07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

G-01格納庫

ガンプラ等のプラモやフィギュアのレビューと戯言のブログ

664.HG キュベレイパピヨン 

そそり立つレッドレッシャー・・・すごく・・・大きいです・・・
まさか公式でやるとは思いませんでしたwww

あと、あのちょっとキモイロボの声ほっちゃんだったのねw




製作物
P3020879.jpg
ヴァルヴレイヴⅠフルインパクト

平日もちょっとずつ塗り進めてましたがまだまだ残ってます・・・w
今回は赤色をメタリックレッドにしたかったので下地にシルバーを吹いた後、ガイアノーツのプレミアムレッドを吹きました。アソビットの実演ブログで使ってるのを見て参考にしてみたのですが、かなり良い感じの赤になりました^^








――――
今回は、HGBFキュベレイパピヨンの紹介です

P2220784_20140302180548184.jpg






hgbf_qubeley_papillon.jpg
NMX-004 キュベレイパピヨン


プライベートガンプラチーム「ネメシス」が、世界大会用に開発したガンプラ。チームはフィンランドに拠点を置く。このガンプラは専用ファイターであるアイラが操縦することを前提に作られており、他のファイターが操縦しても充分な能力を発揮することは出来ない。最大の特徴は無線コントロール式兵器であるファンネルビットを運用できることにある。他にも同様の兵器を使えるガンプラは存在するが、アイラの卓越した操縦技術により、別次元の強さを見せる。特に一体で多数を相手にしたときにその強さが際立つ。
ファイターは、アイラ・ユルキアイネン



「ガンダムビルドファイターズ」より、フラナ機関の所属でフィンランド代表として世界大会に出場している少女、アイラが使用するガンプラがキット化。HGUCキュベレイのバリエーションキットで、大きくデザインの変わった外装を新規パーツで再現しています。ベースとなったキュベレイは、HGUC第4弾のアイテムというかなり古いキットなのでパーツ割りやモールドなど気になる部分もありますが、プロポーションは良好で所期の中でも完成度の高いキットのようなので、本キットも構造の古臭さは感じるもののプロポーション等はしっかりしています。

その名の通り、蝶の羽を模した様な大型のバインダーが特徴的。各部の形状も基本的にベース機体のラインを残しつつ全面に渡って改修が施されています。



頭部
hgbf_qubeley_papillon (1)
つるんをしたシンプルな形状から大きく変わり、ちょっとガンダム系寄りな感じになっています。どちらかといえばガ系やテッカマンブレード系っぽいですがw目はモノアイからツインアイに変わっています。後頭部が長く伸びた形状はベースのキュベレイを踏襲していますね。




キットは、グリーンの外装部分は全て新規パーツになっており、流用部分は胸やピンク部分、関節程度ですが新規部分も基キットに準じたパーツ割りになっているので合わせ目が結構目立ちます。胸のパイプやベルト状のパーツと手首は軟質系の素材(アサフレックスですかね?直接塗装しましたが、別に剥がれたりしてないので一応塗装はできる素材だと思います)。また、一番の難点として肘のポリキャップが剥き出しとなっています。

色分けに関しては、基本的な箇所は色分けされていますが、各部の赤い装飾はシールによる再現になっています。まあ、これは仕方ないですね。ただ、額の赤部分もシールなのは残念な所・・・別パーツにはなっているので塗ってしまった方が良いと思います。尚、ホログラムシールが付属ということになっていたようですが付いていませんでした・・・何だったんだ?


今回もほぼ全塗装しています。キュベレイはテカテカしたイメージなので、メインのグリーンは塗装後にムーンストーンパールを吹きました。脚やファンネルコンテナのピンクを先に塗ってからグリーンを塗りましたが下地のピンクがどう頑張っても浮き出してきてなんか残念なことに・・・関節のグレーやメタリック部分以外は蛍光塗料を混ぜて調色したためかなり派手な色になりましたw
むき出しの肘ポリキャップは、プラサポを加工して簡単なカバーを製作。この程度だったら別に無しでも対して変わりませんが・・・w







可動
hgbf_qubeley_papillon (2)
さすがにかなり古いキットということで今のものと比べるとあまり動きませんが、キュベレイ自体ガンガンアクションする機体というイメージではないので、キュベレイとしては必要充分に動いてくれます。


肩は若干前後スイング可能。腕は真横まで上げることが可能で、肘は一応二重関節ですが90°程度。上腕のロール軸はなく、肘部分で捻ることが出来ます。





hgbf_qubeley_papillon (3)
胸と首は、ベースキットのメモリアルアクションと呼ばれるギミックの恩恵で大きく上に向けることが可能。キュベレイらしい飛行ポーズをとらせる時に重宝します。ただし、頭はほとんど左右に振ることは出来ません。これは結構致命的ですが、デザイン上の問題もあるので仕方ないところかも・・・





hgbf_qubeley_papillon (4)
開脚、接地はこのくらい。意外とよく動いてくれます。





hgbf_qubeley_papillon (5)
パピヨンでは、新規に腿のロール可動が追加。




hgbf_qubeley_papillon (6)
膝は一軸で90°程度。つま先は独立して可動します











hgbf_qubeley_papillon (7)
ランスビット装備

ランスビットを持たせる際は、新規に付属する手首パーツを使用します。新規の手首パーツは通常のプラで成形されています。





hgbf_qubeley_papillon (8)
ベース機にはなかった専用の携行武器が装備されました。


股関節パーツが新規のものになったことで、アクションベース等に対応するようになりました。また、お馴染みの台座が付属しているので飛行ポーズで展示できるのが嬉しいですね。







hgbf_qubeley_papillon (9)
平手が両手分付属








hgbf_qubeley_papillon (10)







hgbf_qubeley_papillon (11)
グリップを持ち替えることで射撃武器のように







hgbf_qubeley_papillon (12)
ビットの名が付いているということで、無線コントロールすることも可能とのこと









hgbf_qubeley_papillon (13)
肩のバインダーは、L字状のジョイントパーツで接続されており、動かしづらくはあるもののある程度の表情付けが可能となっています。





hgbf_qubeley_papillon (14)











hgbf_qubeley_papillon (15)
ビームサーベル

クリアーパーツですが、柄まで一体化されているので塗装の必要があります。






hgbf_qubeley_papillon (16)
2本付属







hgbf_qubeley_papillon (17)
ビームガンとしても使用可能


まあ、銃口隠れちゃってるんですが^^;









hgbf_qubeley_papillon (18)
ファンネルビット

キュベレイパピヨンのメイン装備。コンテナ・ファンネル自体の形状はベース機と同じになっています。





hgbf_qubeley_papillon (19)
10基のファンネルは全て分離可能!まあ、だからといってどうしようもないんですが・・・w

銃口部分は開口されていません






hgbf_qubeley_papillon (20)
キュベレイパピヨンには通常のファンネルの他に、肩バインダーからクリアーのファンネルを射出していました。









hgbf_qubeley_papillon (21)
VSフェニーチェ


アイラの精神的な問題もあったものの、大会で初めて直撃を与えることに成功!
苦戦を強いられているアイラに業を煮やしたネメシス会長はエンボディ数値の出力を上げるよう指示。





hgbf_qubeley_papillon (22)
圧倒的な戦いぶりにより、フェニーチェは大破。やけになったフェリーニは自爆により機体と道連れにしようとするも、キララの叱責により踏みとどまり戦いを棄権。しかし、無理にエンボディ数値を上げたため暴走し試合終了後も執拗にフェニーチェを破壊し続ける―








hgbf_qubeley_papillon (23)
スタービルドストライクと

全長は一般的なMSサイズですが、巨大なバインダーによりかなり大型な印象です






hgbf_qubeley_papillon (24)
とうとう正体がレイジにばれてしまったアイラ。次回どのような戦いを繰り広げるのか楽しみですね








hgbf_qubeley_papillon (25)
胸部はキュベレイのままなので、同様に胸の装甲が展開しコクピットハッチが開閉するギミックがあります。






以上、HGBFキュベレイパピヨンでした。ベースキットが古いので、パーツの分割やモールドがちょっと気になるのとシールによる色分けが多いのでパチ組みでは少々難がありますが、頑張って塗装したり加工したりすることで完成度がぐんと上がるキットだと思います。巨大なバインダーが存在感抜群w
今月は、本編でベースと思われるエクシアがチラッと登場したダークマターと、ミスサザビーが発売。ミスサザビーはずっとベイカーの機体になると思ってましたが、アイラじゃないかという意見を見つけてなんか納得。NT機体だし、色がアイラカラーだし・・・w









HGBFウイングガンダムフェニーチェ
HGウイングガンダムフェニーチェ

HGBFスタービルドストライクガンダム
HGスタービルドストライクガンダム





関連記事
スポンサーサイト
2014/03/02 Sun. 20:32 | trackback: 0 | comment: 2edit

コメント

このキュベレイパピヨンのベースとなった「キュベレイ」は、『Zガンダム』や『ガンダムZZ』に登場していましたね。
本日はアイラとセイ、レイジの対戦ですが、現在のOPでも展開されているバトルがついに本編にも。今週も必見です。バンダイチャンネルでも配信されるので見逃してもチェックできます。

#- | URL | 2014/03/03 14:14 * edit *

Re: タイトルなし

レイジVSアイラは強化人間の少女との戦いを彷彿とさせますが、BFということで明るい結末になってよかったです。アイラは今後も例の機体で活躍しそうなので楽しみです^^

g01lx #- | URL | 2014/03/06 23:12 * edit *

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://g03lgx.blog18.fc2.com/tb.php/900-74880583
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)