfd1810
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)