07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

G-01格納庫

ガンプラ等のプラモやフィギュアのレビューと戯言のブログ

680.ROBOT魂 Ka signature バーザム 

やっぱりピンクはアホキャラなのか・・・w



製作物
P4201512.jpg
ガンプラバトルしたいです

BFの放送終わっちゃいましたが、第8回大会に向けて(?)専用機の製作を開始。
最初はアカツキを作ろうと思ってましたが、ビルドアカツキに手を加えるのに躊躇して結局違う機体に・・・で、選んだのはキュリオス!特に理由はないです。

LBXでオリジナル機作ってた時は変にこだわって結局完成しないということが多かったので、あまり弄らないようにします。とりあえず前に買ったガンバレルは付けたいんですけど・・・w





――――
今回は今更ですがROBOT魂 Ka signatureバーザムのレビュー


rs_barzam (27)


rs_barzam (1)
RMS-154 バーザム


立体化に恵まれないニッチな機体を多く展開しているカトキハジメ監修のROBOT魂 Ka signatureから、謎の人気を誇るMSバーザムが登場!過去にGFFで立体化されていましたが、ガンダムMk-Ⅱとの共通性を強くしたリファイン版でした。しかし、今回はカトキ氏監修ながらTV版に準じたデザインでの立体化となりました。
明らかに他のMSとは異なる異形なプロポーションをしっかりと再現しています。

プレミアムバンダイ限定品で2014年1月に発送されました。






頭部
rs_barzam (2)
後頭部の長い鶏冠とモノアイが特徴的。基本的にジオニックな感じですが、連邦の直線的なラインも混在しているように感じます。



カラーリングは基本的に成形色が多め。パーツ分けが細かく色分けはきっちりしています。シリーズ共通の艶消し処理で一般的なROBOT魂よりも落ち着いた質感になっています。
1/144スケールで立体化されており、設定の全高が19.4メートルなので結構大き目のサイズ。







可動
rs_barzam (3)
独特なデザインですが、可動はかなり優秀です。

肩は前後にスイング、肘は2重関節。前腕部分にも関節がありスイングします。




rs_barzam (4)
腰?は若干左右に振ることが出来ます。首は根本がボールジョイント、頭が左右に回転します。






rs_barzam (5)
胸に若干めり込んでいる脚ですが、多関節構造の股関節によりその見た目とは裏腹に非常によく動きます。開脚性も優秀。ただし、足首は横にはほとんど動かないため接地は残念





rs_barzam (6)
膝は3重関節で、曲げに連動して各部がスライドします。膝前側のシリンダーも伸縮。


つま先は独立して可動します






rs_barzam (7)
背中のバーニアはボールジョイントで可動、リアスカートも微妙に動きます。膝裏のフィンも可動します。









rs_barzam (8)
モノアイは頭部を外すことで若干左右に動かせます。モノアイ自体はメタリックになっておりZ時代らしいディテールもあります。









付属品
rs_barzam (9)
交換用手首左右×3、ビーム・ライフル、グレネード・ランチャー、バルカン・ポッド、サーベル刃×2、交換用股間ブロック、台座用ジョイント、水転写式デカールが付属







rs_barzam (10)
ビーム・ライフル


銃口に爪状のパーツが付いた独特な形状。持ち方も独特で、上腕のジョイントにライフルから伸びているアームを取り付け。グリップは側面に存在し、逆手で保持します。





rs_barzam (11)







rs_barzam (12)
グリップは若干上下にスイング









rs_barzam (13)
股間下にジョイントパーツを取り付けることで、魂ステージ他3㎜軸の各種台座に対応します。










rs_barzam (14)
グレネード・ランチャー


劇中未登場の武器で、ムック本で作例用にデザインされた武器がベースになっているそうです。

こちらは、普通の武器のように持たせることが出来ます。






rs_barzam (15)
フォアグリップがあり、両手持ちも可能。グリップは可動しません。








rs_barzam (16)
ビーム・ライフルのように上腕にマウント可能







rs_barzam (17)
前腕にはサーベルのグリップを内蔵





rs_barzam (18)
グリップを抜き取りクリアーのビーム刃を取り付けてビーム・サーベルに








rs_barzam (19)
頭部にはガンダムMk-Ⅱのようなバルカン・ポッドを装備可能







rs_barzam (20)
フル装備


グレネード・ランチャーはビーム・ライフルの側面にも装着できます。









rs_barzam (21)
交換用の股関パーツ


2通りに解釈できる股間ブロックは交換式で選択できるようになっています。
メガ粒子砲やスラスターのような窪んだ形状が一般的ですが、設定画はどちらかというと平面に丸い突起があるこちらの形状のように見えますね。


2次元のウソって怖いw








rs_barzam (22)








rs_barzam (23)







rs_barzam (24)







rs_barzam (25)









rs_barzam (26)
いつものKa signatureシリーズ同様、水転写式のデカールが付属。貼ることでver.Kaらしい情報量のある見た目になります。
・・・が、相変わらず貼り付け指定がないのでパッケージの見本を参考に貼っていくことになります^^;


自由に貼っていいというのはわかりますが、やっぱり設定通り貼りたいと思う人もいるのでちゃんとした貼り付け指示書も付けて欲しいですね。








以上、ROBOT魂 Ka signatureバーザムでした。プラモも出ていなく立体化に恵まれていない機体なので、貴重な立体物です。造形、可動もとてもいい感じに仕上がっていました^^
シリーズは、この後またまた立体化に恵まれていないゲーマルクに、連邦カラーのMk-Ⅴ。さらに超マイナーなEWACネロがアナウンスされており、今後どんなマイナーMSで驚かせてくれるのかも楽しみなシリーズになってきましたw












関連記事
スポンサーサイト
2014/04/20 Sun. 20:04 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://g03lgx.blog18.fc2.com/tb.php/922-03ff94f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)