02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 03

G-01格納庫

ガンプラ等のプラモやフィギュアのレビューと戯言のブログ

741.RG ガンダムエクシア 

RGガンダムエクシアの紹介です

P4291664_2014100519560019e.jpg


rg_gundamexia (1)
GN-001 ガンダムエクシア


リアルグレード第15弾は「機動戦士ガンダム00」より、1stシーズンでの刹那の搭乗機ガンダムエクシアが登場。
初の00系ということで、特有の関節機構を再現した新規のアドヴァンスドMSジョイントを採用。クリアーパーツやホログラムシート、ストフリに続くメッキパーツの使用と意欲的な内容となっています。




頭部
rg_gundamexia (2)
エクシアもかなりの立体物が発売されてきたので今回もカッコよく出来ています。RGではへの字スリットの太さや間隔が気になるものがありましたが、エクシアはそもそもスリットが無いので問題なし。頬の黄色が色分けされているのはさすがRGといったところです^^アンテナがグレーなのがちょっと気になります・・・



キットの色分けはほぼ完璧で組み立てるだけで設定通りのカラーリングを再現できます。白と青は2色使われています。GNコンデンサーは初めからクリアーグリーンに。特徴的なコードはMG等と同じホログラムシートで再現。シートの下にはリアリスティックデカールを貼ることで光を反射し色が沈まないようになっています。

今回は、メインの白にクリスタルカラーのムーンストーンパールを吹き、グレーの一部を塗装。黄色も塗装しています。
白以外はつや消しを吹きました。
おなじみのリアリスティックデカールは、前回のストフリと同様に数が抑えられており精神的に優しい仕様w肩や胸には海老川デザイン特有のラインが入ります。少な目なので全部貼るつもりでしたが、肘関節に貼るものを失敗してしまったのでそこのみ貼れていません・・・




可動
rg_gundamexia (3)
アドヴァンスドMSジョイントは00シリーズに合わせて完全新規のものを使用。胸の左右が円を描くように上下に可動します。前後にもスイングし、ダクト部分が独立して動きます。
肩の付け根でも前後と若干上下に可動。

肘は2重関節で手首にもボールジョイントの可動部が設けられています。前腕部には可動に合わせたスライドギミックがあります。



rg_gundamexia (4)
腰は前後にスイング




rg_gundamexia (5)
腰は360°回転可能。ちなみに、エクシアは組み立て後に上半身と下半身を分割することが出来ないようになっています。

開脚、接地はこのくらい。可動範囲に関しては特に問題はありませんが、股関節の軸が短めでちょっと外れやすいです。




rg_gundamexia (6)
膝は独特の関節構造でこのくらいまで曲がります。HGでも同じくらい曲がるので特別すごいということはありませんね。
膝アーマーが可動に合わせてスライドします。

つま先もRGならではの可動部の多さ。


全体的に可動範囲と保持力は良い感じで、パーツのポロリもありません。・・・が、最大の難点としてフロントアーマーが干渉して腿が写真くらいまでしか上がりません。フロントアーマーか股関節に干渉を避けるギミックが付いていれば良かったのですが・・・






武器装備
rg_gundamexia (7)
プロポーションは、腿が太くアスリート的な体型になっています。足も小さ目。





rg_gundamexia (8)
GNソード

エクシアを代表する武装。刃部分はシルバーメッキになっています。
武器持ち手でグリップを握り、前腕のハードポイントに取り付け。




rg_gundamexia (9)
アクションベース用のジョイントパーツを使うことで浮かせることが出来ます。前回のストフリ同様、3㎜ジョイントが付いておりその他の台座にも対応しているのが嬉しいです^^

大きく指を広げた平手が付属し、躍動感のあるポージングを演出してくれます。





rg_gundamexia (10)






rg_gundamexia (11)
刀身を折りたたんでライフルモードに。銃口は○型から四角にアレンジされています。






rg_gundamexia (13)
グリップの角度を変えて普通の剣風に持たせることも可能。




rg_gundamexia (12)
刀身とシールド部分は多関節ジョイント、前腕とのジョイントパーツも遊びのある構造になっており、腕に接続した状態でもある程度自由に動かすことが出来るようになっています。






rg_gundamexia (14)
GNシールド



rg_gundamexia (15)
両側の青いパーツは差し替えで開閉状態を変更できます。

また、裏面のマウントパーツは差し替えで位置の調節が可能。







rg_gundamexia (16)
GNロング&ショートブレイド


こちらも刃がメッキパーツになっています。ただし全体がメッキなのでMGのアレンジに慣れた後だとちょっと違和感が・・・w






rg_gundamexia (17)





rg_gundamexia (18)






rg_gundamexia (19)
腿にマウント可能。

この部分の構造はRGではアレンジされ、引き出した○部分に取り付けるのではなく、ジョイントパーツを起こして取り付けるようになっています。ここの構造は結構好きだったので(デザイン上は)残念ですが、これまでの立体物での問題だった可動範囲の低下とポロリのしやすさはかなり改善されています。


また、ほとんど使うことはないとおもいますが、いつもの可動指も付属していますw






rg_gundamexia (20)
セブンソードフル装備







rg_gundamexia (21)




rg_gundamexia (22)
GNビームサーベル

付け根の可動機構が再現されています。






rg_gundamexia (23)
ビームサーベルは、マウント用のものに加えて、手に持たせる用としてピンが付いたものが付属しています。




rg_gundamexia (24)






rg_gundamexia (25)
GNビームダガー

ダガーは投げるもの








rg_gundamexia (26)
背中のGNドライヴは3本のツメが可動、コーンの伸縮も可能で2ndシーズンラストで見せた最大稼働状態を再現できます。





rg_gundamexia (27)
コクピットハッチが開閉、同スケールの刹那・F・セイエイが付属。

せっちゃんはかなり細いので扱いには気を付けましょうw






rg_gundamexia (28)




以上、RGガンダムエクシアでした。この機体も立体化には恵まれているので今回もカッコよく出来ていると思います。MSジョイントならではの繊細さはあるものの、パーツのポロリもなく扱いやすいです。
バリエーションキットが出ることに定評のあるRGですが、今回も、リペア用パーツやトランザム、アストレア等すでにう\いくつものバリエーションキットが登場していますw今月発送となるアストレアは変更部分が結構多いと思うので楽しみですね^^






関連記事
スポンサーサイト
2014/10/05 Sun. 21:58 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://g03lgx.blog18.fc2.com/tb.php/993-fae1ba54
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)