03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

G-01格納庫

ガンプラ等のプラモやフィギュアのレビューと戯言のブログ

745.HG ビルドバーニングガンダム 

HGBFビルドバーニングガンダムの紹介です

PA133846.jpg





hgbf_buildburning (1)
BG-011B ビルドバーニングガンダム


聖鳳学園ガンプラバトル部に飾られていたイオリ・セイ、レイジ組の世界大会優勝トロフィー。その台座の中に隠されていたドムの、さらに内部に隠匿されていたガンプラ。製作はイオリ・セイであり、究極の完成度を誇る。格闘戦に特化した機体のため、カミキ・セカイの次元覇王流拳法のテクニックを充分な形でガンプラバトルに活かすことが可能。機体各部のクリアパーツは、ブルーやオレンジに発光する。また、ランドセルからは、炎のようなエフェクトが現れることもある。
ビルダーは、イオリ・セイ。ファイターはカミキ・セカイ


ビルドファイターズ新シリーズ「ガンダムビルドファイターズトライ」より、主人公カミキ・セカイの使用するガンプラがキット化!格闘戦特化の機体で、バックパックが非常に小さくスッキリしたシルエットが特徴的です。また、1期で登場したガンプラは全て何かのキットをベースにした改造機でしたが、このビルドバーニングは完全オリジナル機となっています。同じ格闘機であるゴッドガンダムが英語圏でバーニングガンダムと呼ばれていますが、本機とは関係ありません。(公式で否定されています)

キットは、PC-002を使用したAGP準拠の構造ですが、ポリパーツを新規に追加しさらに一歩進んだ広い可動範囲を誇る格闘機にふさわしいものになっています。プロポーションも締まった胸と太い腿、長い脚とアスリート的なスタイリッシュで力強い体型に。設定画ではあまり魅力を感じませんでしたがキットはかなりカッコよく仕上がっています^^




頭部
hgbf_buildburning (2)
額によくある赤いパーツが無いのが特徴的。全体的なデザインはビルドストライクに近い印象です。ツインアイが青い主役機は結構珍しいですね。



キットの色分けは非常に優秀。首のグレーや胸ダクトも色分けされています。足りないのは脹脛スラスターの赤、足の甲と関節のグレーくらいです。
今回も全部塗装しました。




PA093694.jpg
PC-002は新規パーツが追加されPC-002ABに。

追加パーツは肩と手首に使用されています。肩スイングでよく使われる2番のパーツは余剰に。






可動
hgbf_buildburning (3)
PC-001を使ったキットやAGP系は肩の付け根がスイングして可動していましたが、ビルドバーニングは胸部ごと可動するように。動かした際より自然な印象になるようになっています。




hgbf_buildburning (4)
肩は2重のボールジョイントで可動。腕の作りはこれまでのAGP系と大体同じですが、手首の接続部がポリキャップになっており安定性が上がっています。
手首パーツにも関節がありスナップを効かせた可動が可能。



hgbf_buildburning (5)


hgbf_buildburning (6)


hgbf_buildburning (7)
腹部が球体のデザインになっており、こちらも動かした際自然なシルエットになるようになっています。





hgbf_buildburning (8)
開脚接地はこのくらい。サイドスカートが長いですが、可動軸は上の方なので可動範囲は広いです。





hgbf_buildburning (9)
膝は2重関節。立膝もバッチリ








hgbf_buildburning (10)
武装はビームサーベル含め一切装備していないので武器は付属していません。そのかわり豊富な手首パーツが付属。
最近は武器を持たせるための握り手しか付属していないことが多かったのでこれだけ充実していると嬉しいですね。

平手2種は握り手と同様に可動軸があります。もう1種の手首は一般的な武器持ち手。これを使うことで他のキットの武器を持たせることが出来ます。






hgbf_buildburning (11)






hgbf_buildburning (12)
股間下のジョイントにより各種台座に対応





hgbf_buildburning (13)








hgbf_buildburning (14)
オレンジ色のクリアーパーツが付属。交換することで戦闘時の状態にできます。






hgbf_buildburning (15)
さらにエフェクトを装着!


ガンプラとファイターのコンディションが最高潮に達した瞬間に発生するプラフスキー粒子で形成された炎のエフェクト





hgbf_buildburning (16)
バックパックのジョイントに接続します。






hgbf_buildburning (17)
エフェクトパーツは3か所可動軸があり表情付けが可能。炎エフェクトは軟質パーツになっています。
先端の軸がキツめだったので、無理して動かして破損しないように注意。





hgbf_buildburning (18)
付け根にパーツを追加することでより複雑に可動させられます。





hgbf_buildburning (19)






hgbf_buildburning (20)
パンチエフェクト





hgbf_buildburning (21)
戦用の拳パーツに交換して取り付けます。






hgbf_buildburning (22)
ボールジョイントの径が合えば他のキットにも装着可能。ドムには付けられませんでした・・・w





hgbf_buildburning (23)
炎のエフェクトを取り付け






hgbf_buildburning (24)
「次元覇王流聖拳突き!!」

正面からまっすぐ突き抜くような拳による攻撃。その衝撃は敵を大きく吹き飛ばすほど。




hgbf_buildburning (25)
エフェクトは両手分付属






hgbf_buildburning (26)
「次元覇王流疾風突き!!」


右の拳を突き出し、本体ごと突っ込む技。気流を巻き起こしプラフスキー粒子による衝撃波が突風となる













hgbf_buildburning (27)
キックエフェクト

2パーツの挟み込み式で、踵にあるスリットに取り付けます。





hgbf_buildburning (28)






hgbf_buildburning (29)
「次元覇王流聖槍蹴り!!」


空中へ高く舞い上がり、降下するスピードを加えた破壊力の高い蹴り。攻撃時、脚部を中心にプラフスキー粒子の衝撃波に包まれる。







hgbf_buildburning (30)




hgbf_buildburning (31)




hgbf_buildburning (32)




hgbf_buildburning (33)
可動範囲が広い上にかっこよく決まるのでポージングが楽しいです^^





hgbf_buildburning (34)
オレンジ色のクリアーパーツは蛍光素材なのでブラックライトに反応します。青は反応しませんでした。色はG‐セルフと同じ感じなんですが・・・w







hgbf_buildburning (35)
ビルドストライクと






hgbf_buildburning (36)
付属のジョイントパーツはバックパックに取り付けることでストライカーパック等3㎜1軸のパーツが取り付けられるようになります。




hgbf_buildburning (37)
さらに肘、サイドスカート、脛のパーツを外すと3㎜ジョイントが!





hgbf_buildburning (38)
拡張性も高いキットになっています。バックパックの2つの穴の幅はHGAWウイング等と同じなので、AGP以降の各キットのバックパックを取り付けることも可能。







hgbf_buildburning (39)
ドムと

まさかドムの中からガンダムが出てくるとは思いませんでしたw

それにしてもセイさんはいつこの機体を作って部室に置いておいたんですかね?少なくとも1年前はパリでチナとイチャイチャしているようでしたが・・・w
その辺も今後明かされていくと思うので楽しみですね^^






以上、HGBFビルドバーニングガンダムでした。武器を全く持たない潔い機体ですが、キットには豊富なハンドパーツやエフェクトが付属しボリュームのある内容となっています。プロポーション、色分け、可動範囲も非常に優秀で、当初はあまり魅力を感じませんでしたがキットは非常にカッコいいです。ランナーには切り替えのスイッチが所々見受けられるので今後のパワーアップにも期待が膨らみます。
シリーズは今後、ユウマのライトニングガンダム、フミナのウイニングガンダムに加え、サザキ妹のRギャギャやEz-8のカスタム機にベアッガイのバリエーション、そして新しく百式のカスタム機が発表されました。これからどんな機体がキット化されていくのか楽しみですね。








HGUCドム/リック・ドム
HGUC ドム/リック・ドム


HGBFスタービルドストライクガンダム
HGBF スタービルドストライクガンダム







関連記事
スポンサーサイト
2014/10/14 Tue. 00:02 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://g03lgx.blog18.fc2.com/tb.php/998-cb6beec6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)