06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

G-01格納庫

ガンプラ等のプラモやフィギュアのレビューと戯言のブログ

671.スーパーロボット超合金 ジェネシックガオガイガー 

DSC_3864.jpg
!!・・・地獄の道化師!?






仮面ライダー大戦観に行ってきました
P3291180.jpg
ついに勃発した昭和と平成の戦いですが、今回は話的にいまいち昭和ライダーに共感できませんでした・・・
また、今回は投票によってエンディングが変わるとのことでしたが、試合に勝って勝負に負けたみたいな決着の付き方でどっちの投票が上だったのかはよく分かりませんでした。(自分は平成に入れたのですが、そのときの票差は倍くらいの差で昭和が上だったような)

そして、主題歌はドラゴン・ロード(のアレンジ)w何気においしい立ち位置だったZXさんでしたが、曲までZXとはw
相変わらず二人いるてつをですが、まさかの神谷BLACK&鈴村RXw今回けんいちくんとひろしくんが色々なライダーの声当ててました
戒斗さんは散々な扱いw

突っ込みどころやちょっと納得できない所もありましたが、やっぱり全ライダー揃い踏みは圧巻で楽しめました。何気に555が結構推されてたのも良いですね^^






購入物
P3291171.jpg
DVD超次元ゲイムネプテューヌ第7巻

ねんどろいど目当てなものの、円盤を買ったのなんて何年ぶりだろう・・・w
本編のほうも未放送エピソードなので気になりますが、DVDは今の所実家のPS2でしか見れないからなー^^;新しいPCが届くのももう少し先だし・・・






P3291178.jpg
がんばれ!タキシード仮面

秋葉では売り切れで全然見かけませんでしたが、今日映画見に行った所に置いてあったので回してきましたw
たいして面白くない素立ちのが2連続で出た時は軽く凹みましたが、3回目一番欲しかったぶ~らぶら~が出ました^^

フィギュアーツ出ないかな・・・w






――――
今回は、スーパーロボット超合金ジェネシックガオガイガーのレビューです
P3221084_20140329190032f4b.jpg




それは、最強の破壊神
それは、勇気の究極なる姿 
我々がたどり着いた大いなる遺産
src_Ggaogaigar (1)



その名は・・・





勇者王ジェネシックガオガイガー!

src_Ggaogaigar.jpg
ジェネシックガオガイガー

ソール11遊星主のアンチプログラムとして緑の星の指導者・カインが遺したジェネシックスーパーメカノイド。これまでのガオガイガーの性能の全てを上回る勇気の究極なる姿。ガジェットツールとGストーンの力を引き出すことにより絶対勝利の力をもたらす最強の破壊神。




「勇者王ガオガイガーFINAL」より、Gクリスタルにより真の姿となったガオガイガーがスーパーロボット超合金で遂に登場!機械的なこれまでのガオガイガーに生物的な要素が加わり、中二要素全開の非常にカッコいい姿になっています^^
スーパーロボット超合金でも、特徴的なフォルムをシャープに再現し、力強いプロポーションで立体化されています。非常にボリュームがあるため、価格は過去最高額の1万円に迫るものになっています。




頭部
src_Ggaogaigar (2)
全体の構成はガオガイガーと同じですが、より攻撃的で複雑なデザインになっています。細部までしっかり再現されていますが、個人的にフェイス部分はもう少し狭く、目の縁の黒い部分がもうちょっと上下に狭くなっている方が良いかな。

ジェネシックの特徴でもある後頭部でなびいている鬣はクリアーパーツにグラデーション塗装が施されており非常に綺麗です。

全体の塗装も綺麗で超合金らしいメタリックな質感が非常に良い感じです。通常のガオガイガーでは、上腕や腿などは白でしたが、ジェネシックではシルバーになっています。オレンジ寄りの金色がガオガイガーと比べるとちょっと軽く感じます






可動
src_Ggaogaigar (3)
スパロボ超合金ならではの全身の細かい可動ポイントにより非常に良く動きます。


肩は前後スイング+ボールジョイント。肩アーマーは独立して跳ね上げることが出来ます。肘は二重関節で大きく曲げることが可能

ブロウクン・プロテクトのヒレ部分のアーマーも可動するので上腕の可動を妨げないようになっています。




src_Ggaogaigar (4)
胸の鬣は上下に逃がすことで、差し替え無しでヘルアンドヘブンのポーズを再現することが出来ます。肩アーマーの根元部分は上に持ち上げることが可能。






src_Ggaogaigar (5)
腰は前後にスイング。首も良く動きます。ジェネシックは鬣のせいで首の可動が制限されるイメージですが、頭部とは完全に独立しています。鬣は根元で前後にスイング、中央左右で3分割されておりそれぞれボールジョイントで接続されています。



src_Ggaogaigar (7)
後になって気が付きましたが、ギャレオンの顔は引き出すことで上に持ち上げることができます。
顎も開閉します。



src_Ggaogaigar (6)
首も根元で引き出し可能




src_Ggaogaigar (8)
股関節はボールジョイント接続で開脚はこんな感じ。股関節のジョイントは上下にスイングし、軸を下ろすことで腰との干渉を無くし可動範囲を広げられます。


足首に当たる部分がありませんが、3つの爪を可動させることで安定して立たせられます。
また、脚側面を引き伸ばして可動域を広げることが可能(気づきませんでした・・・)





src_Ggaogaigar (9)
膝はガオガイガー同様に連動ギミックがあり、膝を曲げると各パーツが同時に可動します。可動範囲は90°ちょっと






src_Ggaogaigar (10)
節それぞれがガジェットツールになる尻尾部分はそれぞれボールジョイントで可動。取り外し可能で、状況にあわせて節の数を調節できます。







付属品
src_Ggaogaigar (11)
交換用手首左右×3+1、軟質角パーツ、パンチ取り外し板、ウィルナイフ、ボルティングドライバー、ボルト×3、プロテクトシェード用パーツ、交換用ドリル×2、魂ステージ用ジョイント


手首は、平手やヘルアンドヘブン用などに加え、「俺は貴様らを・・・破壊する!」の時の指差しのものが付属。(写真撮り忘れました・・・)






src_Ggaogaigar (12)
ブロウクンマグナム!!

右前腕が飛んでいくガオガイガー・ガオファイガーと異なり、手首部分のみを撃ち出します。パンチ根元のギア状のパーツは右前腕に内蔵されており、取り外す際に手首のみ外れてしまった場合は、パンチ取り外し板を手首のボールジョイントにはめることで引き抜けるようになっています。

写真では、クリップ状のパーツに乗せて浮かせていますが、後部に3mm穴が開いているのでジョイントを差し込んで浮かせることが出来ます・・・後で気が付きました^^;




src_Ggaogaigar (13)
プロテクトシェード!!


前腕部の板状のパーツを放射状に展開しバリアを発生させる防御装備。
前腕の赤い部分を交換し、手首パーツを専用のものに取り替えることで再現します。








src_Ggaogaigar (14)
ウィル ナイフ!!
ガジェットガオーの頸部第1節が変形したツールで、その名の通りサイボーグ凱の同名装備の原型となったものです。

右手首を外して代わりに取り付けます。




src_Ggaogaigar (15)
何気にガオガイガーでは唯一の剣状の武器ですかね?


股間下にジョイントを取り付けることで魂STAGE ACT.5に対応。3mm穴のジョイントなのでその他の各種台座も使えますが、重いのでアームがしっかりしたものを用意したい所です







src_Ggaogaigar (16)
ボルティングドライバー!!

ガジェットガオーの頸第2.3節部が変形したツール。ボックスドライバー風のヘッド部分はクリアー成形になっています。左手首を外し、代わりに取り付け。





src_Ggaogaigar (17)
上からジェネシックボルト、ブロウクンボルト、プロテクトボルトそれぞれを先端に取り付けることが出来ます。










src_Ggaogaigar (18)
膝のドリルは回転状態のものに交換できます。ドリルは根元で回転させられます。







src_Ggaogaigar (19)
ガジェットフェザー展開!!

差し替え無しの完全変形で展開します!動かす場所は多くちょっと複雑なので説明書を良く見ながら変形させていった方が良いです。一部ロック機構あり。

展開時は全幅約260mmとボリューム満点w





src_Ggaogaigar (20)
後ろから







そして―




src_Ggaogaigar (21)
ガジェットツゥゥゥル!!

手首を交換してヘルアンドヘブン用に





src_Ggaogaigar (22)
ここで初回特典のヘルアンドヘブン発動アームを用意!

パッケージとは別に付属しています。






src_Ggaogaigar (23)
「ヘル・アンド・ヘブン!!」

前腕を特典パーツに交換しました。ヘルアンドヘブン発動時のピンクと黄色に発光した状態を再現できます。パーツ自体は通常版の腕と同じで、ブロウクンマグナムとプロテクトシェードのパーツの取り外しもできます。






src_Ggaogaigar (24)
「ゲム・ギル・ガン・ゴー・グフォ・・・」






src_Ggaogaigar (25)
両手を合わせたヘルアンドヘブン用手首に交換。鬣の可動ギミックにより差し替え無しで前方に構えたポーズをとらせることが出来ます







src_Ggaogaigar (26)
「ウィィィィタァァァァ!!!」








src_Ggaogaigar (27)
ガオガイガーと比較

最近のスパロボ超合金は初期のものと比べると大型化しているようで、ガオガイガーと比較すると結構なサイズ差が・・・w設定だと全長はほとんど同じなんですが、イメージ的にはこんくらいでもまあ良いかな?


ちなみに、ガオガイガーは股関節が両方とも死んでました・・・orz
たしか、もともと片方は緩めだったのですがどっちもプラプラになり、もうまともに遊べません^^;ちなみに、ダイ・ガードも死んでました・・・マイトガインとまだ一年経ってないジェイデッカーは問題ありませんでしたが、今後が怖いですね・・・





src_Ggaogaigar (28)
新しめのジェイデッカーとは大体同じくらいの大きさでした。






以上、スーパーロボット超合金ジェネシックガオガイガーでした。値段は高いものの、造形・ギミック・付属品とも非常に満足できる内容でした^^これに続いてガオファイガーの発売も決まり、3種のガオガイガーが揃うことに。この調子で残りの出せそうな勇者(天竜神やマイク等)も出ると良いですね。さすがにゴルディオンクラッシャーは出ないでしょう・・・(笑)








スーパーロボット超合金ガオガイガー
スーパーロボット超合金ガオガイガー
関連記事
スポンサーサイト
2014/03/29 Sat. 22:22 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://g03lgx.blog18.fc2.com/tb.php/910-3a5d30df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)