05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

G-01格納庫

ガンプラ等のプラモやフィギュアのレビューと戯言のブログ

621.HG ビルドガンダムMk-Ⅱ 

HGBFビルドガンダムMk-Ⅱの紹介です

DSC06424_201311171910467f4.jpg

「僕達のガンプラはひとつじゃないさ!」




hgbf_buildgundam_mk2.jpg
RX-178B ビルドガンダムNk-Ⅱ

セイがビルドストライクの次に作り上げたガンプラ。ベースは機動戦士Zガンダムに登場するガンダムMk-Ⅱで、セイの考えたオリジナル設定が豊富に盛り込まれている。まず、機体そのものは本編には存在しない「幻の5号機」であり、テスト機体として運用されていたため、その存在が今まで知られることがなかったと設定。さらに、塗装前の段階になって「5号機もエゥーゴに奪取された」という設定が後付された。性能としては、各種センサーの強化、ティターンズが可変MA「ギャプラン」を参考に開発した強化ユニットを装着しているものとした。


「ガンダムビルドファイターズ」より、ユウキ・タツヤとの戦いで大破したビルドストライクに代わる機体として決勝戦に登場したセイの2体目のガンプラがキット化!機体名やOPの扱い、本編で少しずつ映っていた製作風景から、セイとレイジの機体ということは読めていたものの、ビルドストライクがあるのにどうやって活躍させるか想像がつきませんでしたが、まさか一旦ストライクを破壊させて離脱させるとはw

キットは、発売中のHGUCガンダムMk-Ⅱをベースに、改修部分とビルドブースターMk-Ⅱがセットされたものになっています。ベースのMk-Ⅱは2002年に発売されたキットということで、今の目で見ると構造や可動範囲に古臭さを感じますが、造形や色分けはかなり優秀じゃないかと思います。





頭部
hgbf_buildgundam_mk2 (1)
変更点はアンテナのみで、強化された大型のセンサーはどことなくヘイズル系を彷彿とさせます。上に折れ曲がったアンテナはエアマスターみたいですねw古めのキットですが、顔立ちはイケメンでカッコいいです


本体の変更点は、ここと胸部のみで、新規部分が多かったビルドストライクと比べると控えめなアレンジです。が、どちらもまず目がいく部分なのでぱっと見の印象は大分ちがいますね。


キットの色分けは、ベースキットのMk-Ⅱが黄色のスラスター含めほぼ完璧ですが、本体新規部分は紺色のみなので、アンテナとインテーク部分の黄色はシールを貼るか塗装になります。アンテナは別パーツなので塗装はそこまで大変ではないです。ブースターで足りないのも黄色部分くらいなので、部分塗装派は結構楽だと思います。
・・・ですが、このキットは合わせ目がかなり目立つため、それを消しつつ塗装・・・となると一気に面倒になります。特に脚・・・


今回も一部の黄色を除きほぼ全塗装していますが、合わせ目が気になるので特に目立ちそうな前腕、腿、脛の合わせ目を消しました。アンクルガードも結構目立ちますね・・・w脛は接着すると膝関節とフレームが組み込めなくなるのでネットで調べて後ハメ加工しています。(膝が割れたけど気にしない!)
塗装は、メインの白は劇中みたいにちょっと青っぽくなるようにしたつもり。胸の色は本家Mk-Ⅱは黒っぽい色ですが、ビルドは少し明るめの紺色っぽい感じになっています。
ブースターの黄色は、シールドの大きい部分は塗装ですが、他はシールを使いました。各種センサーは付属のシール。胸のセンサーはシールの余白を切り取って使用しました。ツインアイは偏光フィニッシュ






可動
hgbf_buildgundam_mk2 (2)
キットは、PC-123プラスを使用した一昔前の構造で、今の目で見ると物足りないく感じます。

肩はデザインのおかげもあり別パーツになっており、上方にスイング。前後はごくわずかに可動しますがポージングにはそこまでプラスには働かないかな?肘は1軸で90°程度



hgbf_buildgundam_mk2 (3)
股関節はボールジョイントで開脚はこのくらい。




hgbf_buildgundam_mk2 (4)
膝は2重関節ですが、可動は90°程度です。

フロントスカートは、今のキットのように簡単に切り離して独立可動・・・という構造にはなっていませんが、
軸の中央をノコ等でカットすれば、軸下側にストッパーがあるので独立可動させられます。










武器

hgbf_buildgundam_mk2 (6)
メイン武装は、ブースターに装備されたビームライフルMk-Ⅱ


バインダーから外して、腕の装甲に取り付けることが出来ます。





hgbf_buildgundam_mk2 (5)
取り付けは、腕装甲のピンを起こし、ブースターのシールド裏にあるジョイントに取り付け。その後、取り付けたパーツを若干前方に移動させることで、シールドのピンと腕装甲の溝が噛み合いロックされます。


シールドのジョイントはプラ製ですが、ポリキャップの形状とほとんど同じなので似たものと交換してしまっても良いかも






hgbf_buildgundam_mk2 (7)
アクションベース対応前のキットなので、本体には3mm穴は開いておらず各種汎用台座には対応していませんが、アクションベース2のコの字型の固定パーツ(BA4-A14)を使うことでアクションベース2に対応します。







hgbf_buildgundam_mk2 (8)










hgbf_buildgundam_mk2 (9)
ビームライフルMk-Ⅱは取り外して直接手に持たせることも可能。ライフルの形状はMk-Ⅱの物に近いデザインになっています。

ベースのMk-Ⅱには銃持ち手が右手しか付いていないので左手の銃持ち手が新規に付属。ちなみに、右手は銃持ち手しか付いていません・・・右通常持ち手も付けてほしかったところです^^;



ブースター背面に3mm穴が開いているのでいつも使うfigma台座に取り付けてみましたが、背中なのでアームの長さが足りずちょっとイマイチ・・・







hgbf_buildgundam_mk2 (10)
ライフルを外したパーツは、先端のパーツを畳むことでムーバブルシールドとして機能








hgbf_buildgundam_mk2 (11)
ブースターのバインダーに直結した状態では、パワーをダイレクトに受けることが可能となり威力が飛躍的に向上

バックパックとバインダーを繋ぐアームは一見良く動きそうですが、キットは1パーツ構成で残念ながら動きません・・・形はシンプルなので自作しても良いかも。ビルダーとしての腕の見せ所ですw









hgbf_buildgundam_mk2 (12)
グリグリ自由には動きませんが、こんな感じでキャノン風にしたりは出来ます。

根元のセンサー部分は、ストッパーがあり自由には回転できませんが、90°刻みに向きの変更は可能。少し引き出すことで自由にまわすことはできますが、保持力が低いので何らかの対策は必要になります。








hgbf_buildgundam_mk2 (13)
ビームサーベル

物はMk-Ⅱと同様だが、ブースターからのパワー供給により威力を高めている。

ベースキットにはビーム刃は付いていませんでしたが、新規にビルドストライク等と同タイプのクリアー刃が付属。







hgbf_buildgundam_mk2 (14)
オリジナルウェポンとしてHGUCガンダムMk-Ⅱの武器が丸々付属!





hgbf_buildgundam_mk2 (15)
シールドは、専用のジョイントパーツがありますが、ビルドMk-Ⅱ増加装甲のジョイントを起こして取り付けることも出来ます。







hgbf_buildgundam_mk2 (16)
シールドは差し替えで伸縮。シールド専用のジョイントパーツは、取り付ける向きを側面と背面から選択可能

ハイパー・バズーカはグレー一色なので塗り分けました。グリップ固定なので若干持たせづらいです






hgbf_buildgundam_mk2 (17)
頭部の変更はアンテナのみなのでバルカン・ポッドも問題なく取り付け可能






hgbf_buildgundam_mk2 (18)
それぞれの武器は干渉しないのでフル装備可能!

バズーカはリアスカートのマウントを起こすことで腰に取り付け可能







hgbf_buildgundam_mk2 (19)
手首と一体型のビーム・サーベルも

白一色ですが、一体な分手首の表情はとても良い感じなのできっちり色分けすると見栄えが良いかも。









hgbf_buildgundam_mk2 (20)
ブースター分離







hgbf_buildgundam_mk2 (21)
ビルドブースターMk-Ⅱ


ビルドストライクにおいて有効であった分離可能な支援機をもつコンセプトをさらに強化したビルドMk-Ⅱ用の支援機。

キットの説明書には載っていませんが、腕の装甲もブースターに取り付け可能。






hgbf_buildgundam_mk2 (22)
ビルドブースターは、オオトリと同様の完全変形でバックパックになりましたが、Mk-ⅡはGディフェンサーと同じ分離式。


アメイジングブースターのように、文理時はコクピットブロックがどこからともなく飛んでくるんですかね?w







hgbf_buildgundam_mk2 (23)
通常は3mm軸による接続ですが、ジョイント部分をひっくり返してとりつけることで、RGガンダムMk-Ⅱに無改造で取り付け可能になります。

HGUCの可動に不満な人はRGに取り付けても良いかも







hgbf_buildgundam_mk2 (24)
ベースのMk-Ⅱのパーツは丸々入っているので色違いのノーマルMk-Ⅱを組むことも可能。ビルドとの変更部も少ないので換装も簡単です。









hgbf_buildgundam_mk2 (25)
ビルドストライクと

ストライク修復後はどんな感じでMk-Ⅱが使われていくんでしょうかね?








hgbf_buildgundam_mk2 (26)
ブースター交換

そのままではどちらも干渉して取り付けできませんが、そんな時のためのジョイントパーツ!それぞれにビルドブースター付属のジョイントとはさむことで取り付けることができました。若干取り付け部の見栄えは悪いですが・・・w






hgbf_buildgundam_mk2 (27)
ブースターMk-Ⅱ後部にあるジョイントにビルドブースターを取り付け。今回もジョイントを噛ませることで無限連結的なことができそうですw




hgbf_buildgundam_mk2 (28)
ビルドブースター付属のアームパーツをブースターMk-Ⅱのアームの代わりに取り付けてみましたw

サイズがちょっと大きいですが、こいつをベースに可動アームが作れるかも・・・






以上、HGBFビルドガンダムMk-Ⅱでした。ベースとなるガンダムMk-Ⅱは10年前のキットということで、可動やパーツ割りに難がありますが、色分けやプロポーションは今でも充分通用する優秀なキットだと思います。ブースターはアームが可動しないのが残念ですが、キャノンのように構えたり、腕に固定したり、手に持たせたりと色々な形態になるのでビルドストライク同様に色々楽しめるものになっています。ベースのMk-Ⅱのパーツが丸々付属するので組み替えも楽しいキットだと思います。








HGビルドストライクガンダムフルパッケージ
HGビルドストライクガンダムフルパッケージ




関連記事
スポンサーサイト
2013/11/17 Sun. 22:18 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://g03lgx.blog18.fc2.com/tb.php/849-9c205d91
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)