07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

G-01格納庫

ガンプラ等のプラモやフィギュアのレビューと戯言のブログ

600.HGビルドストライクガンダム フルパッケージ 

HGビルドストライクガンダム フルパッケージの紹介です


DSC05770_2013100622092437c.jpg






hg_buildstrike_gundam.jpg
GAT-X105B ビルドストライクガンダム


セイが作り上げたガンプラ。彼の高い模型政策の技術力に加え、数々の野心的なアイデアが盛り込まれている。ベースとなった機体は、GAT-X105ストライクガンダム。あまりに高機動であるため、普通の人間では振り回されてしまい、まともに操縦することが出来ないほど。レイジのみが、本気を上手く操縦できる。最初に完成したのは本体のみであったが、レイジと共に数々の戦いを経験しながら武器やブースターを追加、フルパッケージとして完成した。可変出力式の銃や、積層式のシールドなど、本気独自の装備も採用されている。




新作TVシリーズ「ガンダムビルドファイターズ」より、主人公イオリ・セイが製作し、レイジが操縦するガンプラ、ビルドストライクガンダムがHGで登場!
ストライクガンダムがベースの機体で、頭部や腕の形状が変更されています。キットは完全新作でPC-002を使用したオールガンダムプロジェクト仕様。肘、膝は新素材によるポリキャップレス構造となっています。
プロポーションも最新キットらしくスマートでカッコいいです





頭部
hg_buildstrike_gundam (1)
ベースとなったストライクとは完全に別物です。側頭部の4連バルカンが特徴的。額部分の色分けはさすがに厳しいかと思いましたがしっかり別パーツ化されています。




キットの色分けは胴体のフレームや腹部など旧HGで省略されていた部分がしっかり色分けされています。本体に関しては色分けは大部分は再現されていますが、細かいグレーや、肩の黄色、膝の青など細部で色が足りていません。一応不足部分は大体シールで補えます。

今回も塗装は全塗装。基本的に前回のウイングガンダムと同じように、メインカラーはグラデーションっぽく、関節はメタリックを使わないグレー。一部メタリックカラーを使用しました。
目は偏光フィニッシュを貼っています。









可動
hg_buildstrike_gundam (2)
関節構造はHGAWウイングガンダムを大体同じ。肩の構造はOO系のようになっています






hg_buildstrike_gundam (3)
開脚は股関節の構造的には真横まで広げられますが、サイドスカートが干渉するのでこのくらい。接地は充分です







hg_buildstrike_gundam (4)
膝は2重関節、股関節は上下にスイング












武器
hg_buildstrike_gundam (5)
ビームガン

ビルドストライクには3タイプのビームライフルを装備しています。徐々に強化されていくのかとおもいましたが、説明書の解説を見ると状況によって使い分ける感じみたいです。


ビームガンは低出力で連射が利く使いやすい装備。







hg_buildstrike_gundam (6)










hg_buildstrike_gundam (7)
ビームライフル

連射性と破壊力のバランスがとれたあらゆる状況下で使用可能なメイン武器。
ビームガンを中心にパーツを追加したような形状です。







hg_buildstrike_gundam (8)









hg_buildstrike_gundam (9)
強化ビームライフル

可変出力式の銃。高出力時はハイパーメガランチャーに匹敵する破壊力を持つが連射は出来ない。
ビームライフルにさらにパーツを追加したようなデザインで、サイズも大きめ。








hg_buildstrike_gundam (10)
フォアグリップが可動し、可動範囲も広いため両手持ちも難なく可能










hg_buildstrike_gundam (11)
チョバムシールド

薄いプラ版の貼りあわせで作られたシールドで、壊れることでダメージを吸収する。

表面4隅の白は色分けされていません






hg_buildstrike_gundam (12)
先端には銃口らしきものが付いています。キット写真でもこの銃口を構えたポーズがあるので何かしら発射するのかも














hg_buildstrike_gundam (13)
ビームサーベル

アーマーシュナイダーの代わりに、ビームサーベルが標準装備に
ビーム刃はウイングと同じ新規のものになっています。







hg_buildstrike_gundam (14)
股間下のジョイントにより各種台座に対応します








hg_buildstrike_gundam (15)











hg_buildstrike_gundam (16)
ビルドブースター


ストライクルージュの新装備、EW454Fオオトリをベースに作り上げた支援機。変形して独立可動が可能なバックパックになる。機体に装備すると機体出力が160%以上アップする効果が得られる。


オオトリに似ていると思ったらやはりベースになっていたようですねw機首部分はオオトリそのままですが、それ以外は全体的に手が入っているようです。







hg_buildstrike_gundam (17)
色分けは青一色で全てプラ成形。ウイングや機首等はシールで色分け出来ますがビームキャノン等の色は再現されません。

ビルドブースターは単品販売もされるので、構造を単純化して低コスト化したのでしょうか。作りが簡素なので手も加えやすそうです。




底部の3mm穴でスタンドの使用が可能。











hg_buildstrike_gundam (18)
機首とエンジン?部分を折りたたみ、ストライクとドッキング!









hg_buildstrike_gundam (19)
GAT-X105B/FP ビルドストライクガンダム フルパッケージ


大型のバックパックと羽により一気に強そうな王道ヒーロー風に!ウイングを展開した姿はフリーダムのような雰囲気ですね。







hg_buildstrike_gundam (20)









hg_buildstrike_gundam (21)










hg_buildstrike_gundam (22)
ウイングを水平にしてエールストライカー風に。こっちの方が個人的にしっくりくるかな。


ウイングは基部の回転や羽根の展開により様々な形態になります。






hg_buildstrike_gundam (23)











hg_buildstrike_gundam (24)
オオトリやオオワシのようにビームキャノンを展開。グリップが展開して持たせることも可能。


ビームキャノンはアームとバックパックとの接続がボールジョイント、アームとキャノンは軸接続になっています










hg_buildstrike_gundam (25)
フルバースト!w










hg_buildstrike_gundam (26)
ジョイント部分はこんな感じ。ビルドストライク接続時の3mm軸を反転させると板状のジョイントがあわられ・・・









hg_buildstrike_gundam (27)
RGにも取り付け可能!


ビルドブースター単品版付属のジョイントで付けれるようにするだろうと思ってましたが、まさかそのまま付けれるとは思いませんでした。単品版のジョイントは多関節式のものや、HGウイングに対応したものなどが付くようです。ビルドブースター後部の穴にジョイントを取り付けることでMGのオオトリのようなストライカーパックの連結も可能らしいです。









以上、HGビルドストライクでした。完全新規になっており色分け可動共に大きく進化しています。足裏は肉抜きがある分旧HGに分がありますが・・・wビルドブースターが付属するおかげでプレイバリューも広いです。これで定価1400円台はかなりお得かも。すでに年末までに多数のキットが発売予定なのでこれから楽しみですね^^アニメも期待です












関連記事
スポンサーサイト
2013/10/06 Sun. 23:43 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://g03lgx.blog18.fc2.com/tb.php/826-08fb9d8e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)